1. ホームページ
  2. 天文ニュース

小惑星の地球衝突のを心配する必要がありますか?

~8 min
小惑星の地球衝突のを心配する必要がありますか?

時々、メディアは、地球に向かっている宇宙からの岩についての何十もの恐ろしい見出しを生み出します。しかし、近い将来に、小惑星が地球に衝突する可能性は本当にありますか?この記事では、潜在的に危険な小惑星に関するよくある質問への回答を見つけることができます。

内容

潜在的に危険な小惑星を定義するもの

潜在的に危険なものとして分類されるためには、小惑星は2つの主要な基準を満たさなければなりません。

まず、地球軌道との最小交差距離(Earth minimum orbit intersection distance, MOID)が0.05AU以下である必要があります。そのような軌道を持つ小惑星は、地球に危険なほど近づくことができます。

次に、絶対等級が22.0以下である必要があります。そのような明るさの最も小さい小惑星は110〜240メートのサイズがあります。それは、衝突の場合に重大の局所的な損傷を引き起こすのに十分です。

小惑星の衝突する確率は、トリノスケールとパレルモスケールの2つのスケールに測定されます。トリノスケールは、将来の小惑星衝突の潜在的なリスクを一般の人々に伝えるために使用されます。この簡単なスケールでは、天体に、衝突確率と可能な衝突の運動エネルギーに基づいて0から10の値が割り当てられます。パレルモスケールは似ていますが、より複雑なスケールで、主にプロの天文学者によって使用されます。

小惑星は地球と衝突すると何が起こるか?

この質問への答えは特定の小惑星のサイズに依存するので、例に目を向けましょう。

  • 6500万年前に地球上で大量絶滅を引き起こしたチクシュルーブ小惑星は、直径約10キロメートルでした。この非常に小惑星は恐竜の時代を終わらせたと思われます。
  • 1908年に空中で爆発してタイガの森の8000万本の木を平らにしたツングスカ小惑星は、直径約100メートルでした。これは、記録された歴史の中で最大の小惑星衝突です。
  • 最後に、2013年に地球の大気圏に入ったチェリャビンスク隕石は直径約20メートルでした。この小惑星は地表にも到達しませんでしたが、それが引き起こした爆発は依然として7000棟以上の建物に損害を与えました。これらの3つの有名な小惑星の詳細については、ビデオをご覧ください

自分で結論を出すことができます。チェリャビンスク隕石のような小さい宇宙の岩でさえ、局所的な損傷を引き起こす可能性があります。1キロメートルを超える小惑星は、長期的な気候変動を引き起こすなど、世界的な影響を与える可能性があります。

潜在的に危険な小惑星はいくつか?

2021年7月現在、天文学者は2189個の潜在的に危険な小惑星を検出しました。そのうち158個は直径1キロメートルを超えています。一番大きい潜在的に危険な小惑星は(53319)1999 JM8と推定されています。その直径は約7kmです。

このデータは、これらの小惑星のすべてが最終的に地球に衝突することを意味するのではなく、衝突する可能性があることだけを強調したいと思います。これらの小惑星はいずれも、今後100年以内に地球衝突のリスクがありません。より具体的な情報は、NASA CNEOSのサイトにあります。そこには、将来起こりうるすべての衝突イベントを要約し、トリノとパレルモのスケールを使用して危険度を提供する表があります。

2021年に小惑星が地球に接近するか?

小惑星がすぐに地球に近づくかどうかを簡単に確認できます。小惑星センターのサイトを開き、メインページの右下にある「Close Approaches」(アプローチ)のリストを見つけます。これには、今後数か月以内に近距離で地球を通過するすべての既知の小惑星が含まれています。小惑星の名前と接近の日付とは別に、小惑星のサイズ(メートル単位)と地球を通過する距離(月の距離単位)を知ることができます。月の距離(LD)は、地球と月の間の平均距離であり、約40万キロメートルに相当します。

特定の小惑星に興味があると、NASAのジェット推進研究所の太陽系小天体を扱う天文学のデータベースを使用できます。小惑星の名前または番号を入力すると、その軌道、物理パラメータ、および発見状況に関する広範な情報が得られます。

小惑星が地球に衝突する可能性はどのくらいか?

そして、最も重要な質問のために:近い将来に小惑星の衝突を経験する可能性は何ですか?NASAによると、局所的な損傷を引き起こす可能性のある100メートルを超える小惑星は、約10000年ごとに地球を襲っています。地球の生命を脅かす可能性のある1キロメートルを超える宇宙の岩石は、数百万年に一度だけやって来ます。

言い換えれば、小惑星によって害を受ける可能性はごくわずかです。それにもかかわらず、準備することは常に良いことです。天文学者が地球の安全を保証するためにとる対策を見てみましょう。

地球近傍小惑星をどのように見つるか?

地球近傍天体(near-Earth object、NEO)の検出に絶えず取り組んでいるプロジェクトはたくさんあります。小惑星や彗星は、地球の軌道の近くを通過します。そのようなプロジェクトのほんの一部に名前を付けましょう。

まず、ATLAS(アトラス)です。これはハワイで構築された小惑星地球衝突最終警報システムです。160 km離れた場所にある2つの0.5メートルの望遠鏡で構成されており、晴れた夜ごとに空を調査します。他のNEOの中で、ATLASは有名なATLAS彗星(C/2019 Y4)を発見しました。

次に、米国アリゾナ州のカタリナ山脈にあるカタリナ・スカイサーベイ(CSS)があります。この天文調査は、潜在的に危険な小惑星の検出と影響リスクの推定に特に焦点を当てています。

地上の望遠鏡とは別に、地球の軌道上で動作する宇宙望遠鏡もあります。これは、地球近傍天体広域赤外線探査衛星、またはNEOWISEと呼ばれます。現在、NEOWISEは地球と衝突する可能性のある小惑星を探しています。その多くの発見の中に、昨年の肉眼のNEOWISE彗星があります。

過去10年間で、地上調査とNASAの宇宙望遠鏡は、何千もの地球近傍天体を検出し、小惑星と彗星の追跡に関する知識に大きく貢献しました。

小惑星が地球に衝突するのをどのように止めることができるか?

では、地球に向かう小惑星があるとしたら、どうすればよいでしょうか?良いニュースは、それを止まる方法が少なくとも1つのもっともらしい考えがあるということです。あまり良くないニュースは、準備が時間がかかるということです。

Double Asteroid Redirection Test:DART(ダート)は、NASAによって計画されている、小惑星の軌道偏向を実験するミッションです。ミッションの目的は二重小惑星ディディモスの小惑星ディモルフォスです。計画によると、DART宇宙船は小惑星ディモルフォス(サイズは約160メートル)に衝突し、その結果、速度と軌道周期が変化します。DART宇宙船は2021年11月に打ち上げられる予定です。

しかし、このミッションが成功したとしても、そのような宇宙船を作るのはたくさん時間がかかります。このような宇宙ミッションは、承認から打ち上げまで数年かかります。これは、天文学者が小惑星が地球に近づく数年(できれば少なくとも10年)前に小惑星を検出しなければならないことを意味します。そのため、できるだけ多くの地球近傍天体を見つけて、それらの軌道を事前に計算することが非常に重要です。

記事を読んでくれてありがとうございます!潜在的に危険な小惑星についての質問のいくつかが未回答のままになっていると、ソーシャルメディアで遠慮なく質問してください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot
Star Walk 2 Free ロゴ

Star Walk 2 Free

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する