海王星について分かりやすい:太陽から一番遠い惑星

~13 min
海王星について分かりやすい:太陽から一番遠い惑星

太陽から8番目の惑星の海王星は、地球から肉眼で見ることできなくて、最も遠い惑星です。この遠くの青い惑星には、かすかな環、多数の衛星があり、固い表面はありません。この記事では、海王星について興味深い詳細と事実をお伝えします。始めましょう!

内容

海王星についての事実

  • 惑星の分類:巨大氷惑星
  • 半径:24,622km
  • 質量:1.02413×10^26kg
  • 遠日点:45億3600万km
  • 近日点:44億5900万km
  • 地球からの平均距離:45億km
  • 表面温度:−218°Cから−200°Cまで
  • 太陽日:0.6713地球日
  • 恒星日:0.67125地球日
  • 1年:164.8年
  • 年齢:45億3000万年
  • 名前にちなんで:海のローマの神

海王星の発見

海王星は、数学的予測によって発見された最初の惑星になりました。海王星の初期の記録された観測の1つは、ガリレオ・ガリレイによって行われました。ガリレオガリレイは、1612-1613年に原始望遠鏡で惑星を発見しましたが、海王星を星と間違えたようです。

1846年、英国の数学者と天文学者のジョン・クーチ・アダムズは、数学のみを使用して、海王星の位置を決定しました。同じ頃、フランスの天文学者ユルバン・ルヴェリエは、アダムスと無関係に、惑星の位置も計算しました。ルヴェリエは、ドイツの天文学者ヨハン・ゴットフリート・ガレに自分の発見を伝えました。直後、1846年9月23日にガレは、ベルリン天文台で行った望遠鏡観測で海王星の実在を確認しました。

海王星の大きさ

太陽系で太陽から最も遠い惑星の海王星は、見かけのサイズが非常に小さく、地球からの観測が困難です。幸いなことに、科学的なデータにより、この惑星のサイズを想像することができます。

海王星のサイズ

24,622km半径の海王星は、太陽系で4番目に大きい惑星であり、ガス巨星の中で最も小さい惑星です。青い惑星の表面積は76億km^2ですが、海王星の赤道を旅するには、154,705kmの距離を行く必要があります。

海王星の中にはいくつの地球が入る?

海王星の半径は地球の約4倍です。地球がコインの大きさだとしたら、ガス氷巨星は野球と同じくらいの大きさになります。また、太陽系で3番目に巨大な惑星である海王星は、地球の17倍以上の大きさです。海王星の体積は地球の体積の約57倍ですから、57個の地球が海王星の中に収まる可能性があります!

海王星の軌道と自転

海王星は太陽から8番目の最も遠い惑星です。この距離は、8つの惑星の中で最も長い軌道を作成します。しかし、海王星の年とは異なり、海王星の1日は比較的短いです。

海王星の1年の長さ

海王星は、太陽の周りの1つの軌道のに約165地球年かかります。海王星の赤道傾斜角は火星や地球のと似ているので、この巨大氷惑星では地球と同じように季節があります。各季節は約40年間続きます。

海王星の1日の長さ

海王星は地球よりも速く回転します。1つの平均的な海王星の日は約16地球時間続きます。ただし、この巨大氷惑星は固体ではないため、そのさまざまな部分がさまざまな速度で回転します。海王星の赤道帯は1回回転するのに約18時間かかりますが、極域は1回の回転が約12時間かかります。

海王星はどれくらい離れている?

上で述べたように、海王星は太陽から最も遠い惑星です。時々、この巨大氷惑星は準惑星の冥王星よりも太陽から遠く離れています!

海王星から太陽までの距離

海王星は、太陽から平均30AU、つまり45億kmの距離にあります。しかし、時々、この惑星は冥王星よりも遠くになります。冥王星の非常に偏心した軌道は、248地球年ごとに20年間海王星の軌道の中に冥王星をもたらします。この切り替えが最後に発生したのは1979年で、1999年まで続きました。

海王星から地球までの距離

海王星と地球が宇宙を移動しているので、それらの間の距離は絶えず変化しています。惑星が互いに最も近いとき、43億kmの距離にあります。最も遠いポイントで、海王星は、地球から47億km離れたところにあります。地球からのそのすごい距離のために、海王星は太陽系の最後の発見された惑星になりました。

海王星に着くのにどれくらい時間がかかる?

惑星への旅行の時間は、惑星の位置と宇宙船のルートと速度に依存します。海王星を訪れる唯一の宇宙船であるボイジャー2号は、この巨大氷惑星までに12年かかりました。NASAのニューホライズンズ宇宙船は、8年間の後、冥王星に行く途中で海王星の軌道を通過しました。

海王星の探査

ボイジャー2号宇宙船だけ海王星を訪れました。この宇宙探査機は、外惑星を研究するために1977年に打ち上げられました。木星、土星、天王星を訪れた後、海王星ンに向かいました。ボイジャー2号は、1989年8月に青い惑星に到達し、北極から約4,800km上空を通過しました。 宇宙船は海王星の大気、磁気圏、環、衛星を研究し、青い惑星の素晴らしい画像を撮りました。現在、この遠い惑星への承認されたミッションはありません。

海王星は何でできている?

天王星とともに、海王星は巨大氷惑星です。また、海王星の密度は、すべての巨大ガス惑星の中で、一番高いです。

海王星の構造

太陽系の他の惑星と同様に、海王星は約45億年前に形成されました。科学者によると、青い惑星は現在よりも太陽の近くに形成されましたが、約40億年前に外太陽系へに動きました。

海王星の形成

惑星の真ん中には、地球の約1.2倍の大きさのケイ酸塩、ニッケル、鉄でできた固体のコアがあります。海王星のコアは、水、メタン、アンモニアなどの「氷のような」物質の高温の流体に囲まれており、それらは雲の層で覆われています。

海王星の表面

巨大氷惑星は固体表面を持っていません。海王星の大気は主に水素とヘリウムで構成されており、微量のメタンが含まれています。太陽系の惑星の中では、海王星の風は一番強いで、風速が約2100km/hです。海王星は太陽から遠く離れているため、その外大気は太陽系で最も寒い場所の1つです。

海王星の大暗斑

海王星の大暗斑は、1989年にボイジャー2号のフライバイの時で、惑星の南半球で発生した巨大な嵐でした。その嵐の風は、太陽系のどの惑星よりも強い持続的な風でした。1994年までに、大暗斑は完全に消えていました。しかし、2016年に海王星の北半球に大暗斑を似ているものが現れました。

海王星の衛星

他の巨大惑星と同様に、海王星は大きい衛星システムがあります。この巨大氷惑星のすべての衛星は、ギリシャ神話とローマ神話の水神にちなんで名付けられました。

海王星は衛星がいくつのある?

海王星には14個の既知の衛星があります。最初に発見された海王星の衛星はトリトンでした。1846年に青い惑星が発見されてから17日後にウィリアム・ラッセルによって最初に観測されました。もう1つの海王星の衛星は、1949年にジェラルドP.カイパーによって発見されました。この衛星をネレイドと名付けました。3番目の発見された衛星はラリッサで、1981年に天文学者のグループによって最初に観測されました。約10年後の1989年、ボイジャー2号はラリッサ衛星の発見を確認し、ナイアド、タラッサ、デスピナ、ガラテア、プロテウスの5つの内衛星を発見しました。2001年には、ハリメデ、サオ、プサマテ、ラオメデイア、ネソの5つの外衛星が発見されました。2013年にヒッポカンプという名前の小さい衛星が発見されました

海王星の最大の衛星

直径2,700kmのトリトンは海王星の最大の衛星であり、太陽系で7番目に大きい衛星です。それは、他の既知の海王星の衛星と惑星の環を含む、海王星の周りの軌道上のすべての質量の99.5%以上を占めています。冥王星と多くの類似点を共有しているため、トリトンは海王星の重力によってカイパーベルトから捕らえられた独立した物体(おそらく準惑星)であると考えられています。

海王星の環

木星、土星、天王星のガス巨大惑星のように、海王星は環系があります。最も外側の主要な惑星の環は1984年に発見され、最終的に1989年にボイジャー2号によって画像化されました。

海王星にはいくつの環がある?

海王星には、この青い惑星を研究した天文学者にちなんで名付けられた5つの主要な環があります。それはガレ環、ルヴェリエ環、ラッセル環、アラゴ環、アダムズ環です。また、最も外側の環であるアダムズ環は、アークと呼ばれる4つ明るい部分が含みます。それはフラテルニテ・アーク、エガリテ・アーク、リベルテ・アーク、クラージュ・アークといいます。アークは、力学の法則に従って、均一な環に結合されるべきであったという事実にもかかわらず、それらは非常に安定な構造があります。科学者たちは、海王星の衛星ガラテアの重力効果によってアークが安定する可能性があると信じています。

海王星の環は何でできている?

海王星の環は暗く、赤みがかっており、サイズと密度が変化します。それらのほとんどはかすかなです。科学者は海王星の環の構成を詳細に理解していません。それらはおそらく氷と有機化合物で構成されています。環は比較的若いと考えられており、海王星の破壊された衛星によって形成された可能性があります。

今後のイベント

9月14日:海王星が衝

2021年9月14日、日本時間18:12に、海王星は​​衝になります。衝は、外惑星を観測するのに最適な瞬間です。惑星は空で1年間最も明るく見え、地球に最も近い場所にあるからです。衝の瞬間、海王星はみずがめ座の中に位置し、7.8等級になります。この惑星は日没の周りに東に上昇し、一晩中見えるでしょう。

海王星は、肉眼で見ることができない惑星で、最も暗い星の約5倍暗いです。この遠い惑星を観測するには、双眼鏡または望遠鏡を使用します。

12月1日:海王星が逆行運動を終了

2021年6月、海王星は惑星の軌道速度の違いによって引き起こされる目の錯覚である逆行運動に入りました。2021年12月1日に、天王星型惑星は空で「後方」(東から西へ)への移動を終了します。海王星は年に一回逆行運動を行き、約5ヶ月続きます。

3月13日:海王星が太陽と合

2022年3月13日、海王星は太陽と合になります。空の太陽の近くを通過し、数週間は観測できなくなります。最も近いアプローチでは、青い惑星は星からわずか1°07'の距離にあります。さらに、太陽の合の周りで、海王星は地球から最も遠くにあります。

よくある質問

なぜ海王星は青いのですか?

海王星のメタンの大気は、太陽からの赤い光を吸収し、青い光を宇宙に反射します。その結果、惑星はその鮮やかな青い色を持っています。

海王星はどれくらい寒いですか?

海王星は太陽から遠く離れた場所にあり、太陽系で最も寒い場所の1つです。海王星の平均気温は約-214°Cです。天王星型惑星の最も暑い場所は南極で、気温は約-200°Cです。

冥王星が海王星と衝突しないのはなぜですか?

冥王星の軌道は、8つの惑星と同じ平面にありません。準惑星と海王星の軌道は互いに傾斜しています。また、海王星と冥王星は、3:2の軌道共鳴によって、衝突したり接近したりすることはありません

冥王星はどうして「冥王星」と呼ばれています?

発見の直後、ルヴェリエは新しい惑星が「海王星」と呼ぶのを提案しました。しかし、後に、氷の巨人を、自身にちなんで「ルヴェリエ」という名前を付けようとしました。そのアイディアはフランス国外で不承認に直面しました。1846年12月、サンクトペテルブルクのプルコヴォ天文台の所長であるフリードリッヒ・フォン・シュトルーベも「海王星」の名前を提唱して、すぐに国際的に受け入れられるようになりました。

興味深い事実

  • 海王星の表面の重力は、木星の後、太陽系で2番目に大きいです。
  • 海王星の最大の衛星であるトリトンは、太陽系で唯一、逆行軌道をたどり、惑星の自転と反対方向に移動する大きな衛星です。
  • トリトンは、太陽系で数少ない地質学的に衛星の1つであり、間欠泉で知られています。
  • 2011年、海王星は1846年の発見以来、最初の165年の軌道を完成しました。
  • 海王星は人生をサポートすることはできません。

太陽から8番目で最も遠い惑星である海王星について興味深い新しい何かを発見したことを願っています。この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有して、海王星に関する漫画をご覧ください。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.