冥王星について:準惑星を探索

~12 min
冥王星について:準惑星を探索

冥王星は発見された時間から、76年間、太陽系の9番目の惑星と見なされていましたが、2006年に準惑星の地位に降格されました。科学者がそうする理由は何でしたか?冥王星をユニークにする機能は何ですか?この記事では、この興味深い天体について詳しく説明します。

内容

木星についての事実

  • 惑星の分類:準惑星
  • 半径:1,188km
  • 質量:1.30900 × 10^22kg
  • 遠日点:73億7000万キロ
  • 近日点:44.4億キロ
  • 地球からの平均距離:59億キロ
  • 表面温度:−226°Cから−240°Cまで
  • 太陽日:6.3874日
  • 恒星日:6.3873日
  • 1年:248年
  • 年齢:44.6億年から46億年
  • 名前にちなんで:ローマ神の冥府の神

冥王星の発見

冥王星は1930年にローウェル天文台でアメリカの天文学者クライド・トンボーによって発見されました。

1906年、ローウェル天文台の創設者パーシヴァル・ローウェルは、「惑星X」と名付けたものを探す一大プロジェクトを開始しました。ローウェルによって、惑星Xは、おそらく天王星と海王星の軌道に影響を与えた、太陽系の9番目の惑星です。1916年、ローウェルは惑星Xがまだ発見されていない状態で亡くなりました。しかし、1930年2月18日、謎の惑星の探索は続けられているローウェルの後継者であるクライド・トンボーは冥王星を発見しました。

冥王星は惑星ではないの理由

冥王星が発見されたとき、それは太陽系で最も小さくて遠い惑星として分類されました。しかし、その後の数十年にわたって、天文学者は、海王星の軌道を超えて、冥王星に似た他の多くの天体を発見しました。エリスのようなそれらの天体のいくつかは、惑星としての資格を得るのに十分な大きさでした。このため、2006年に国際天文学連合は「惑星」の定義をで改められて、冥王星を準惑星の称号に降格することを決定しました。 ​​更新された国際天文学連合の定義によると、天体は、次の3つの基準を満たしている場合と惑星と見なされます。

  • 太陽の周りを回っている天体;
  • 十分重く、重力が強いため丸い天体;
  • その軌道周辺で群をぬいて大きく、他の同じような大きさの天体が存在しない天体。

冥王星は太陽の周りを回って、球形をしていますが、その軌道は海王星の軌道と交差しているため、冥王星が自分の軌道上で最大の物体ではありません。このため、冥王星は準惑星に分類されています

冥王星の大きさ

冥王星の大きさは、1930年以来、議論の的となっていました。つい最近、科学者たちはこの準惑星の実際の大きさを決定しました。

冥王星のサイズ

冥王星は地球から遠く離れているので、最近まで冥王星についてほとんど知られていませんでした。2015年にNASAの探査機「ニュー・ホライズンズ」が準惑星に到達しました。「ニューホライズンズ」は冥王星の直径が2,370kmであることを発見しました。その小さいサイズにもかかわらず、冥王星は海王星の軌道を超えて太陽系で最大の天体です。

地球に対する冥王星の大きさ

冥王星は地球よりも月よりも小さいです。冥王星の直径は地球の約19%で、表面積が地球の約4%です。冥王星のサイズをよりよく理解するために、冥王星とその最大の衛星カロンが地球の表面上に配置されていることを示すNASAによって作成された画像を確認できます。

冥王星の軌道と自転

冥王星は、太陽系の8つの惑星と比較して、非常に珍しい軌道を持っています。この準惑星が太陽の周りをどのように回転し、その軸を中心に回転するかを詳しく見てみましょう。

冥王星の1年の長さ

冥王星の公転周期は非常に長いです。準惑星は太陽の周りを1周するのに248地球年かかります。これに加えて、冥王星の軌道は8つの惑星と同じ軌道面にありません。冥王星は17度も傾いた軌道を持ちます。最後に、冥王星の軌道は非常に楕円形です。つまり、冥王星は海王星よりも太陽に近づくときもあります。

冥王星の1日の長さ

冥王星は地球よりもはるかにゆっくりと回転します。その軸の周りを1回回転するのに6.4地球日(6日9時間36分)がかかります。天王星のように、冥王星は大部分の他の惑星とは反対の方向に回転しています。その回転軸は約120度で傾いています。

冥王星はどれくらい離れている?

冥王星は太陽系外縁天体であり、海王星よりも遠い平均距離で太陽の周りを公転する天体を意味します。したがって、冥王星は太陽系のどの惑星よりも地球から遠く離れています。

冥王星から太陽までの距離

平均して、冥王星は太陽から39.5AUに位置し、これは59億kmに相当します。それは地球よりも太陽からほぼ40倍離れています。冥王星は遠く離れているため、毎秒約300,000kmを移動する太陽の光は、準惑星に到達するのに5時間以上かかります。

冥王星から地球までの距離

冥王星の高度に楕円軌道のため、地球からの距離は、冥王星が宇宙を移動するときに大幅に変化します。最も遠い点で冥王星は、地球から75億kmに離れます。天体が最も接近しているとき、それらは42.8億kmの距離にあります。

冥王星に着くのにどれくらい時間がかかる?

この質問に答えるために、例を見てみましょう。「ニューホライズンズ」探査機は2006年に冥王星に打ち上げられました。当時、時速58,536kmの速度で移動する史上最速の宇宙船でした。「ニューホライズンズ」が2007年に木星に接近したとき、それはガス巨人から天体重力推進を受けました。それより、宇宙船の速度は時速83,000kmに増加し、ミッション期間は3年短縮されました。「ニューホライズンズ」が準惑星に到達するまでに、合計で9年、5か月、25日かかりました。

冥王星は何でできている?

外惑星とは異なり、冥王星はガスや氷の巨大ではありません。地球に似た小さな岩体です。

冥王星の形成

冥王星はカイパーベルトの天体です。カイパーベルトは、海王星の軌道の外側にあって太陽を周回する,氷状の小天体から形成される円盤状の帯です。これらの天体(カイパーベルト天体、太陽系外縁天体、または冥王星型天体として知られている)は、約45億年前に起こった太陽系が形成されたときの残骸です。

冥王星の構造

カイパーベルトの他の物体と同様に、冥王星は主に氷と岩で構成されています。冥王星は、水の氷のマントルに囲まれる岩石の核を持っています。おそらく、核とマントルの間に液体の海があります。

冥王星の表面

冥王星には色々な地形があります。準惑星の表面には山、谷、平野、クレーターがあります。冥王星の山々は水氷で構成されており、高さは3kmを超えることがあります。

冥王星の表面の注目すべき特徴は、[トンボー地域という名前のハート形の領域]](https://space.com/43-pluto-the-ninth-planet-that-was-a-dwarf.html)(冥王星の発見者であるクライ・ドトンボーに敬意を表して)です。窒素、一酸化炭素、メタン氷が豊富な広大な氷河地帯です。スプートニク平原と呼ばれるハートの西側部分は、東側部分よりも滑らかで、クレーターがなく、樹齢が1,000万年未満であることを意味します。

冥王星の衛星

冥王星はそのような小さい天体であるにもかかわらず、サイズ、形、回転が異なるいくつかの衛星を持っています。

冥王星は衛星がいくつある?

冥王星には、カロン、ニックス、ヒドラ、ケルベロス、ステュクスの5つの衛星があります。これらの衛星は、数十億年前に、冥王星が他のカイパーベルト天体と衝突した ときに形成された可能性があります。

冥王星の一番大きい衛星

冥王星の最大の衛星はカロンと呼ばれています。この球形の天体は直径1,200キロメートルで、準惑星のサイズのほぼ半分です。これにより、カロンは太陽系の惑星と比較して最大の既知の衛星になります!カロンのサイズのために、一部の天文学者は冥王星とカロンを二重準惑星またはバイナリシステムとさえ呼んでいます。

月と同じように、冥王星の自転もカロンの軌道運動と同期しています。冥王星が1回転を完了する時間は、カロンが冥王星を中心に回転する時間と同じです。このため、冥王星は常に同じ面をカロンに向けています。

冥王星の他の4つの衛星は、不規則な形をして、カロンよりもはるかに小さいです。太陽系の他の多くの衛星とは異なり、それらの自転と公転が同期していません。ニックス、ヒドラ、ケルベロス、およびステュクスは、無秩序にそして速く回転し、冥王星に色々な面を示しています。

冥王星の探査

NASAの「ニューホライズンズ」は、冥王星がこれまでに飛行した唯一の宇宙船です。2006年に打ち上げられ、2015年に冥王星に到達しました。最も近いアプローチでは、「ニューホライズンズ」は冥王星から12,500kmを通過しました。宇宙探査機は、準惑星とその最大の衛星カロンの高解像度画像をキャプチャしました。そして、大気と表面を研究しました。

冥王星を通過の後、「ニューホライズンズ」は宇宙を旅し続けました。2019年、宇宙船は接触二重小惑星アロコスに接近し、他のいくつかのカイパーベルト天体の画像を撮影しました。現在、「ニューホライズンズ」は私たちから50AU離れており、約75億kmです。この宇宙船は、地球からそんなに遠く移動した5番目の宇宙船です。他の4つはパイオニア10号、パイオニア11号、ボイジャー1号、ボイジャー2号です。

よくある質問

冥王星の色は何ですか?

冥王星の表面には、白、黄色、さらには深紅のセクションなど、さまざまな色があります。しかし、ほとんどの冥王星の部分は薄茶色です

冥王星から見たら、太陽はどのように見えますか?

冥王星は非常に遠くにあるため、太陽は冥王星の空に明るい点のように見えます。地球と比べると、冥王星では太陽が約1,000倍暗く見えますが、それでも非常に明るく、地球での満月の150〜450倍の明るいです。

地球から冥王星を見ることができますか?

最も明るいときでさえ、冥王星は地球から肉眼で見ることができません。冥王星を観測するには、口径が20センチ以上の望遠鏡が必要です。

冥王星は環がありますか?

比較的小さいにもかかわらず、準惑星には環があることが知られています。例えば、ハウメアの周りに環があります。しかし、天文学者は冥王星の周りにまだ環系を見つけていません。

冥王星はどれくらい寒いですか?

冥王星は、太陽系で最も寒い場所の1つです。準惑星の温度は-226°Cから-240°Cの範囲です。比較のために、地球の表面(南極大陸)で記録された最低気温は-89.2°Cです。

冥王星は惑星ですか?

冥王星が2006年に準惑星として再分類されたという事実は、まだ科学界で議論を引き起こしています。例えば、NASAの「ニューホライズンズ」ミッションを率いる惑星科学者のアラン・スターンは、国際天文学連合が急いで間違った決定を下したと考えています。スターンによると、国際天文学連合によって作成された惑星の定義は、言葉が不十分であり、科学的に意味がありません。それにもかかわらず、公式には、冥王星はエリス、セレス、ハウメア、マケマケと並んで準惑星のままです。

興味深い事実

  • 冥王星はいくつかの衛星よりも小さいです。例えば、ガニメデ、タイタン、カリスト、イオ、エウロパ、トリトン、そして地球の月です。
  • 冥王星最大の衛星カロンは冥王星の空に昇ったり沈んだりしません。地球の静止軌道にある通信衛星のように、カロンは冥王星の周りの同期軌道にあります。
  • 冥王星の軌道は異常に偏心しています:太陽系外縁天体であるにもかかわらず、海王星よりも太陽に近づくことがあります。
  • 冥王星には時々雰囲気があります。準惑星が軌道に沿って太陽に近づくと、その表面の氷が溶け始め、薄い大気を形成します。

準惑星冥王星に関するいくつかの新しい興味深い事実を発見したことを願っています。この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで共有してください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.