月が土星、金星、木星、火星、水星に一つずつ接近

~25 min
月が土星、金星、木星、火星、水星に一つずつ接近

2022年10月には、土星、金星、木星、火星、水星、天王星の隣にある月を見るチャンスがあります。月と惑星の合カレンダーから月に近くにどちらの惑星があるのをわかることができます。

目次

月との合とは?

天文学で、合は、2つ以上の天体が互いに非常に近くに見えるときに発生するイベントです。一般に、合は月と惑星(金星、水星、火星、木星、または土星)の間で発生します。

明らかに、惑星は宇宙で月に近づくことはありません(それは確かに太陽系に重大な影響を与えるでしょう)。宇宙の物体は、地球からの観測者にとっては空の近くにあるように見えます。

月との合を見る方法は?

事前に知っておくべきことは次のとおりです。

  • 天体の出と入り時刻です。昼間は地平線上に天体が浮かび上がる可能性があり、まったく見えなくなります。
  • 月の満ち欠けです。完全に照らされた月の円盤は、間違いなく美しい眺めですが、それに近いいくつかの比較的かすかな天体も隠します。
  • 空の天体の軌道です。天体の将来の動きを視覚化するのに役立ちます。

タイムゾーンによっては、正確な合の瞬間を逃す可能性がありますが、それでも月に近い惑星を捕まえるチャンスがあることを忘れないでください。

天体観測アプリを使用して、天体の出と入時間、月の満ち欠けなど、必要なすべての情報をすばやく学習します。天体観測アプリで天体の経路を追跡して、空にある明るい点の名前をわかることができます。

10月の合

10月6日:月と土星が合

2022年、日本時間10月6日の午前12時51分(グリニッジ標準時の10月5日15:51)に、土星(等級0.3)はやぎ座で83%照らされた月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は4°6'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で簡単に見ることができます。惑星は現地時間の午後9時ごろまでに空の最高点に到達します。

10月9日:月と木星が合

2022年、日本時間の10月9日の午前3時06分(グリニッジ標準時の10月8日18:06)、満月の1日前に、木星は月から2°6'を通過します。うお座でそれらを見つけてください。月の近くで-2.9等級で輝く惑星は、双眼鏡または肉眼で見つけることができます。真夜中に観察を開始するのが最善です。月と木星はこの時までに最も高く上昇します。

10月12日:月と天王星が合

2022年10月12日、日本時間の午後3時11分(グリニッジ標準時の06:11)、月と天王星は互いに42'12″以内を通過します。望遠鏡で合を観察するには少し遠すぎます。双眼鏡を使用することをお勧めします。光学機器がなければ、91%照度の明るい月の近くでは、暗い天王星(等級5.7)をほとんど見ることができません。現地時間の午前2時までに、惑星は地平線上の最高点に到達します。牡羊座で月の近くに天王星を見つけてください。

北アメリカと南アメリカの一部からのスターゲイザーも、月が天王星の前を通過するのを見るかもしれません。このイベントは月による掩蔽と呼ばれ、見つけるのは困難です。世界のほとんどの人は、合しか見ることができません。

10月15日:月と火星が合

2022年10月15日、日本時間の午後1時28分(グリニッジ標準時の04:28)、月がおうし座で火星から4°で離れて、続きます。2つの天体の間の距離が広すぎて、望遠鏡の視野に収まりません。合を見るには、双眼鏡を使うか、2つの天体を肉眼で観察します。火星は-0.9等級で輝き、月は68%照らされます。火星と月は現地時間の午前5時までに空の最高点に到達します。

10月25日:月と水星が合

2022年、日本時間の10月25日、午前12時00分(グリニッジ標準時の10月24日15:00)、月は18'の距離で水星に接近します。どちらの天体もおとめ座にあります。これは新月の前日に起こります。したがって、月はほとんど見えなくなります。-1.1等級で輝く水星は、太陽より1時間早く昇るため、発見する時間はあまりありません。

10月25日:月と金星が合

2022年、日本時間の10月25日、午後5時00分(グリニッジ標準時の08:00)、日食の3時間前に、新月が金星に近づき、金星を隠します。どちらの天体もおとめ座にあります。惑星は太陽のすぐ隣にあるため、観測できません。

9月の合

9月8日:月と土星が合

日本時間の9月8日の午後7時31分(10:31 GMT)、満月の2日前に、月はやぎ座で土星と出会います。2つの天体は3°56'離れています。距離が遠すぎて、望遠鏡の視野に収まりません。両方の天体を同時に見るには、双眼鏡を使用するか、肉眼で観察します。土星は等級0.3で輝きます。96%で照らされた月の隣に土星を見つけるのは難しいかもしれません。

9月12日:月と木星が合

日本時間の9月12日の午前12時11分(9月11日の15:11 GMT)、月は木星から1°48'を通過します。合の瞬間、両方の天体はうお座にあります。このイベントは満月の翌日に発生し、96%で照らされた月面が夜空で最も明るい天体になります。望遠鏡は月のクレーターの最高の眺めを提供します。合を見るために、双眼鏡を使うか、肉眼で観察します。木星は等級-2.9で輝きます。これは、光学装置なしで見つけるのに十分な明るさです。

9月17日:月と火星が合

日本時間の9月17日の午前1時41分(01:41 GMT)、おうし座で火星の隣にある半分照らされた月を観察します。天体の間の距離は3°36'で、望遠鏡の視野に収まりません。両方の天体を一緒に見るには、双眼鏡を使用するか、光学機器を使わずにイベントを観察します。火星は肉眼で見える範囲内にあり、等級-0.4で輝いています。

8月の合

8月12日:月と土星が合

8月12日、日本時間の午後12時55分(グリニッジ標準時03:55)に、土星は満月から3°54'を通過します。両方の天体は山羊座にあります。土星は0.3等級で輝きます。月の横にある星のような点を肉眼または双眼鏡で見つけます。望遠鏡を使用すると、土星とその環を詳しく見ることができますが、月と惑星の間の距離が遠すぎるから、月と土星の合は表示されません。

8月15日:月と木星が合

8月15日、日本時間の午後6時37分(グリニッジ標準時09:37)に、月はくじら座で木星に会います。月と木星の間の見かけの距離は1°51'であり、望遠鏡の視野内に収まるには広すぎるため、双眼鏡を使用するか、肉眼でイベントを見て方がいいです。木星は-2.8等級で明るく輝きます。81%照らされた月の等級は-12.5になります。

8月18日:月と天王星が接近

8月18日、日本時間の午後11時14分(グリニッジ標準時14:14)に、月と天王星は互いにわずか31'6"以内を通過します。望遠鏡のレンズを通して両方の天体を同時に観察するには少し遠すぎます。双眼鏡は、接近のより良いビューを提供します。米国の一部とキリバスからの観測者は月による天王星の掩蔽を見るかもしれません。月は惑星の前で動いているように見えます。天王星の等級は5.8で、半月は-11.9等級で輝いています。月と天王星は牡羊座にあります。

8月19日:月と火星が合

8月19日、日本時間の午後9時16分(グリニッジ標準時12:16)に、月は火星から2°41'を通過します。両方の天体はおうし座にあります。月の円盤(等級-11.7)は42%で照らされ、赤い惑星の等級は0.0になります。肉眼または双眼鏡で合を観察できます。

8月26日:月と金星が合

日本時間の8月26日、午後5時58分(グリニッジ標準時の8月25日、20:58)に、金星はほとんど見えない月から4°17'を通過します。月は2日後に新月になるため、その表面は1%しか照らされません。肉眼で十分な明るさの-3.9の等級で輝く金星をお楽しみください。両方の天体は、かに座にあります。

8月29日:月と水星が合

8月29日、日本時間の午後7時51分(グリニッジ標準時10:51)に、月はおとめ座で水星に会います。見かけの距離は6°38'であり、これは光学デバイスの視野内に収まるには遠すぎます。ただし、0.2の等級で輝く水星は肉眼で見ることができます。月の円盤は6%照らされます。

7月の合

7月16日:月と土星が合

7月には、土星が月に近づく最初の惑星になります。**日本時間の7月16日、午前の5時16分(7月15日20:16GMT)**に合を観察します。16日齢の月は、山羊座で、土星(等級0.4)から4°02'以内で-12.7の等級で輝きます。月と土星は肉眼または双眼鏡で見つけることができますが、両方の天体は望遠鏡の視野に収まりません。

7月19日:月と木星が合

**日本時間の7月19日、午前の9時55分(00:55GMT)**に、月がくじら座で木星に会うのをご覧ください。月の等級は-12.2で、明るい木星の等級は-2.6になります。天体は2°13'の距離で隔てられます。これは望遠鏡の目的には広すぎますが、肉眼で明るいデュオを見つけるか、双眼鏡を使用してさらに見やすくすることができます。

7月22日:月と火星が合

2日後、月と火星の合が行われます。**日本時間の7月22日、午前の1時46分(7月21日16:46GMT)**に天体の合をお楽しみください。月は、牡羊座で火星(等級0.3)の隣で-11.5の等級で輝きます。赤い惑星は月に1°03'近くまで近づきますが、望遠鏡で両方の天体を一緒に見るにはまだ広すぎます。したがって、双眼鏡を使用するか、肉眼で接続を観察します。

7月26日:月と金星が合

**日本時間の7月26日、午後11時12分(14:12GMT)**に、月はふたご座で金星に会います。三日月(等級-9.1)は、惑星の北に4°10'を通過します。金星は-3.9の等級で輝き、肉眼で簡単に観察できます。双眼鏡を使用して接続詞をより近くで見ることができますが、望遠鏡を使用する必要はありません。どちらの天体も視野に収まりません。

7月30日:月と水星が合

**日本時間の7月30日、午前の6時8分(7月29日21:08GMT)**に、月は水星に会います。このイベントは、水星(等級-0.7)が地平線からわずか数度上に現れる北半球で捕まえるのは難しいでしょう。さらに、月はたった1日で、等級は-7.9になります。南半球では、日没の40分後に接続詞を見つけてみてください。しし座では、水星と月が互いに3°35'以内に配置されます。

6月の合

6月18日:月と土星が合

今月、月に出会う最初の惑星は土星になります。6月18日、日本時間の午後9時22分(12:22GMT )に、4°16'離れます。この距離は広すぎて望遠鏡の視野に収まりませんが、双眼鏡を使用するか、肉眼で観察することができます。土星は等級0.5で輝き、月の表面は72%照らされます。両方ともやぎ座になります。

北半球では、月と土星が夜明け前の約3時間、地平線の真上に見えます。南半球では、月と土星は真夜中前に上昇し、一晩中表示されます。

6月21日:月と木星が合

6月21日、日本時間の午後10時31分(13:31GMT )に、下弦の月は木星(等級-2.4)から2°44'を通過します。月と木星は、火星(等級0.8)を見つけることもできるうお座で会います。二つの惑星は肉眼で観察できるほど明るく輝きます。

北半球の観測者は、日の出の3〜4時間前に観測を開始した方がいいです。南半球では、天体は一晩中地平線から上昇し、夜明けの少し前に最大点に達します。

6月23日:月と火星が合

6月23日、日本時間の午前3時16分(6月22日、18:16GMT )に、三日月と火星(等級0.5)の合が発生します。月と火星は互いに1°でうお座で会います。木星(等級-2.2)が近くにあります。

北半球の観測者は、日の出の数時間前に、地平線の真上で輝く月と赤い惑星を楽しむことができます。南半球では、月と火星は現地時間の午前1時から2時頃に上昇し、一晩中空を横切って高く移動します。

6月26日:月と金星が合

6月26日、日本時間の午後5時11分(08:11GMT )に、金星とかろうじて見える三日月が近くに表示されます。月と惑星の間の距離は2°41'になります。おうし座で見つけることができます。光学デバイスは必要ありません。金星は等級-3.9で輝き、肉眼で十分な明るさです。

月と金星は太陽の少し前に昇ります–観測にはせいぜい2時間しかありません。スカイラインの近くの北東でそれらを見つけることができます。

6月27日:月と水星が合

翌日、おうし座で別の合を見ることができます。6月27日、日本時間の午後5時20分(08:20GMT )に、月は水星に会います。月はほとんど見えなくなり、翌日新月になります。水星の等級は-0.5ですが、それでも観測は困難です。水星は太陽の1時間前に昇り、地平線より高く登る時間がありません。

5月の合

5月2日:月と水星が合

5月の初めには、月と水星(等級0.7)の合がもたらされます。5月2日、日本時間の午後11時17分(14:17GMT)に、かろうじて見える1.3%の照らされた月の円盤が惑星の南に1°50'を通過します。

この接近は北半球からはよく見えますが、天体が太陽の近くにとどまり、そのまぶしさによって隠される可能性があるので、南半球からは非常に見えにくくなります。おうし座の日没直後に月と水星を探します。空が十分に暗い場合は、近くに明るいプレアデス星団が見つかることもあります。

5月22日:月と土星が合

5月22日、日本時間の午後1時43分(04:43GMT)に、山羊座の星座で、半分照らされた月と土星(等級0.6)が接近します。この時点で、2つの天体間の見かけの距離は4°27'になります。この距離が望遠鏡の視野には広すぎるため、肉眼で観測するか、双眼鏡を使用した方がいいです。北半球の観測者は、朝に地平線の真上を見る必要があります。南半球の観測者は、真夜中以降、空の高いところにある天体を見つけるでしょう

5月25日:月と火星が合

5月25日、日本時間の午前4時24分(5月24日、19:24GMT)に、月と火星が合(等級0.7)になります。5月22日の下弦の月の後で、月の円盤は日ごとに薄くなっています。月はうお座で赤い惑星に出会い、その瞬間に惑星に2°46'に近づきます。観測のアドバイスはほぼ同じです。北半球にいる場合は午前中に低くに見て方がいいですが、南半球にいる場合は現地時間の午前2時以降に頭上に高く見ます

5月25日:月と木星が合

別の合は、5月25日、日本時間の午前8時59分(5月24日の23:59GMT)に行われます。月はうお座で木星(等級-2.2)の南に3°14'を通過します。木星は火星や土星よりも遅く上昇するため、それを見るには南半球でも、現地時間の午前3時まで待つ必要があります。北半球の観測者は、日の出の約1時間前に惑星を見ることができます。また、木星は低い位置にあるので、明確な地平線が必要です。

5月27日:月と金星が合

次の合は、5月27日の午前11時52分(02:52GMT)に発生します。このとき、まばゆいばかりの金星(等級-4.0)が、うお座の11%の照らされた月と出会います。これは2022年の月と金星の最も近い接近になります。月は、光る惑星の南をわずか0°12'で通過します。

日の出の数時間前、金星が空に昇るとすぐに、惑星を探し始めて方がいいです天体観測アプリSky Tonightで現在地のために正確な立ち上がり時間を知ることができます。このアプリでは、さまざまな時間における天体の位置も表示されます。金星と月は、北半球では夜明けの少し前に昇りますが、太陽が後で昇る南半球では、観測者はそれらを見るのに約2時間の暗闇があります。

5月27日: 月による金星の掩蔽

同じ夜、合の数分後の午後12時03分(03:03GMT)に、東南アジアとインドネシアの観測者は月が金星の前を通過するのを見るでしょう。これは、月による惑星の掩蔽と呼ばれます。壮観ですが、捕まえるのが難しいイベントです。月による掩蔽は、地球の表面のごく一部からしか見ることができません。これは、月の空の位置が、さまざまな視点から最大2度変化するためです。

4月の合

4月25日:月と土星が合

4月25日、日本時間の午前5時56分(4月24日20:56GMT)に、月と土星が一緒になって、山羊座に合が発生します。天体は互いに4.6°以内に配置され、衛星は-11.5の等級で、土星は0.6の等級で輝いています。月と土星は互いに遠すぎて望遠鏡で一緒に見ることはできませんが、肉眼または双眼鏡でそれらを見ることができます。

4月26日:月と火星が合

4月26日、日本時間の午前7時6分(4月25日22:06GMT)に、月はみずがめ座で火星に会います。赤い惑星(等級0.9)と月(等級-11.1)は、肉眼で観測できるほど明るくなります。互いに4.1°以内の夜空でそれらを見つけます。天体は約3時間非常に接近しているので、明るいデュオを観察するのに十分な時間があります。

4月27日:月と金星が合

4月27日、日本時間の午前10時51分(01:51GMT)に、月は金星に近づきます。それらの間の見かけの距離は4°に等しくなります。三日月は-10.6の等級で輝いており、金星は-4.1の等級で月に加わります。約10%照らされた月の円盤は肉眼では見づらいですが、双眼鏡で簡単に見つけることができます。みずがめ座のSky Tonightアプリを使用して、両方の天体を見つけます。

4月27日:月と木星が合

金星に会った後、月は4月27日の午後5時23分(08:23GMT)に木星と合流します。月と木星の間の見かけの距離はわずか3.8°になります。みずがめ座の星座では、三日月が-10.4の等級で輝いています。木星は、隣の星座のうお座にとどまり、-2.1の等級で輝いています。両方の天体は双眼鏡または肉眼で見ることができますが、望遠鏡で一緒に観察するには互いに遠すぎます。

3月の合

3月7日:月と天王星の接近

3月7日、日本時間の15:46(GMT06:46)に、月と天王星は互いに約46.3'以内を通過します。

望遠鏡のレンズを通して両方の天体を一度に見つけるには、距離がまだ遠すぎます。双眼鏡で武装した観測者は、牡羊座で月(等級-10.9)と天王星(等級5.8)を一緒に見る可能性が高くなります。

3月7日:月による天王星の掩蔽

同時に、月は地球から見た天王星の前を通過し、惑星の月食を作り出します。ただし、このイベントは地球のほとんどの部分からは見えません。天王星の消失は、ニュージーランド周辺のいくつかの島からのみ観察できます。天王星の再現は、オーストラリアの東部、ニュージーランド、および南極のごく一部からの観測者によって見られる可能性があります。世界の他の地域では、上記の接近のみが見られます。

3月28日:月と火星が合

2022年3月28日、月の表面の約15%しか照らされていません。これは、特に早朝に惑星が地平線より上に上昇するときに、観測者が月を取り巻く星や惑星をよりよく見ることができることを意味します。

例えば、この日の日本時間の11:54(GMT02:54)に、山羊座で月と火星が4°12'以内で互いに非常に接近して通過しているのを見つけることができます。火星の等級は1.1で、肉眼で見るのに十分な明るさです。

3月28日:月と金星が合

同じ日の日本時間の18:50(GMT09:50)に、月は金星と会います。合は望遠鏡と双眼鏡の範囲外になります。月は金星の南に6°40'を通過しますから、月と金星は遠すぎて光学デバイスの視野内に収まりません。ただし、金星は-4.3の等級で輝くので、山羊座の星座にある両方の天体は、肉眼で夜明けの空に完全に見えます。

3月28日:月と土星が合

月が土星の南に4°25'を通過する時に、この日の3番目の合は日本時間の20:43(GMT11:43)に発生します。惑星の等級は0.7で、少し薄暗いように見えるかもしれませんが、双眼鏡で見ることができます。

肉眼で惑星と月を見つけることもできます。山羊座に目を向けて、三日月が下に輝いている間に土星が火星と金星と三角形を形成するのを観察してみてください

3月30日:月と木星が合

3月30日、日本時間の23:36(GMT14:36)に、ほとんど見えない月の円盤が木星の南に3°55'を通過します。木星は、-2.0の等級の輝きで、みずがめ座を照らします。熱帯と南半球は、合を観察するのに最適な場所になります。

2月の合

2月3日:月と木星が合

2月の初めは、月と木星の合がもたらされます。2月3日、日本時間の午前6時08分(2月2日、グリニッジ標準時21:08)に、月は木星の南4°19'を通過します。月がほんの1日前に新しい月になったため、空にはほとんど見えません。空で最も目立つ惑星の1つである木星の等級は、-2.0になります。みずがめ座で天体を見つけます。

2月27日:月と金星が合

2022年2月27日、日本時間の午後3時30分(グリニッジ標準時6:30)に、月(等級-10.7)が金星(等級-4.6)に接近します。薄く、わずか13%しか照らされていない月の円盤は、最も明るい惑星の南8°44'を通過します。いて座で月と金星を探してください。

これらの天体は夜明け前の空に見えます。北半球から見ると、金星は最初に地平線の上に登り、次にほぼ新月が日の出の直前に昇ります。南緯からの観測条件はより良いです。そこで月と金星はより早く(現地時間の午前4時頃)見えるようになり、観測者は日の出前に景色を楽しむためのより多くの時間を与えることができます。

2月27日:月と火星が合

同じ夜に、月と火星が接近しているのを見つけます。合の正確な時刻は、2022年2月27日、日本時間の午後6時00分(グリニッジ標準時09:00)です。合の時、月と赤い惑星の間の見かけの距離はわずか3°31'になります。両方の天体はいて座にあります。火星は金星よりもはるかに暗いですが、肉眼でも見えて、1.3の等級で輝いています。

北半球に住んでいる場合は、日の出の1時間前に観測を開始します。したがって、火星、金星、月が空に並んでいるのがわかります。南半球の人々は、現地時間の午前4時頃にそれらを早く見ることができます。

3月1日:月と水星が合

3月1日、日本時間の午前5時06分(2月28日、グリニッジ標準時20:06)に、月と水星が空で会います。合の瞬間、2つの天体間の見かけの距離は3°43'になります。明るい水星の等級は-0.1です。月は新月に近づき、空ではほとんど見えなくなります。両方の天体はやぎ座に配置されます。

3月1日:月と土星が合

3月1日、日本時間の午後8時47分(2月28日、グリニッジ標準時23:47)に、6%照らされた月と土星の合が発生します。それらは4°17'の距離で隔てられたやぎ座で互いに近くを通過します。0.7の等級がある土星は水星より少し暗く輝きます。

土星の最近太陽と合の後で、土星はまだ太陽からそれほど遠くない場所にあります。現在、観測者は夜明け前の時間に惑星を低く見ることができます。3月2日になる新しい月も、太陽の近くにとどまり、その直前に昇ります。

1月の合

1月4日:月と水星が合

2022年1月4日、日本時間の10:22(01:22GMT)に、月は水星(等級-0.7)の近くに空に通過します。両方の天体はやぎ座に配置されます。それらの間の見かけの距離は3°07'であり、望遠鏡の目的には広すぎます。双眼鏡を使用するか、肉眼で見ることができます。

残念ながら、1月2日に新月ですから、合の日に、月は非常に薄く見え、4%しか照らされません。月は太陽の近くに配置されるので、日没の方向にある小さい三日月と水星を探してください。地平線より上に低くとどまります。水星は2022年1月7日に夕方の空で太陽から最も離れているから、周りの夜はこの惑星を見るのに最適です。

1月5日:月と土星が合

2022年1月5日、日本時間の01:50(4日、16:50GMT)に、若い月と土星(等級0.6)の合が発生します。最初の合より、このい二つの天体は互いにさらに離れて配置されます。月は土星の南に4°11'を通過します。日没後も、地平線に近い土星と月を探して方がいいです。

1月6日:月と木星が合

その直後、2022年1月6日、日本時間の09:09(00:09GMT)に、月は、みずがめ座に明るい木星と会います。この日までに、ガス惑星の南に4°27'を通過する月は、18%照らされて、空でより目立つようになります。また、視等級が-2.1の木星は、光害のある場所からでもよく見えます。

1月30日:月と火星が合

2022年1月30日、日本時間の00:05(29日、15:05GMT)に、月と火星(等級1.5)が空で接近します。月末になると、月の円盤は再び薄く見え、10%しか照らされません。月は、いて座に赤い惑星の南に2°24'を通過します。

火星は2022年1月に朝の惑星であるため、日の出の約2時間前に火星を探す必要があります。月は太陽の近くに配置されており、まぶしさによって隠されている可能性があるため、見づらいでしょう。天体が出た直後に見えるように、自由な地平線のある場所を見つけてください。

1月6日:月と水星が合

1月の終わりには、月と水星がもう一回接近します。その合を観察するのがはるかに難しいでしょう。2つの天体は、1月31日、日本時間の09:20(00:20GMT)に、角距離7°34'で分離されて合流します。望遠鏡や双眼鏡の視野には収まらず、肉眼でしか観察できません。しかし、2月1日に、新月がなるですから、合の日に月はほとんど見えません。

水星は明るさを大幅に失い、視等級はわずか1.5になります。その上、1月23日に内合を通過する後、惑星は一晩中地平線の下にとどまり、太陽の1時間前に上昇します。

これは、関連する今後のイベントを含め、月との惑星の合について知る必要があるすべてでした。記事を楽しんだら、ソーシャルメディアで共有してください。

別の記事で2021年に起こった月と惑星の過去の接近について学ぶことができます。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot