2024年の惑星直列:今夜に見られる惑星

~18 min

惑星の直列は、特別な機器なしで観察できる美しい天体イベントです。次の惑星直列は2024年8月28日です。すべての惑星を簡単に見つけるために、無料のSky Tonightアプリをご利用ください。そして、天文学が初めてでも心配しないでください!このアプリは使いやすく、初心者からエキスパートまで、誰でも使えます。次の惑星直列の日付と時間、およびこれらの配置がどのように機能するかの解説を含む、惑星を観察するための簡単なヒントをこの記事でご紹介します。

目次

惑星配列は、複数の惑星が同時に太陽の同じ側に集中する現象を説明する天文学用語です。

惑星パレードは、一晩で複数の惑星が空に見えることを表す口語的な用語です。

次に惑星がいつ整列するかを調べてみましょう。惑星直列がどのように機能するかについてもっと知りたいなら、「惑星直列とは?」の章に直行しましょう。

2024年8月28日に6つの惑星が並ぶ

次の惑星直列は2024年8月28日に起こります。早朝、水星、火星、木星、天王星、海王星、土星の6つの惑星が空で一列に並びます。水星、火星、木星、土星は裸眼で見ることができますが、水星は地平線に近く、見つけにくいです。海王星と天王星を見るには、望遠鏡や高性能の双眼鏡が必要です。それぞれの惑星の観察条件を詳しく見てみましょう。

黄色みを帯びた土星(等級0.6)は夜遅くから空に見えます。この惑星はみずがめ座で裸眼で見ることができます。一方、海王星(等級7.8)は近くのうお座に位置していますが、見つけるには高性能の双眼鏡が必要です。朝になると、他の惑星が昇ると同時に、土星と海王星は西の地平線へと移動します。

夜が更けると、天王星(等級5.7)が昇ります。この惑星はおうし座に位置し、高性能の双眼鏡で見ることができます。

次に昇るのは木星(等級-2.3)と火星(等級0.8)です。これらの惑星はおうし座で裸眼で見ることができ、近くには欠けた月も輝いて、さらに壮観な眺めを提供します。

夜明けには、水星(等級1.7)が昇ります。この惑星はしし座に位置し、裸眼で見ることができますが、すぐに太陽が隣で昇るため、見るのにあまり時間がありません。

惑星の位置を正しく確認するには、空にある天体を簡単に特定できる無料の星空観察アプリ、Sky Tonightをダウンロードして確認してください。上空の天体の名前を知るには、アプリを起動してデバイスを空に向けるだけです。

Planet Alignment on August 28
2024年8月28日に北半球から見た水星、火星、木星、天王星、海王星、土星の惑星直列。この画像はSky Tonightアプリのデータに基づいています。

2024年に6つの惑星が見られる場所と時間

惑星直列は、朝の時間帯にほぼどこでも見ることができます。ただし、2024年8月28日は、世界中のほとんどの場所でよく見える一般的な日付です。惑星直列を見るのに理想的な日付は、あなたの場所によって異なるかもしれません。以下は、世界中のさまざまな場所と、その場所にとってこの直列の間、惑星が空の最も小さいセクターで見られる日付のリスト:

  • アブダビ:8月23日、172度の空の部分;
  • 香港:8月23日、173度の空の部分;
  • アテネ:8月24日、167度の空の部分;
  • ニューヨーク:8月24日、166度の空の部分;
  • 東京:8月24日、168度の空の部分;
  • ベルリン:8月26日、162度の空の部分;
  • ロンドン:8月26日、162度の空の部分;
  • レイキャビク:8月26日、158度の空の部分;
  • メキシコ:8月28日、178度の空の部分;
  • サンパウロ:8月30日、165度の空の部分;
  • シドニー:8月30日、161度の空の部分;

近くにある高い建物や高い山が、惑星を見えなくすることがあります。特定の日付にお住まいの地域から惑星がどのように見えるかを確認するには、Sky Tonight アプリを起動し、画面上部のタイムマシンで希望の日付と時間を選択し、天空地図を見てください。そこにはあなたの場所の天体の位置が表示されます。惑星が周囲とどのように配置されているかを確認するには、ARモードに切り替えてください。

さらに、直列は1日に限らず、その日の前後数日間に及ぶこともある。もし8月28日を見逃したとしても、心配する必要はありません!この日の前後に惑星を見つけることに挑戦してみてください!

惑星直列を観察する方法に関するいくつかのヒントを紹介します。

2024年の次の惑星直列の見方

まず、良い時間を選択します。この直列を観測するには、自分の住んでいる場所の日の出時刻を調べ、少なくともその1時間前には観測を開始する必要があります。Sky Tonightで現在地の日の出時刻を知ることができます。これを行うには、Sky Tonightアプリを起動し、カレンダーを開きます。そこから「空」タブを開くと、各日のスキームと薄明時間が表示されます。希望の日付を選択し、お住まいの場所の日の出時刻(太陽アイコンと上向き矢印の近くの時刻)を確認してください。

Planetary Alignment on August 2024, Sky Tonight
Sky Tonightの「空」タブには、太陽と月の昇る時刻と沈む時刻、そして薄明の時刻が表示されます。ビジュアライゼーションのタイプは、円形か線のどちらかを選ぶことができます。

次に、星ではなく惑星を見ていることを確認します。見た目ほど明白ではありません!木星は月の次に明るい天体なので、見分けるのは簡単です。しかし、他の惑星はもう少し暗いです。違いの1つは、恒星とは異なり、惑星はきらめかないことです。また、1年を通して夜空を観察すると、惑星がさまざまな星座を「訪れ」、星が互いに対して「固定」された位置にとどまっていることに気付くでしょう。星と惑星の違いを理解するために、カラフルなインフォグラフィックをご覧ください。

Stars VS Planets
恒星と惑星の違いは何ですか?恒星と惑星を簡単に見分ける方法は何ですか?このインフォグラフィックを読めば、その答えがわかります。
インフォグラフィックを見る

惑星や星が見えるかどうかを確認する最も簡単な方法は、無料のアプリSky Tonightを使用することです。

ステップ1:Sky Tonightを開き、デバイスを空に向けるか、大きな青いボタンをタップします。アプリは空のライブ表現を表示します。

ステップ2:特定したい天体が位置する空の部分にデバイスを向けます。肉眼天体のみが画面に残るように等級を下げることができます。それためには、下部のパネルをタップし、上部のスライダーを目のアイコンに向かってドラッグします。

ステップ3:天体をタップしてその名前を画面に表示します。名前をタップして詳細を確認できます。

How to see the planetary alignment on August 28, 2024
同じく2024年8月28日の水星、火星、木星、天王星、海王星、土星の直列が、Sky Tonightアプリで表示されます。惑星の名前をタップするとその詳細がわかり、コンパスボタンをタップするとアプリが実際の空で選択した惑星を見つけるのを助けてくれます。

惑星直列の美しさをすべて見るには、光害のない暗い空で、水平線がはっきりと見える(木や高層ビルなどの障害物がない)場所を探します。水星と天王星の観測には特に重要です。

上記の短いガイドは、直列した惑星を見つけるのに役立ちます。観測を計画するには、この記事の下にリストされている惑星直列を確認してください。しかし、最初に、惑星直列が何を意味するのかに疑問に思っている場合は、理論に飛び込みましょう。

惑星直列とは?

惑星直列の一般的な定義は次の2つです。

  1. 太陽系の上から見た場合、複数の惑星が同時に太陽の同じ側に密集する天文イベントです。

一部の人々は、太陽系の惑星が太陽から見た場合に、一列に並ぶことができると考えています。しかし、惑星は3次元で完全に整列することはできません。1つの象限(90度のセクター)でのより緩いグループ化でさえ、非常にまれです。すべての惑星が1つの象限に集まるのは、現在のミレニアムで7回だけです。

  1. 地球から見た場合、複数の惑星が空の一部分に近接して見える視覚的現象です。

地球が太陽の同じ側に集まった惑星の1つである場合、観察者にはいくつかの惑星が空に並んでいるように見えます。惑星が見られる部分が小さければ小さいほど、整列はより壮観になります。


最初の定義からの直列は、地球から見たときほど印象的ではないことを忘れないでください。すべての惑星が宇宙の1つの象限に集まっている場合でも、空の全体に散らばっている場合があります。また、内惑星が地球と太陽の線に近いときは、夜空に見えません。

インフォグラフィックを見て、惑星直列の見方を学ぶことができます。惑星を見分ける方法と、これから起こる「惑星パレード」に期待することを学ぶことができます。

Planetary Alignment Infographic Preview
このカラフルなインフォグラフィックで、惑星直列の見方を学び、次の「惑星パレード」のカレンダーに印をつけましょう。
インフォグラフィックを見る

惑星直列の時、惑星が一列に並ぶのか?

惑星は一列に並んでいますが、完全に真っ直ぐではありません。すべての惑星は太陽の周りをほぼ同じ平面で公転しています。その結果、地球から見ると、惑星は、空を横切る太陽の年次経路である黄道に沿って動いているように見えます。星空観察アプリSky Tonightで確認できます。

  • アプリを起動し、太陽を含み、天球全体を通る黄色い点線を見つけます。これが黄道です。
  • この線に沿って移動すると、最終的にすべての惑星が線の両側にあることがわかります。または、検索フィールドに目的の惑星の名前を入力して、その名前の近くにあるターゲットのボタンをタップすることもできます。アプリは惑星の現在の位置を表示し、いつでも、いつでも黄道の近くにあります。

アプリで黄道に沿って移動すると、それが地平線から地平線への弧であることに気付くかもしれません。しかし、空のごく一部では、黄道は直線のように見えます。これは、画面に収まる黄道のセグメントを見るとわかります。そのため、位置合わせ中に惑星が1つの空の部分で接近すると、空にほぼ直線を形成しているように見えます。

惑星直列と惑星パレードは同じなのか?

「惑星パレード」は公式の天文学用語ではないため、「惑星整列」という用語よりも大まかに使用されます。惑星整列は、口語的に惑星パレードと呼ばれます。また、一夜に複数の惑星が同時に見えることを惑星パレードと呼ぶこともあります。占星術では、**いくつかの惑星が同じ干支星座**に位置するときに、惑星のパレードが発生します。

惑星直列の種類

参加している惑星の数に応じて、次の惑星直列の種類が区別されます。

  • ミニ惑星直列 – 3つの惑星
  • 小惑星直列 – 4つの惑星
  • 大惑星直列 – 5~6つの惑星
  • フル惑星直列 – 太陽系の惑星(および冥王星)すべて

2つの惑星が空に接近しているとき、それは何と呼ばれるのか?

2つの惑星が空で出会うとき、それはまだ惑星直列ではありません。それは、接近または合である可能性があります。今後の惑星の合の詳細については、専用の記事をご覧ください。

今後の惑星直列

今後数年間、そしてそれ以降の惑星観測を計画しましょう!そして、次の惑星直列を見逃さないでください。記事の冒頭で詳しく説明され、定期的に更新されます。

世界のすべての地域で、惑星の直列が同じように見えるわけではありません。天球上の黄道の位置の関係で、ある惑星はあなたの住んでいるところから見えないかもしれません。したがって、以下の惑星直列のリストは一般的な概要であることに留意してください。このリストは、世界中のほとんどの場所から惑星をはっきりと見ることができる日を示しています。もし、この正確な日を逃したとしても、心配する必要はありません。その日の前後数日間は、通常、惑星直列を見ることができます。

次の惑星直列は、8月28日に水星、火星、木星、天王星、海王星、土星が含まれる朝の大直列となります。

特定の惑星直列が現在地から完全に観測可能かどうかを確認するには、Sky Tonightアプリをダウンロードします。画面上部のタイムマシンで日付を選択し、現在地から見える星空を確認してください。

5〜7つの惑星が空で一直線に並ぶのはいつ?

ここでは、5~7つの惑星が含める次の惑星直列のリストを紹介します:

  • 2024年8月28日:水星、火星、木星、土星、天王星、海王星の朝の大惑星直列です。
  • 2025年1月18日:火星、木星、天王星、海王星、土星、金星の夕方の大惑星直列です。
  • 2025年2月28日:土星、水星、海王星、金星、天王星、木星、火星の夕方のフル惑星直列です。これは、次に7つの惑星が一度に空で見えるようになる時です!
  • 2025年8月29日*:水星、金星、木星、天王星、海王星、土星の朝の大惑星直列です。

最も予想される惑星直列

以下は、メディアで議論されているいくつかの惑星直列です。それらは、密接にグループ化された多くの惑星を特徴としているため、注目に値します。ただし、それらのほとんどはすぐに発生するわけではありません。

2040年9月8日に、肉眼で見える5つの惑星(水星、金星、火星、木星、土星)が空に一列に並ぶびます。金星と土星の間に位置する三日月も見えます。観測に最適な時間は、現地時間の19:30頃です。

2080年3月15日に、金星、水星、木星、土星、火星、天王星の6つの惑星が明け方の空に見えます。この直列は、土星と木星の大接近を特徴とするため、特に注目に値します。

2161年5月19日、地球を含むすべての太陽系の惑星が太陽の同じ側に集まります。惑星直列は夜明け前に見られます。

2176年11月7日、地球を含むすべての太陽系の惑星が太陽の同じ側に集まります。惑星直列は日没直後に地球の空に見られます。

2492年5月6日、地球を含むすべての太陽系の惑星が太陽の片側に集まります。地球の空では、惑星直列は日没直後に見られます。

よくある質問

次の惑星パレードはいつですか?

次の惑星パレードは2024年8月28日に行われます。この日には、水星、火星、木星、天王星、海王星、土星の6つの惑星が空で一列に並びます。惑星直列について学び、それを観察する方法をカラフルなインフォグラフィックで確認してください。

Planetary Alignment Infographic Preview
このカラフルなインフォグラフィックで、惑星直列の見方を学び、次の「惑星パレード」のカレンダーに印をつけましょう。
インフォグラフィックを見る

最後にすべての惑星が直列したのはいつでしたか?

最後に全ての惑星が一直線に並んだのは、2024年4月8日でした。この惑星直列は、アメリカ、カナダ、およびメキシコで発生した皆既日食の際に見ることができました。

すべての惑星が直列することを何と呼びますか?

すべての太陽系の惑星が直列するとき、それはフル惑星直列と呼ばれます。しかし、惑星は宇宙で一直線に並ぶことはできないため、位置合わせ中は太陽の同じ側に密集します。

次の惑星直列を見る方法は何ですか?

惑星直列は非常に簡単に観察できますが、覚えておくべき重要なヒントがいくつかあります。

  • 水星を特徴とする直列は、日付に応じて、日没直後または夜明け前に見ることができます。
  • 天王星と海王星を見つけようとするときは、双眼鏡を使用します。
  • 内惑星の場合、最高の観察条件は最大離角の近くで発生し、外惑星の場合、の周りで発生します。

Sky Tonight アプリを使用して、上空にあるすべての惑星を見つけ、それらの可視状態を学習します。

すべての惑星が並ぶのはいつ?

太陽系の惑星は、軌道が同じ平面上にないため、宇宙空間で完全に一直線になることはありません。しかし、時には太陽の片側に惑星が集まり、一緒に見えることがあります。次のフル惑星直列(2025年2月28日)では、土星、水星、海王星、金星、天王星、木星、火星の7つの惑星が同時に観測できることになります。

惑星直列の影響は何ですか?

一部のメディアソースは、惑星の配列が津波、地震、およびその他の地球規模の災害を引き起こすと誤って主張しています。このナンセンスは繰り返し暴かれました。実際には、直列は重力や人間の生活に影響を与えませんが、クールな星空観察イベントです。

2024年の惑星直列:結論

惑星直列は、天文学で使用される用語で、いくつかの惑星が空の小さな領域に収束するイベントを表します。このようなイベントは、口語的に「惑星パレード」と呼ばれることもあります。次の6つの惑星直列は2024年8月28日です。惑星は暗くなるとすぐに見えるようになります。無料の天体観測アプリSky Tonightをダウンロードして、それらすべてを見つけるのに役に立ちます!

テキストクレジット:
Trustpilot