しし座の一番明るい星「レグルス」

~9 min
主題:

もし、過去の偉大な王たちが空から私たちを見ているのではないかと思ったことがあるのなら、レグルスに注目します。しし座にあり、その星の名前はラテン語で「小さな王」という意味です。しかし、神秘的なものに興味がなくても、レグルスは観察するのに魅力的な天体です。夜空で明るく輝き、特別な道具がなくても見つけやすい星の1つです。レグルスを見つける方法については記事を読んでください。そして、「面白い事実」のセクションでは、レグルスのルーツが王室であることを証明しているので、お見逃しございませんように。

内容

レグルス(しし座α星)について

  • 仮符号・別名:レグルス(レギュラス)、α星、Regulus
  • 別称:コル・レオニス、獅子の心臓、Rex、軒轅十四、Kalb al Asad、Basilicus
  • 他のカタログでの名称:しし座32番星、HIP 49669、HR 3982、HD 87901、TYC 833-1381-1
  • 星座:しし座
  • 星の種類:B型主系列星
  • 赤経:10 h 08 m 21.2 s
  • 赤緯:+11° 58′ 06.3″
  • 見かけの等級:1.4
  • 質量: 太陽質量3.8
  • 光度: 316.2 L
  • 半径:4.35太陽半径
  • 表面温度:12 460 K
  • 地球からの距離:79.3光年
  • 自転周期:16時間

レグルス星の連星系

レグルスは一見1つの星のように見えるが、実は4つの星からなる星系で、2つの組に分かれています。レグルスAと呼ばれる最初のペアは、B型の青い主系列星と、前主系列の白色矮星と推定される星からなります。青い主系列星は肉眼で見えるが、前主系列星はこれまで直接観測されたことがありません。天文学者たちは、分光分析を用いてその存在を予測しました。

少なくとも50倍の倍率の小型望遠鏡があれば、レグルス系の3番目の星、レグルスBを見つけることができます。この星は、スペクトル型K2Vに属する冷たいオレンジ色矮星です。レグルスBには、スペクトル型M4Vの赤色矮星であるレグルスCという伴星があります。レグルスCを見るには、強力な望遠鏡が必要です。

レグルスの見つけ方

レグルスは空で21番目に明るい星です。しし座の中にあり、春の大三角を構成する3つの明るい星のひとつです。見かけの等級は1.4等で、望遠鏡や双眼鏡がなくても肉眼で簡単に見えます。

ですから、新しい天体を探検して友達に自慢したいなら、レグルスは最高の選択です。それでは、この素晴らしい星を見つける方法をご紹介しましょう。

レグルスの見られる時間

レグルスは、太陽に近すぎる8月上旬から9月上旬の一時期を除けば、1年のほとんどを空で見ることができます。9月中旬からは、朝の空にレグルスを見つけることができます。その後、2月中旬頃には夜空に姿を変えます。レグルスは北半球からも南半球からも見えます。南の緯度地域では、この星の故郷であるしし座が逆さまに見えるので注意します。

レグルスを観測するのに最適な時期は、3月下旬から5月までで、この時期が地平線から最も高く昇ってきます。

しし座で最も明るい星の「ししの大鎌」の見つけ方

夜空でレグルスを見つける古典的な方法は、他の天体との関係で見ることです。レグルスは「ししの大鎌」と呼ばれるアステリズムの一部で、後ろ向きの「?」形に似ています。レグルスを見つけるには、月や惑星が見える空の帯(黄道の近く)でししの大鎌を探すことから始めましょう。

北半球にお住まいの方は、有名な北斗七星、おおぐま座のアステリズムを使って星の位置を特定することもできます。北斗七星の鉢の外縁にある2つの星、ドゥーベとメラクの間に想像上の線を引きます。そして、この線を8回ほど下に伸ばすと、その方向で最も明るい星、レグルスにたどり着きます。惑星も近くを移動するので、レグルスと金星を間違えないようにするには、惑星と星の違いの記事を読んでください。

北斗七星でレグルスを見つけ方
北半球では、北斗七星の力を借りてレグルスを見つけることができます。

Sky Tonightでしし座で最も明るい星の見つけ方

夜空を探索するのはエキサイティングですが、Sky Tonightのような適切な天文アプリを使えばとても簡単です。この無料アプリを使えば、簡単なステップでレグルスを見つけることができます:

  • アプリの検索バーを開き、「レグルス」と入力します。
  • 一致した結果の右側にある青いターゲットボタンをタップします。アプリが空のマップ上の星の位置を表示します。
  • 画面右下の青いコンパスボタンをタップします。アプリは、デバイスの位置を使用して、画面イメージを上にある実際の空に合わせます。
  • 画面上と実際の空にレグルスが見えるまで、白い矢印に従って端末を動かしてください。

明るいレグルスだけでなく、Sky Tonightで探索できる天体は他にもたくさんあります。ビデオチュートリアルを見て、このアプリを最大限に活用してください。

Sky Tonightでレグルスの見つけ方
無料の天文アプリSky Tonightを使えば、手間なくレグルスを見つけることができます。このアプリは、頭上の実際の空にある天体の位置を表示します。

面白い事実

小さな王の星

冒頭で大王について触れたのを覚えていますか?これにはいくつかの理由があります。第一に、レグルスはラテン語で「小さな王」を意味します。第二に、レグルスはしし座に属し、ライオンはしばしば「動物の王」と呼ばれます。その他にも、レグルスには歴史的に王としての意味を強調する名前が多いです。

ギリシャ人はこの星をカルディア・レオントスと呼び、ラテン語ではコル・レオニス(Cor Leonis)と呼びました。アラビア語ではカルブ・アル・アサド(Kalb al Asad)と呼ばれていました。3 つの名前はすべて同じ意味、つまり「獅子の心臓」を持っています。興味深いことに、イングランド王リチャード1世もライオンハート(Lionheart、意味:獅子の心臓)と呼ばれたことで有名でした。しかし、それだけではありません!紀元前3000年頃には、レグルスはその雄大さで知られていました。バビロニアの天文学者は「王」を意味するシャル(Sharru)と呼びました。ペルシャ人は「中心」を意味するミヤン(Miyan)と呼び、4つの王家の星のひとつと見做されました。インドでは、この星は「強者」を意味するマガー(Maghā)として知られていました。

メディア・スター

レグルスに注目したのは古代の人々だけではありません。『バビロン5』や『スタートレック』などの人気テレビシリーズや、『バトルテック』、『フロンティア』、『ディセント』などのコンピューターゲームにも登場します。さらに、J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』のファンなら、レギュラス・ブラックというキャラクターを思い出すかもしれません。レギュラス・ブラックはハリーの名付け親であるシリウス・ブラックの弟で、その名前は空で一番明るい星にちなんでいます。

回転が速く、卵の形

すべての星が完全に丸いわけではないことをご存知でしょうか?例えば、ベガは極点が平らになっています。レグルスはもっと面白いです!レグルスは卵の形があります。この奇妙な形は、レグルスの自転が速いためです。この星は、およそ16時間ごとに自転を1回転します。それに比べ、私たちの太陽は一回転するのに27日もかかります。

科学者たちの計算では、もしレグルスが10%だけ速く回転したら、それ自体がバラバラになってしまいます。それでも、小さな王の幸福を心配する必要はありません。研究者たちは、レグルスがそのような危険なレベルまで速くなる原因は、星系内には何もないと断言しています。

レグルスの形
ジョージア州立大学の高角度分解能天文学センターのデータをもとにコンピューターで作成したモデルによると、レグルスは自転が速いため、卵のような形をしています。レグルスは、比較のために太陽のスケールモデルと一緒に表示されています。

月と惑星と友達

レグルスは黄道に近く、太陽や月、惑星とよく出会います。時々、これらの天体の一つがレグルスを視界から遮っています。天文学者はこの現象を「掩蔽(えんぺい)」と呼びます。レグルスは月に掩蔽されることが多いが、惑星に掩蔽されることもあります。例えば、2044年10月1日、レグルスは金星に掩蔽されます。この機会をお見逃しなく!

結論

夜空に輝くレグルスを自分で見つけ、「小さな王」に驚嘆する方法がわかります。北斗七星を目安に星を探すのもいいですし、使いやすい天文アプリSky Tonightを使えばもっと簡単です。どの方法を選ぶにせよ、晴天に恵まれ、星空観測が成功することを願っています!

テキストクレジット:
主題:
Trustpilot