月齢カレンダー

Current Moon Phase
実視等級:-11.5大きさ:0° 29' 53.2"照明:65.1%月齢:8.8 日

十三夜の月

月周期の第4段階です。上弦の月と満月の間に起こります。この満ち欠けは、月がより照らされるようになることを表しており、この満ち欠けの始まりでは、月が半分ほど照らされているように見えます。その後、満月になるまで、照らされる領域が徐々に広がっていきます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

当社の2024年の月相カレンダーで、今日の月相をチェックしてください。今夜や毎日の月の姿を確認できます!カレンダーには、新月、上弦の月、満月、そして下弦の月といった4つの主要な月相がハイライトされています。また、各日の月の照明の割合とその年齢も知ることができます。この月のカレンダーは、現地時間に便利に設定されています。つまり、調整する必要がなく、すぐに使用できます。さらに、1600年から2400年までの月の位相を確認することもできます。

内容

2024年6月〜8月の月の位相と日付

  • 新月:6月6日
  • 上弦の月:6月14日
  • 満月:6月22日
  • 下弦の月:6月28日
  • 新月:7月5日
  • 上弦の月:7月13日
  • 満月:7月21日
  • 下弦の月:7月28日
  • 新月:8月4日
  • 上弦の月:8月12日
  • 満月:8月19日
  • 下弦の月:8月26日

関連リンク:

月相とは?

月は球形の天体であり、宇宙空間では常に太陽に半分だけ照らされています。しかし、月は地球の周りを回っているため、空に見える月の姿は常に変化しています。月の満ち欠けは、ある時刻に地球から見て月がどの程度照らされているかを示しています

Moon in space
宇宙では、月は地球の周りを回っています。地球上では、月が公転を繰り返すことによって、さまざまな月の満ち欠けを見ることができます。

月相の様子とその呼び方

月相は8つあります。主な4つの月相は、満月、新月、上弦、下弦です。その間に、4つの小の月相があります。三日月、十三夜の月、更待月、有明月です。主要な月相は特定の瞬間を示すが、小の月相は約7.4日間に及び、この期間中、月の様相は徐々に変化します。

Moon phases
月には4つの主な月相(満月、新月、上弦、下弦)と4つの小さな月相(三日月、十三夜の月、更待月、有明月)があります。

新月

新月には、月は地球と太陽の間に位置し、太陽とともに昇ります。地球を向いている月の側面には光が当たらないため、暗くて観測できません。新月が太陽と地球に正確に重なると、日食が起こります。

三日月

新月が終わると、月の円盤の一部が三日月状に見えるようになります。この月相が月の満ちることの始まりとなります。月が照らされる部分は毎晩増えていきます。

上弦の月

上弦の月は、月が地球の周りを公転する軌道の4分の1を終えたときに訪れます。この時期、月の円盤の半分が照らされるため、「半月」とも呼ばれます。この時、月は太陽から90度離れた位置にあります。

十三夜の月

上弦の月の後、月の円盤の半分以上が太陽光を受けるが、まだ完全には照らされていません。照らされた部分は増え続け、月が夜毎に大きく見えるようになります。

満月

満月は、地球が月と太陽の間に位置し、月の円盤全体が太陽に照らされるときに起こるります。満月が太陽と地球の間に正確に重なるとき、月食が起こります。満月は日没直後に昇り、一晩中見えます。新月とは正反対で、最も明るく目立つ時期です。満月とその伝統的な月名については、満月カレンダーをご覧ください。

更待月

満月を過ぎると、月の円盤を照らす部分が減り始めます。更待月の時、月の半分以上がまだ見えているが、毎晩徐々に小さくなっていきます。

下弦の月

上弦の月と同様に、下弦では月の円盤の半分が地球から見えます。しかし、この時期には月の残りの半分が照らされます。月は上空で太陽から90度離れた位置にあります。

有明月

最後の段階である有明月は、新月の直前に起こります。この段階では、月のごく小さな三日月状の部分しか見えず、再び新月になるまで縮み続けます。

月の周期とは?

月の周期とは、月が地球の周りを公転する1周期のことです。月の周期の間、私たちは月のさまざまな満ち欠けを見ることができ、それは月が地球の周りを公転するのと同じように繰り返されます。月が公転を終えるには約29.5日かかります。

新月から新月までの月の周期は、朔望月とも呼ばれます。

月齢

「月齢」とは通常、最後の新月からの経過日数を指します。これは、月が月の周期のどの位置にあるかを表す方法です。

例えば、新月の日の月齢は0日で、月の周期が始まったばかりだからです。新月から新月までの月の周期は29.5日なので、29の月齢は新月の1日前の月ということになります。

今夜、月はいつ見える?

無料の天文アプリSky Tonightを使えば、あなたの住んでいる場所の正確な月の出と月の入の時刻、空の中の月の位置などを知ることができます。アプリのカレンダーで「月」タブをスクロールし、検索で月を見つけ、月について詳しく知ることができます。また、空のマップで月を見つけ、タイムマシンを使って、任意の時間に月がどこにあるかを知ることができます。

Moon in Sky Tonight
アプリSky Tonightでは、空にある月の位置をいつでも知ることができ、月の特徴、月の入りと月の出の時刻、興味深い月のイベントなどを知ることができます。

月の満ち欠け観察

月の観測を最大限に楽しむためのヒントがここにあります:

  • 満月は肉眼で観察するのに最もエキサイティングな時期です。明るく大きく、時には珍しい色に見えることもあります。しかし、満月は、太陽光が自然の衛星に直接降り注ぎ、影やコントラストがなくなるため、近接観測には向いていません。また、月の光はほとんどの天体を洗い流してしまうため、星空観察は難しくなります。

  • 有明月と三日月は、望遠鏡で月の風景を観察するのに最適な時期です。長い影と明暗境界線によって、クレーターや山などの地表の詳細が明らかになるからです。月が立体的に見えます。

Moon terminator
三日月期には、月の明暗境界線の近くに山、クレーター、谷を観察することができます。
  • 上弦の月の頃は、夕方の時間帯に月がよく見える。そのため、観測に便利な位相です。

  • また、下弦の月の頃は、午前中に月を観測することができます。この頃、月の影が最も長くなり、地球の大気が最も澄んでいるため、月面の細かい部分を観察することができます。

  • 新月は、月の円盤が消えると夜空が一段と暗くなるため、星空観察に最適です。この暗さによって、月明かりでは見えにくい暗い天体を観測することができます。

全体として、月の満ち欠けにはそれぞれユニークな特徴があります。各月相を探索し、自分だけの体験を作ってみてください!

夜空観察に最適な月の位相は?

月を観察するのに最適な位相は、上弦の月と下弦の月ですが、夜空観察に最適な月の位相は新月です。新月の間は、月が空に暗い円盤として現れ、肉眼では見えません。また、太陽と一緒に昇り、沈みます。そのため、一晩中空が暗く、月の光がない状態が続きます。

新月の間に観察の機会が得られなかった場合でも落ち込まないでください。三日月の位相の間も空は十分に暗くなります。また、月が地平線の下にある時間を選ぶか、月から遠く離れた空を観察することもできます。上弦の月や下弦の月の時も同様です。この時、月の円盤は半分しか照らされていません。

月の位相が変わるにつれて、月の明るさも変わります(しかし、思っているような方法ではありません)。満月は半分照らされた月よりも6倍明るいです。興味深いことに、満月の3日前でも、月の円盤は満月の時の半分の明るさしかありません。

満月の間に夜空を観察するためのヒント:単純にこの明るい光源を何か(木など)の後ろに隠してください。そうすることで、その光が直接周囲に照らされなくなります。他に知っている観察のハックはありますか? スキルをテストするために私たちのクイズに挑戦してみてください!

よくある質問

月相はいくつあるのか?

月相は主な4つ(満月、新月、上弦、下弦)、その間に4つの小の月相(三日月、十三夜の月、更待月、有明月)があります。

なぜ月相が違うのか?

地球と太陽との相対的な位置関係が変化するため、私たちはさまざまな月の満ち欠けを見ることができます。月は自ら光を発するのではなく、太陽光を反射しています。月が地球の周りを公転するとき、地球と月と太陽のなす角度が変化し、私たちは月が照らされている面を見たり、照らされていない面を見たりします。

なぜ月の裏側はみえないの?

月は地球の周りを1周するたびに、自転軸を中心に正確に1回転するため、私たちは常に月の片側を見ることができます。これは自転と公転の同期として知られている現象です。ちなみに、月の裏側は実際には「暗い」のではなく、地球人が見ることができる側と同じだけの太陽光を受けています。

Moon synchronous rotation
月は地球を1周するごとに1回転するため、私たちは常に月の片側しか見ることができません。これは模式図であることに注意してください。月の軌道を上から見た場合、地球と月の極が見えるはずです。

月相は潮の満ち引きに影響するのか?

月相は潮の高さに影響します。満月と新月の満ち欠けでは、月、太陽、地球が一直線に並び、地球に対する月の引力に太陽の引力が「加算」されます。その結果、満潮は少し高くなり、干潮は少し低くなリます。上弦と下弦には、太陽が月の引力に逆らって引っ張るため、潮の満ち引きが緩やかになります。満潮はやや低く、干潮はやや高くなります。月の潮の満ち引きの仕組みは、短いビデオでご覧ください。

月相はいつまで続くのか?

厳密には、4つの主要な月相(新月、上弦、満月、下弦)は、肉眼では1日か2日続くように見えるかもしれないが、実際には非常に短い瞬間です。残りの時間は、4つの中間期(三日月、十三夜の月、更待月、有明月)に分けられます。月の周期が約29.5日であることから、これらの追加的な月相はそれぞれ7.4日に及びます。

月の満ち欠けを知るには?

北半球では、右側に照らされた月は満ちていることで、左側に照らされた月は欠けていることです。南半球ではその逆です。また、満ちている月は昼に昇って夜に沈み、欠けている月は夜に昇って昼に沈みます。赤道付近では、月は「横向き」に見えます。つまり、満ちている月の円盤は、北半球では下に、南半球では上に照らされています。

今夜の月の出はいつ?

月の出と月の入りの時刻は、現在の月の満ち欠け、お住まいの場所、タイムゾーンによって異なります。正確な月の出と月の入の時刻や、自然の衛星に関するその他の重要な情報は、星空観察アプリSky Tonightで調べることができます。

月相:重要なポイント

月は29.5日の月周期の中で、4つの主と小の月相を繰り返します。このカレンダーでは、各日の月の満ち欠け、月齢、照度などを知ることができます。正確な月の出入り時刻と月の位置を知りたい場合は、Sky Tonightアプリを入手してください。