惑星が見頃:衝とは?

~8 min
惑星が見頃:衝とは?

天文学で、は、太陽系の惑星やその他の天体のほとんどを観察するのに最適な時期です。衝の周り、惑星たちは、夜空で最も大きくて明るい状態で表示されます。衝についてもっと調べて、惑星や小惑星を見るのに最適な日付を見つけます。

内容

衝とは?

天文学で、衝とは、惑星が太陽から地球の反対側にあることを意味します。地球の観測者にとって、衝の惑星は空に太陽から正確に180度の位置にあります。つまり、太陽が西に沈むと、惑星は東に現れます。惑星と同じように、彗星、小惑星、およびその他の太陽系天体が衝になる可能性があります。衝の例は満月です。このイベントの間、月の円盤は太陽の反対側にあるため、太陽の光に完全に照らされます。

地球から見ると、何の惑星は衝になることができる?

衝は、地球が太陽と他の天体の間にある場合にのみ発生する可能性があるため、地球よりも太陽から離れた惑星のみは衝になることができます。これは、火星、木星、土星、天王星、海王星です。

惑星の衝は、地球が太陽に対して適切な構成に達すると、ほぼ毎年発生します。唯一の例外は火星です。火星の軌道と軌道速度は地球に似ているため、地球が火星を「追い越す」のは約27か月に1回だけです。そのため、火星衝は約2〜3年に1回しか発生しません。水星と金星は地球の軌道の内側に位置しているため、これらが衝になることはありません。

衝になる惑星を見る方法

衝の惑星を見つけるには、日没とは反対の方向を見ます。惑星は、衝の瞬間の周りの数週間、良い場所に配置されます。そのため、現在地の天気予報を確認し、衝に近くで空が澄んでいる夜を見つけ、外に出て明るい惑星を観察します。

衝では、ほとんどの惑星を肉眼で見つけることができますが、双眼鏡や望遠鏡でよりよく見ることができます。例えば、小さな4インチの望遠鏡では、カッシーニの間隙と一緒に土星の環を見ることができます。星空アプリSky Tonightを使って、自分の場所のために惑星が昇る位置や明るさを確認できます。このアプリには、天文イベントのカレンダーと夜空の詳細な地図が組み込まれています。

惑星の衝が興味深いのはなぜ?

衝は、惑星や他の天体を見るのに最適な時期です。その時、天体は太陽に完全に照らされ、空で明るく輝きます。さらに、惑星の衝は、惑星が最大の状態で現れるときに、惑星が地球に最も接近する近くで発生します。火星は、地球に最も近い外惑星であるため、最も大きいサイズの変化があります。衝が私たちに天体観測の時間を十分に与えてくれることです!天体は一晩中見えており、真夜中の空によく配置されています。小惑星やその他の微光の太陽系天体がしばしば衝の時に発見されることは偶然ではありません。

今後の惑星の衝

これは、次の月の惑星の衝のリストです。すべての天体イベントの完全なカレンダーは、星空アプリSky Tonightで入手できます。

9月17日:海王星が衝

海王星は日本時間の9月17日、午前6時03分(グリニッジ標準時の9月16日、21:03)に衝になります。惑星はみずがめ座で等級7.81で輝きます。空で、海王星の円盤のサイズは2.4秒角になります。海王星は小さすぎて薄暗いため、肉眼では見つけることができないため、望遠鏡または強力な双眼鏡で海王星を観察することをお勧めします。

9月27日:木星が衝

日本時間の9月27日、午前3時03分(グリニッジ標準時の9月26日、18:03)に木星の衝を楽しみます。惑星はうお座で-2.94の等級になります。その視覚的なサイズは48.8秒角に達します。木星は肉眼でも十分に大きく明るいですが、双眼鏡や小さな望遠鏡を使ってもっとよく見ることができます。

11月9日:天王星が衝

天王星は日本時間の11月9日、午後5時41分(グリニッジ標準時の8:41)に衝になります。おひつじ座では、等級5.64で輝いている惑星を見られます。そのサイズは、最大で3.8秒角になります。澄んだ空と良い視力があれば、肉眼で惑星を見つけることができますが、双眼鏡または小さな望遠鏡を使用すると、より良いビューが得られます。

12月8日:火星が衝

日本時間の12月8日、午後1時24分(グリニッジ標準時の4:24)に、2022年で最後かつ最も壮観な惑星の衝が起こります。火星(等級-1.87)は、おうし座で最大かつ最も明るく輝きます。惑星の円盤サイズは17.0秒角になります。肉眼でもよく見えますが、双眼鏡や望遠鏡があると、火星の表面を探索するチャンスがあります。新しいインフォグラフィックで2022年火星衝の詳細をご覧ください。

火星を見るのは楽しいですか?それから、2022年12月の衝で火星を見ます。今年の12月は2025年まで赤い惑星を観察するのに最適な時期である理由をご説明します。
インフォグラフィックを見る

小惑星の衝

惑星だけでなく、彗星、小惑星、その他の太陽系天体も衝になる可能性があります。このようなイベントは見るのが難しいため、経験豊富な天文学者向けです。今後の小惑星の衝のリストは次のとおりです。

  • 日本時間の8月22日、午後8時58分:小惑星ベスタ(等級6.1)、みずがめ座;
  • 日本時間の9月8日、午前4時10分:小惑星ジュノー(等級7.8)、みずがめ座;
  • 日本時間の11月13日、午前1時46分:小惑星エウテルペ(等級8.8)おひつじ座;
  • 日本時間の11月19日、午後8時58分:小惑星テューラ(等級9.7)、ペルセウス座;
  • 日本時間の11月22日、午後8時58分:小惑星バンベルガ(等級9.1)、ペルセウス座;
  • 日本時間の11月29日、午後6時34分:小惑星ウーラニアー(等級9.6)、おうし座;
  • 日本時間の12月1日、午後11時34分:小惑星デンボウスカ(等級9.7)、おうし座。

衝は、小惑星の観測にとって最高の時期でもあります。新しい小惑星を発見したい場合は、夜に太陽と反対の方向を見たほうがいいです。運がいいかもしれません!

よくある質問

現在、何の惑星は衝にあります?

海王星は2022年9月17日に衝になります。木星はそれに続き、9月27日に衝になります。惑星たちは1か月間、一晩中空に輝いています。

惑星衝はどのくらいの頻度で発生しますか?

惑星衝は、地球が太陽と惑星の間を通過するときに発生します。それは、外惑星のために毎年起こります。唯一の例外は、火星の衝です。火星は地球に非常に近く、その軌道と軌道速度は地球に似ているため、地球は火星と太陽の間を27か月に1回しか通過できず、約2~3年で1回の火星の衝が発生します。

衝はどのくらい続きますか?

惑星は正確な瞬間に衝にありますが、衝の期間は数週間続きます。その頃の都合の良い日に惑星を観測することができます。惑星は日没直後に太陽の反対側から昇り、真夜中に最高点に達し、明け方に沈みます。

天文学における衝の反対は何ですか?

天文学における衝の反対は合です。惑星と太陽が合になる間、惑星は空で太陽に最も近い距離にあります。太陽が視界を遮るため、惑星を観察するのが最も難しい時期です。しかし、太陽が関与しない他の合もあります。例えば、惑星の合月・惑星の合です。それらのイベントは観察するのがとても面白いです!

結論:衝の周りでは惑星が最も大きくて明るく輝き、一晩中見えるから、衝は惑星を観察するのに最適な時期です。惑星を楽しむために衝の瞬間を正確に捉える必要ではありません。街の明かりから離れた都合の良い時間を選んで、衝の惑星の美しさを楽します!

この記事が気に入ったら、SNSでお友達と共有してください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot