月食とはわかりやすく:赤い月の意味

~9 min
月食とはわかりやすく:赤い月の意味

月食は、最も息をのむような天文現象の1つです。月は、地球の影に飲み込まれ、その色が赤に変わります。何の月食の種類があるのか、なぜそれらが起こるのか、そして次の月食がいつ起こるのかを知ります。

内容

月食とは

月食は、地球が太陽の光が月に到達するのを完全にまたは部分的に遮断したときに発生します。満月の段階でのみ発生する可能性があります。地球、月、太陽が直線を形成すると、皆既月食が発生します。それらの位置合わせが十分に正確でない場合、観察者は部分月食または半影月食を見ますが、またはまったく月食を見ることができません。

月食がどのように機能するかをよりよく理解するために、この短い説明的なビデオを見ることができます。

月食の種類

月食には、皆既食、部分食、半影食の3つの種類があります。それぞれを詳しく見てみましょう。

皆既月食

皆既月食は3つの種類の中で最も壮観です。これは、太陽、地球、月が空間内で正確に整列しているときに発生します。地球は月と太陽の間にあり、月全体を影本と呼ばれる影の内側部分で覆っています。興味深いことに、月は皆既月食の間に完全に消えることはありませんが、暗赤色に変わります。なぜそれが起こるのですか?

地球はすべての直射日光を遮りますが、光のごく一部が地球の大気によって屈折され、月の表面に到達します。地球の大気は青色の光を散乱させますが、赤色の光を通過させるので、月面は赤くなります。独特の赤みがかった色合いのため、皆既月食はしばしばブラッドムーン(血色の月)と呼ばれています。

部分月食

部分的な月食は、月の一部だけが地球の陰影で覆われるときに発生します。これは、太陽、地球、月が完全に整列していない場合に発生します。このような月食の間、月の一部だけが暗くて赤みを帯びます。

半影月食

半影月食は、月が半影(地球の影の外側部分)を通過するときに発生します。これは最も目立たない月食の種類です。鋭い目の観察者にとって、月は通常よりわずかに暗く見えます。

月食と日食

月食も日食も、太陽、地球、月の3つの天体が関係しています。これら2つの天文イベントの主な違いは次のとおりです。

  • 夜に起こる月食の間、月は地球の影に覆われます
  • 昼に起こる日食の間、地球から見ると太陽は月の円盤に覆われます
  • 月食満月でのみ起こり、日食新月でのみ起こります。
  • 月食は地球の夜側のどこからでも観察できます**。理由は、地球の影が月に比べて大きいことです。
  • 日食は、月の影が落ちる特定の場所からのみ見ることができます。理由は、月の影が地球の影よりもはるかに小さいことです。

おもしろい事実:日食は常にペアで発生します。日食は月食の約2週間前または2週間後に発生します。

日食と月食を混同する場合は、次の点に注意してください。太陽が暗くなるときは日食で、月が暗くなるときが月食です

次の月食はいつ

次の月食は2023年6月5日です。半影月食になります。月食は、東ヨーロッパと南ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリアから見ることができます。月食は午前2時22分(5月5日、17:22 GMT)に最大に達します。

次の皆既月食はいつ?

次の皆既月食は2025年3月14日になります。アメリカ大陸、ヨーロッパの多く、アジア、オーストラリア、アフリカから見ることができます。皆既は午後3時26分(06:26 GMT)に始まり、午後3時58分(06:58 GMT)に最大になります。

今後10年間に発生するすべての月食について知りたい場合は、NASA製の日食・月食カレンダーを使用します。そして、インフォグラフィックからわかることもできます。そこでは、5つの将来の日食・月食とそのタイムラインおよび観測の場所を一覧表示しています。

5つの今後の月食と日食、それらの日付、タイムライン、および視程マップのリストです。自分の場所から月食か日食を見るかどうかをチェックできます!
インフォグラフィックを見る

月食の頻度

月食は常に満月で起こります。ただし、すべての満月に月食が伴うわけではありません。その理由は次のとおりです。月の軌道は地球の軌道に対して約5度傾いているため、月は通常、満月で地球の影の上または下を通過します。平均して、毎年2回の月食が発生します。非常にまれですが、1年の月食の最大数は5回です。1暦年に5回の月食が最後に発生したのは、1879年でした。次回は2132年に発生します。

皆既月食の頻度

平均して、皆既月食は特定の場所で2.5年ごとに発生します。皆既月食は、すべての月食の約35%を占めます。

半影月食の頻度

NASAによると、毎年少なくとも2回の部分月食が起こります。この数を取得するために、NASAは皆既月食の部分月食を数えたに違いありません。部分月食を別々に考えると、通常年に1回または2年に1回発生します。すべての月食の約30%は部分食です。

月食の長さ

数分しか続かない日食とは異なり、月食は数時間続くことがあります。これは、月の大きさに対して地球の影がかなり大きいためです。皆既月食は最長で2時間続き、部分月食はさらに長く続くことがあります。

一番長い月食

21世紀で最も長い皆既月食は2018年7月27日でした。皆既月食は102分間57秒続きました。同等の長さの次の皆既月食は、3107年にのみ発生し、106分13秒間続きます。

一番長い部分月食

ほぼ600年で最長の部分月食は2021年11月19日にでした。それは3時間28分23秒続きました。その前に、1440年2月18日(3時間28分46秒)に同様の長さの部分食が起こりました。2021年11月の部分月食は、さらに648年間、2669年2月8日の月食(3時間30分2秒)まで、最も長く続きます。

月食の見方

月食を観察するために特別な機器は必要ありませんが、双眼鏡を使用して、赤い影の月食の詳細を確認できます。この天文現象を楽しむために必要なのは、澄んだ空と遮るもののない地平線だけです。お住まいの地域で月食か日食がいつ始まるかを知るには、Eclipse Guideアプリを使用できます。

よくある質問

月食が見られる場所は何ですか?

月食は、月が地平線上にある世界のどこからでも見ることができます。つまり、月食の時に地球の夜側にいるだけでそれを見ることができます。インフォグラフィックをチェックして、今後の日食が見られる場所を確認します。

5つの今後の月食と日食、それらの日付、タイムライン、および視程マップのリストです。自分の場所から月食か日食を見るかどうかをチェックできます!
インフォグラフィックを見る

月食が毎月ないのはなぜですか?

月と地球の軌道が同じ平面上にないため、月食は毎月満月に発生するわけではありません。ほとんどの場合、満月の間、月は地球の影の上または下を通過します。月食が毎月起こらない理由をよりよく理解するには、ビデオをご覧ください。

赤い月の意味は何ですか?

「赤い月」と「ブラッドムーン」は、皆既月食の別名です。日光が地球の大気によって屈折および散乱され、月面に到達するのは赤色の光だけであるため、月食の時、月は赤く見えます。2022年11月8日のブラッドビーバームーンに関する記事をお読みください。

月食を見るのは安全ですか?

特別なソーラーフィルターが必要な日食を見るのとは異なり、月食を観察することは目に絶対に安全です。これは、月がそれ自体の光を発するのではなく、太陽光を反射するだけだからです。

月食で地球が丸いことを証明する方法は何ですか?

月食のたびに、月に映る地球の影は常に円形であり、惑星の自転によってその形が変わることはありません。常に完全な円形の影を作る唯一の形は球です。地球が丸いことを証明するその他の方法について 記事でお読みください。

月食が人間に与える影響は何ですか?

月食は皮膚病のリスクを高めたり、妊婦に悪影響を及ぼしたり、消化に害を及ぼす可能性があると聞くかもしれません。しかし、月食が人々に何らかの物理的影響を与えるという科学的証拠はありません

まとめ: これで、月食が起こる理由、月食の種類、月食と日食との違いがわかりました。面白いクイズで日食と月食についての知識をテストすることもできます。楽しく天体観測をしてください!

次のクイズに答えて、日食と月食について実際にどれだけ知っているかを確認します。それの終わりまでに、これらの天文現象のより良い理解を得て、知らなかったいくつかの興味深い歴史的事実を学ぶべきです。次の記述が正しいか間違っているかを判断します。
クイズをスタート!
テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot