惑星逆行についてわかりやすく

~4 min
惑星逆行についてわかりやすく

なぜ惑星は時々、逆の方向に動くように見えるのですか?逆の方向の動きは本当に行いますか?水星の逆行を恐れるべきですか?これらの質問に対する回答は、記事に記載されています。

目次

逆行運動を説明しているインフォグラフィックも準備しました。

惑星の逆行の原因を知りたいですか?逆行運動の仕組みについては、このインフォグラフィックをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

逆行の意味

惑星が空でその方向を逆にしているように見えるとき、それは逆行運動と呼ばれます。

地球が太陽の周りを回転するとき、日ごと、週ごとに、空の惑星は通常、太陽と同じ方向、つまり西から東に動きます。天文学者はそれを順行運動と呼んでいます。この動きは、地球の自転によって引き起こされる、東から西に向かう空の惑星や太陽の毎日の動きと混同しないでください。

特定の期間に、惑星は東から西へと逆の方向に動き始めることができます。この西向きの動きは、見かけの逆行運動(英語でapparent retrograde motion)と呼ばれます。

惑星の逆行の理由

逆行運動は、惑星の軌道速度の違いによって引き起こされる目の錯覚です。

例えば、火星です。この外惑星は地球よりも軌道上でゆっくりと移動します。火星を通過するとき、地球がそれよりも速く動いているので、火星は逆の方向に動いているように見えます。高速道路で動きの遅い車を通り過ぎるときにも同じことが起こります。しばらくの間、反対方向に動いているように見えます。

このメカニズムは、すべての外惑星(superior planets)で機能します。地球よりも速く太陽を周回する内惑星(inferior planets)である金星と水星も、定期的に逆の方向に動いているように見えます。しかし、それらの逆行運動の観測は困難です。内惑星が地球を通り過ぎるとき、それは地球と太陽の間に位置するため、太陽の光はそれを目から隠します。

古代の天文学者(特に地球が宇宙の中心にあると思っていた人々)は、逆行現象にかなり戸惑いました。ニコラウス・コペルニクスが地動説モデルを発表した16世紀になって初めて、科学者たちは逆行運動が幻想であることを理解しました。

現在の惑星逆行

とらえどころのない水星の水星は、12月29日から2023年1月18日まで空を「後方」に移動します。その後、水星はさらに3回で逆行します。4月21日から5月14日まで8月23日から9月15日まで、および 12月13日から2024年1月1日までです。

次の太陽系惑星も2022年に逆行します:

  • 土星:6月4日〜10月22日
  • 海王星:6月28日〜12月3日
  • 木星:7月28日〜11月23日
  • 天王星:8月24日〜2023年1月22日
  • 火星:10月30日〜2023年1月12日

2023年に:

  • 土星:6月17日~11月4日
  • 海王星:6月30日~12月6日
  • 金星:7月22日~9月4日
  • 天王星:8月29日~2024年1月27日
  • 木星:9月4日~12月31日

惑星の逆行運動の軌跡をたどりたいと、星空観察アプリのStar Walk 2を使用します。画面の左下隅にある拡大鏡アイコンをタップし、検索フィールドに惑星の名前を入力し、関係ある検索結果をタップします。天体の現在の位置が空に表示されます。タイムマシン機能を使用して、選択した日時の惑星の位置を表示することもできます。

天体の逆行の影響

占星術師は、水星の逆行の時に契約に署名したり、火星の逆行の時に金属製の道具を購入したりしないように警告する場合があります。それらを信じるかどうかはあなたの選択です。

しかし、逆行は、少なくとも科学的な観点からは、日常生活に影響を与える可能性のない単なる幻想であることがわかりました。

逆行運動現象の性質を説明できたと思います。この記事が気に入ったら、友達と共有してください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot