1. ホームページ
  2. 天文ニュース

素晴らしい金星を発見

~6 min
素晴らしい金星を発見

現在、天文学愛好家は空で輝かしい金星を見ることができません。金星は太陽に非常に近いので、太陽のまぶしさは惑星を凌駕しています。しかし、2021年4月に、金星は私たちの空に戻ります。4月までの時間を利用して、この驚くべき惑星についてのいくつかの注目すべき事実を発見してください。これにより、将来の観測がよりエキサイティングになります。

そして、金星について楽しくて教育的なクイズに参加して、この惑星に関する知識をテストすることもできます。

金星はいつ見えますか?

最近では、明るい金星を楽しむことができません。2021年3月26日に、金星は、空の太陽のすぐ近くを通過する外合となりました。外合で、太陽のまぶしさは金星よりも輝いており、数週間、金星が完全に観測できなくなります。また、この天文学的イベントは、金星の朝の出現の終わりと夕方の出現の始まりを示します。次の数週間で、輝かしい惑星は夕方の空の目立つオブジェクトになります。

金星は地球よりも太陽に近いため、ほとんどの場合、太陽のまぶしさは金星よりも輝いています。それにもかかわらず、金星は特定の期間に地球の観測者に見えるようになります。金星を見るのに最適な時期は、地球から見たときに、惑星がその最大離角、つまり太陽からの最大の分離に達したときです。

金星の最大離角はおよそ9ヶ月ごとに起こります。西部最大離角は朝の離角と呼ばれます。この期間中、金星は夜明け前の空で明るく輝いているため、「モーニングスター」という名前が付けられています。逆に、金星が日没後に空に現れるので、東部離角は夕方の離角と呼ばれます。

古代の観察者が金星を2つの別々の空のオブジェクトに取りました。それはモーニングスターとイブニングスターです。ギリシャ人はそれをポースポロスとヘオースポロスとローマ人がルシファーとベスパーと呼ばれました。金星についてもっと興味深い事実を学ぶために歴史に目を向けましょう。

金星はいつ発見されましたか?

金星の発見の正確な日付は不明です。この明るい惑星は肉眼で簡単に見ることができるので、時間の夜明け以来、さまざまな文明の古代の天文学者によって観察されました。したがって、誰が金星を発見したのかはわかりません。しかし、ニコラウス・コペルニクスとガリレオ・ガリレイは、金星を惑星として分類したとされています。ガリレイは1610年に金星の最初の正確な観測を実行しました。ガリレオは望遠鏡で惑星を見て、月のものに類似しているその位相を発見しました。この発見は、惑星が太陽を周回し、その逆ではないというコペルニクスの理論を証明しました。金星に関連するもう1つの興味深い発見は、その大気の発見です。

金星の大気は何でできているのですか?

ガス状の金星の大気は、1761年にロシアの科学者のミハイル・ロモノソフによって最初に発見されました。金星の太陽を通過を観察すると、ロモノソフは惑星の周りに光の輪を見つけました。彼は、この現象が厚い金星の大気中の太陽の光線の屈折によって引き起こされるかもしれないと正しく仮定しました。

金星の大気は、96.5%の二酸化炭素、3.5%の窒素、およびその他のガスで構成されています。硫酸と水蒸気で作られた厚い雲が惑星の表面を覆い、金星に到達する太陽光の約70%を反射します。そのため、この惑星はとても明るいのです。金星はどれくらい暑いですか?厚い金星の大気は熱を残しているから、金星の表面の温度は470°Cまたは878°Fです。それが、金星が太陽に最も近い惑星である水星よりも熱い理由です。

厚い雲が金星の表面を隠すので、非常に長い間、人々は金星が地球に似ていると信じていました。この近い惑星は、科学者や天文学者にとって常に興味深いものでした。40基を超える宇宙船が金星を探索してきました。私たちの惑星に近接しているため、金星は常に将来の研究や旅の目的になります。

金星に着くのにどれくらい時間がかかりますか?

この質問に答えるには、まず金星と地球の間の距離をわかる必要があります。金星は地球に最も近い惑星ですが、惑星の間の距離は、太陽の周りの楕円軌道を移動するときに絶えず変化します。584日に1回発生する地球への最も近い接近では、金星と私たちの惑星の間の距離は約4,000万キロメートルになる可能性があります。

惑星間の距離だけでなく、宇宙船の速度と経路も金星への旅の期間を決定します。1962年に金星に送られたNASAのマリナー2号と1970年に打ち上げられたソビエト連邦のベネラ7号は、金星に到達するために4か月もかかりませんでした。

金星についての面白い事実

  • 金星は衛星の数はどれくらいあるんですか? このようないつもんについて多くの初心者の天文学愛好家は思います。実際、金星には衛星がまったくありません!金星と水星は、それらを周回する自然衛星を持たない太陽系の唯一の惑星です。科学者たちは、金星がかつて衝突の結果で形成した衛星を持ったかもしれないと示唆しています。その後、別の衝突でこの衛星が破壊されました。

  • 金星の1日の長さは何ですか? 金星の自転は非常に遅いです。1回だけ回転するのに約243地球日かかります。逆説的に、金星が太陽の周りの軌道を完了するのに225地球日かかるため、金星の1日は金星の1年よりも長くなります。

  • 残念ながら、金星の内部構造 に関する情報はほとんどありません。金星と地球の間のサイズと質量の類似性のために、科学者は惑星が同様の内部があると信じています。金星は、地殻、岩石のマントル、および液体のコアを持っている可能性があります。しかし、コアがしっかりしている場合や、まったく存在しない場合もあります。

  • 金星の大きさ は直径12,104キロメートルです。地球よりわずかに小さいで、太陽に2番目に近い惑星です。また、金星の質量は私たちの惑星の約81%です。

この記事を楽しんで読んでいただき、金星について何か新しいことを学んだことを願っています。ソーシャルメディアで友達と共有して、他の空のオブジェクトについてもっと知りたい場合はお知らせください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する