次の小惑星はいつ地球に衝突すると予測されているのか?

~18 min

時々、メディアは、地球に向かっている宇宙からの岩についての何十もの恐ろしい見出しを生み出します。しかし、近い将来に、小惑星が地球に衝突する可能性は本当にありますか?この記事では、潜在的に危険な小惑星に関するよくある質問への回答を見つけることができます。

内容

2024年に小惑星が地球に衝突する?

2024年に地球に接近する小惑星の一覧です。そのうちの2つは、地球と衝突する可能性があります

2024年2月17日:2020 BX12

  • 大きさ:~165メートル
  • 等級:20.7
  • 接近距離:0.34 AU
  • 説明:2020 BX12はアポログループの二重小惑星で、潜在的に危険な天体に分類されます。2020年1月27日に初めて観測され、まもなく小惑星を周回する衛星も発見されました。衛星の直径は約70メートルで、この連星系の主成分の半分以下の大きさです。

2024年10月3日:2007 FT3

  • 大きさ:~340メートル
  • 等級:20.0
  • 接近距離:~1.7 AU
  • 説明:2007 FT3は、いわゆる「失われた「小惑星です。2007年3月20日に最初に観測されたが、今日の観測者はもう見つけることができません。ある試算によると、2024年10月、この小惑星が地球に衝突する確率は1100万分の1です。しかし、NASAの専門家は心配することはないと言っています

2024年10月8日:2011 MD

  • 大きさ:~6メートル
  • 等級:28.0
  • 接近距離:0.15 AU
  • 説明:2024年10月、微小小惑星2011 MDが今年2回目、最後の地球に接近します(最初の接近は2月)。地球に脅威を与えることはありません。

2024年12月17日:2022 YO1

  • 大きさ:~3メートル
  • 等級:20.8
  • 接近距離:0.0055 AU
  • 説明:2022 YO1はアポログループの小惑星です。2022年12月17日に初めて観測されました。2024年12月、小惑星2022 YO1は430分の1の確率で地球に衝突します。しかし、小惑星が地球の大気圏に突入したとしても、明るい火球として爆発する可能性が高く、地上の物体に害を与えることはありません。

地球に接近する小惑星に関する最新ニュースはどこで読めるか?

小惑星がすぐに地球に近づくかどうかを簡単に確認できます。小惑星センターのサイトを開き、メインページの右下にある「Close Approaches」(アプローチ)のリストを見つけます。これには、今後数か月以内に近距離で地球を通過するすべての既知の小惑星が含まれています。小惑星の名前と接近の日付とは別に、小惑星のサイズ(メートル単位)と地球を通過する距離(月の距離単位)を知ることができます。月の距離(LD)は、地球と月の間の平均距離であり、約40万キロメートルに相当します。

NASAの小惑星の観測(Asteroid Watch Dashboard)も同様の情報を提供していますが、小惑星の大きさを想像しやすくするための視覚的な参照が含まれています。5つの今後の接近のみが表示されることに注意してください。

特定の小惑星に興味があると、NASAのジェット推進研究所の太陽系小天体を扱う天文学のデータベースを使用できます。小惑星の名前または番号を入力すると、その軌道、物理パラメータ、および発見状況に関する広範な情報が得られます。

Sky Tonightアプリを使用して、小惑星の位置を追跡できます。拡大鏡アイコンをタップし、検索バーにその名前を入力します。小惑星が検索結果に表示されたら、名前の横にある青いターゲットのアイコンをタップします。Sky Tonightは、空における小惑星の現在位置を表示します。

小惑星が地球に衝突する確率は?

天文学者の観点からは、天体間の衝突は正常です。そして、それらがかなり頻繁に発生することに驚くかもしれません。小さな小惑星(直径約1m)が2週間ごとに地球に衝突します。ご覧のとおり、特別なことは何も起こりません

しかし、大きな小惑星は世界的な大惨事を引き起こす可能性があります。大量の塵と灰が空に舞い上がり、数年間太陽を遮ります。作物の不作と森林火災が始まり、大規模な飢饉が発生します。 幸いなことに、NASAによると、局所的な損傷を引き起こす可能性のある100 メートルを超える小惑星が約10,000年ごとに地球に衝突します。地球上の生命を脅かす可能性のある1キロメートルを超える宇宙の岩石は、数百万年に1度しか出現しません。言い換えれば、あなたが一生のうちに小惑星に襲われる可能性は非常に低いということです。とはいえ、常に準備をしておくのは良いことです。天文学者が地球の安全を保証するために取っている対策を見てみましょう。そして、インフォグラフィックをチェックして、小惑星の衝突で死亡する確率を他の原因と比較して確認してください。

Dangerous Asteroids 101
地球に向かう小惑星はありますか?どのくらいの大きさの小惑星が都市を破壊しますか?このインフォグラフィックをチェックして、危険な小惑星に関するおもしろい事実を学んでください。
インフォグラフィックを見る

危険な小惑星と危険でない小惑星の区別する方法

100 万個以上の小惑星が発見されていますが、そのすべてが心配に値するわけではありません 科学者は、潜在的に危険な小惑星に特別な注意を払います。潜在的に危険なものとして分類されるためには、小惑星は2つの主要な基準を満たさなければなりません。

  • まず、地球軌道との最小交差距離(Earth minimum orbit intersection distance, MOID)が0.05AU以下である必要があります。そのような軌道を持つ小惑星は、地球に危険なほど近づくことができます。

  • 次に、絶対等級が22.0以下である必要があります。そのような明るさの最も小さい小惑星は110〜240メートのサイズがあります。それは、衝突の場合に重大の局所的な損傷を引き起こすのに十分です。

小惑星の衝突する確率は、トリノスケールとパレルモスケールの2つのスケールに測定されます。**トリノスケールは、将来の小惑星衝突の潜在的なリスクを一般の人々に伝えるために使用されます。この簡単なスケールでは、天体に、衝突確率と可能な衝突の運動エネルギーに基づいて0から10の値が割り当てられます。パレルモスケール**は似ていますが、より複雑なスケールで、主にプロの天文学者によって使用されます。

天体の軌道は、太陽、惑星、その他の小惑星の重力の影響を受けて変化しています。したがって、小惑星が潜在的に危険であるというラベルが付けられるとすぐに、科学者はそれを追跡し、高精度の計算を実行します。小惑星を10年間観測すると、その軌道は200年先に計算できます

危険な小惑星の大きさは?

前に述べたように、すべての小惑星の衝突が災害につながるわけではありません。では、どのくらいの大きさの小惑星が深刻な損傷を引き起こす可能性があるのでしょうか?この質問への答えは特定の小惑星のサイズに依存するので、例に目を向けましょう。

  • 6500万年前に地球上で大量絶滅を引き起こしたチクシュルーブ小惑星は、直径約10キロメートルでした。この非常に小惑星は恐竜の時代を終わらせたと思われます。
  • 1908年に空中で爆発してタイガの森の8000万本の木を平らにしたツングスカ小惑星は、直径約100メートルでした。これは、記録された歴史の中で最大の小惑星衝突です。
  • 最後に、2013年に地球の大気圏に入ったチェリャビンスク隕石は直径約20メートルでした。この小惑星は地表にも到達しませんでしたが、それが引き起こした爆発は依然として7000棟以上の建物に損害を与えました。これらの3つの有名な小惑星の詳細については、ビデオをご覧ください

自分で結論を出すことができます。チェリャビンスク隕石のような小さい宇宙の岩でさえ、局所的な損傷を引き起こす可能性があります。1キロメートルを超える小惑星は、長期的な気候変動を引き起こすなど、世界的な影響を与える可能性があります。視覚的な理解を深めるために、小惑星のサイズと影響の可能性を比較するインフォグラフィックを見ます

Dangerous Asteroids 101
地球に向かう小惑星はありますか?どのくらいの大きさの小惑星が都市を破壊しますか?このインフォグラフィックをチェックして、危険な小惑星に関するおもしろい事実を学んでください。
インフォグラフィックを見る

潜在的に危険な小惑星はいくつか?

2024年1月現在、天文学者は2,394個の潜在的に危険な小惑星を検出しており、そのうち153個は直径1km以上の大きさです。一番大きい潜在的に危険な小惑星は(53319)1999 JM8と推定されています。その直径は約7kmです。

このデータは、これらの小惑星のすべてが最終的に地球に衝突することを意味するのではなく、衝突する可能性があることだけを強調したいと思います。これらの小惑星はいずれも、今後100年以内に地球衝突のリスクがありません。より具体的な情報は、NASA CNEOSのサイトにあります。そこには、将来起こりうるすべての衝突イベントを要約し、トリノとパレルモのスケールを使用して危険度を提供する表があります。

地球近傍小惑星をどのように見つけるか?

過去30年間、人間は地球に近い小惑星の発見に大きな進歩を遂げてきました。天文学者はほぼ毎日、新しい小惑星を報告しています。地球近傍天体(near-Earth object、NEO)の検出に絶えず取り組んでいるプロジェクトはたくさんあります。小惑星や彗星は、地球の軌道の近くを通過します。そのようなプロジェクトのほんの一部に名前を付けましょう。

  • まず、ATLAS(アトラス)です。これはハワイで構築された小惑星地球衝突最終警報システムです。160 km離れた場所にある2つの0.5メートルの望遠鏡で構成されており、晴れた夜ごとに空を調査します。他のNEOの中で、ATLASは有名なATLAS彗星(C/2019 Y4)を発見しました。

  • 次に、米国アリゾナ州のカタリナ山脈にあるカタリナ・スカイサーベイ(CSS)があります。この天文調査は、潜在的に危険な小惑星の検出と影響リスクの推定に特に焦点を当てています。

  • 地上の望遠鏡とは別に、地球の軌道上で動作する宇宙望遠鏡もあります。これは、地球近傍天体広域赤外線探査衛星、またはNEOWISEと呼ばれます。現在、NEOWISEは地球と衝突する可能性のある小惑星を探しています。その多くの発見の中に、肉眼のNEOWISE彗星があります。

過去10年間で、地上調査とNASAの宇宙望遠鏡は、何千もの地球近傍天体を検出し、小惑星と彗星の追跡に関する知識に大きく貢献しました。最近のデータによると、地球に近い小惑星の90%以上で、直径1 kmを超える(地球規模で影響を与えるのに十分な大きさ)がすでに発見されています。しかし、小さな小惑星の約半分は、すでに地球を通過した後にしか発見されません。**天文学者は、2023年1月に地球を通り過ぎた小惑星2023 BUで起こったように、地球に接近する数日前に小惑星に気付くことがあります。現時点では、それが私たちにできる最善のことです。

小惑星が地球に衝突するのを防ぐ方法

では、地球に向かう小惑星があるとしたら、どうすればよいでしょうか?科学者たちは地球を守る方法に取り組んでいます。幸いなことに、考えられる解決策は多数あり、そのうちの少なくとも1つは既にテスト済みです。しかし、準備が時間がかかるということです。普通、宇宙ミッションは、承認から打ち上げまで数年かかります。これは、天文学者が小惑星が地球に近づく数年(できれば少なくとも10年)前に小惑星を検出しなければならないことを意味します。そのため、できるだけ多くの地球近傍天体を見つけて、それらの軌道を事前に計算することが非常に重要です。現時点での影響を回避する方法に関するいくつかのアイデアを次に示します。

ダート

**Double Asteroid Redirection Test (DART/ダート)**は、小惑星の衝突を防ぐ技術をテストしたNASAのミッションです。ミッションのターゲットだった小惑星ディモルフォスは、バイナリの地球の近くにある小惑星ディディモスの小衛星です。2022年9月、DART (探査機) は小衛星に衝突し (サイズは約160メートル)、速度と軌道周期を変更しました。このミッションは、今後も危険をはらむ宇宙の岩石の衝突を防止できることを証しました。

重力トラクター

この方法では、小惑星に数年間同行し、その引力を利用して小惑星を軌道からゆっくりと引き離す探査機を使用します。「重力トラクター」は、あらゆる形状や組成の小惑星を扱うことができます。それらは高度に制御可能であるため、小惑星を安全な軌道に乗せることができます。ただし、地球に最大の脅威をもたらす最大の小惑星(直径500メートル以上)を引っ張ることができない可能性があります。

スプレーペイント

小惑星の偏向に関して言えば、ペイントはすぐに思いつくものとは異なります。ただし、このアイデアは、ヤルコフスキー効果として知られる現実世界の現象に基づいています。これは、太陽光が小惑星の軌道にどのように影響するかを説明しています。つまり、暗い表面は反射が少なくなり、明るい表面は反射が多くなる傾向があります。小惑星が発する光の量を変えることで、その進路を変えることができます。この方法は精度に欠けており、目立った効果が現れるまでには数年、場合によっては数十年かかるでしょう。一方、何か問題が発生した場合、科学者は再計算して再試行するのに十分な時間があります。

核兵器

小惑星が地球に衝突しようとしているとき、核爆弾は土壇場での選択になる可能性があり、他のオプションを展開する時間は残っていません。アイデアは、小惑星から適切な距離(表面ではなく)で核爆発物を爆破して、現在の経路から小惑星を押し出すことです。長所は、既存の技術を使用してミッションを比較的迅速に実施できることです。ロケットに核弾頭を搭載し、従来の発射台から発射することができます。 短所は、小惑星が粉々に砕ける可能性があり、さらに大きな損傷を引き起こす可能性があることです。

小惑星について多くのことを学んだので、クイズで知識をテストしてください。

Jupiter's Trojan asteroids
小惑星は環を持つことができますか?「ジェームズ・ボンド」と呼ばれる小惑星はありますか?このクイズに答えて、小惑星についての知識を深めましょう。
クイズをスタート!

2046年、小惑星は地球に衝突するの?

最近、小惑星「2023 DW」が2046年2月14日、つまり23年後にバレンタインデーに地球に衝突する可能性があるというニュースが世界で話題になっています。現時点で小惑星について知っていることをすべてまとめて、衝突の可能性を見てみましょう。

地球に向かっている小惑星2023 DW

小惑星「2023 DW」は2023年2月26日に発見されました。NASAによると、直径は約50メートルで、アメリカンのサッカー場とほぼ同じ幅です。秒速25 km/sの速度で移動しており、271日で太陽の周りを1周します。2046年2月14日に予測された可能性のある衝突に加えて、2047年から2054年の間に9つの他の潜在的な接近アプローチがあります。

小惑星は欧州宇宙機関のリスクのリストに追加されました。これは、おそらく地球に衝突する可能性のあるオブジェクトのカタログです。今のところ、2023 DWはトリノスケールがレベル1と評価されている唯一の小惑星です。他の1,450個の小惑星はレベル0です。どういう意味ですか?

小惑星2023 DWが地球に衝突するとどうなるのか?

2023 DWのトリノのレベルが1であるという事実は、小惑星が「異常なレベルの危険をもたらさない定期的な発見」であることを意味します。たとえ地球に衝突しても、地球規模の大惨事にはなりません。ただし、そのサイズの小惑星は、重大な局所的損傷を引き起こす可能性があります。例えば、2013年にロシアのチェリャビンスクで爆発した宇宙の岩石は、2023 DWの半分の大きさしかありませんでした。それでも、それは衝撃波を引き起こし、窓を吹き飛ばし、近くの6つの都市の建物を損傷しました。約1,500人が負傷した。小惑星「2023 DW」の場合、破壊の規模は原子爆弾の爆発に匹敵する可能性があります。

小惑星2023 DWは2046年に地球に衝突するのか?

リスクのリストの第1位であるにもかかわらず、2023 DWが地球に衝突する可能性は非常に低いです。NASAよると、衝突の推定確率は360分の1であり、その数は常に変化しています。研究者はより多くのデータを取得します。楽観的には、数週間で最終的に衝突の可能性を排除(または確認)することが可能になります。天文学者は、地球に接近する可能性のある他の多くの小惑星と同様に、2023 DWを監視し続けています。読み続けて、近い将来の潜在的な影響リスクについて詳しく学んでください。

結論

2024年、少なくとも2つの小惑星が地球に衝突する可能性があります。それは10月の2007 FT3と12月の2022 YO1です。しかし、天文学者によれば、どちらも私たちに脅威を与えるものではないといいます。今のところ心配することは何もないので、Sky Tonightを介して最も明るい小惑星を追跡し、地球に衝突することを恐れずに観察することができます。

テキストクレジット:
Trustpilot