地球は丸いことを証明する7つの方法

~6 min
地球は丸いことを証明する7つの方法

私たちは奇妙な時代に生きています。ほんの数年で火星に宇宙飛行士を送る準備をしている人もいますが、地球が丸いとは思わない人もいます。「地球平面説」の存在自体は落胆しますが、批判的思考の演習として使用したいと思います。地球は平らではないことを自分で証明ことができますか?もちろん、できます!この記事では、方法を説明します。

1. 月食を観察

月食は、地球が太陽と月の間に来て、月に影を落とすときに発生します。月食の時、地球の影を見ると、円の一部のように湾曲していることがわかります。さらに、月の地球の影はすべての月食で常に円形であり、地球の自転によって変化することはありません。オブジェクトの向きに関係なく、毎回完全に円形の影を作る唯一の形状は球です。

地球の平らなディスクでも丸い影ができると主張する人がいるかもしれません。それは本当ですが、特定の照明角度でのみ、太陽の光線に垂直な場合に限ります。しかし、この場合、太陽は平らな円盤の下に配置する必要がありますが、地球平面論者は、太陽が常にその上に浮かんで、スポットライトのように輝いていると主張しています

月食をよりよくわかるには、ビデオをご覧ください

2. 地平線上の船を観測

双眼鏡を持って、海岸に行き、船が出航するのを見ます。地球が平らであるならば、全体の船は常に視界にとどまり、それはどんどん小さくなっていくでしょう。ただし、実際には、船が地平線の下に徐々に消えて、地平線の下に消える最後のものは船のマストの上部です。これの理由は地球の丸い形です。

3. 星座を観察

他の半球に住んでいる友達がいる場合は、次のようにします。空を見上げて、いくつかの星座を見つけてから、友達にどの星座が見えるか尋ねます。特定の星座は、地球の半球の1つからしか見えないことがわかります。例えば、北斗七星はオーストラリアからは見えず、サザンクロス(Southern Cross)はアメリカのほとんどからは見えません。

これは、地球の曲率が星座の一部を目から隠しているために発生します。地球が平らな円盤であれば、誰もが同じ星座のセットを見るでしょう。

4. 時間帯について考える

ニューヨークの時間が北京の時間と12時間違うのはなぜですか?問題は、ニューヨークが太陽に照らされているとき、地球の反対側、つまり北京が位置する場所は完全に暗いということです。これは、地球がその軸を中心に回転する球体であるために発生します。

地球平面論者は、太陽がスポットライトのように輝き、特定の場所にのみ光を放射するため、平らな地球のモデルでタイムゾーンも可能性あると主張しています。ただし、この場合、常に空の太陽を見ることができるはずです。実際には、夜は太陽が見えないため、このモデルは明らかに正しくありません。

5. オブジェクトの影を測定

この実験では、少なくとも数キロ離れた場所に住んでいる友人が必要です。晴れた日には、二人で同じ棒を取り、同じ瞬間に棒を地面の中に入り、影の長さを測定する必要があります。影の長さが異なることがわかります。

この理由もまた、地球の曲率です。棒が十分に離れているので、日光がさまざまな角度で棒に当たります。地球平面論者の「スポットライト太陽」のコンセプトもこの現象を説明している可能性がありますが、このコンセプトが無効である理由についてすでに説明しました。

6. 飛行機路線をチェック

例えば、チリのサンティアゴからオーストラリアのシドニーへのフライトを見てみましょう。平らな地球上で、最も短い路線は次のようになります。飛行機は南アメリカ全体、北アメリカ全体を横断し、その後、海を越えてシドニーに到達する必要があります。実際に、商用飛行機は太平洋を渡るだけでサンティアゴからシドニーに飛びます。

7. 他の惑星を見る

興味深い事実:太陽系には平らな惑星はありません。望遠鏡を使って、金星、火星、木星、土星を観測することができます。これらの惑星の物理的性質は大きく異なりますが、それらはすべて球形です。なぜ地球の形は太陽系の他の惑星と異なるのでしょうか?この議論はフラットアーサー(地球平面論者)を納得させることはできないかもしれませんが、とにかく考える価値があります。

ボーナス:宇宙からの画像を観察

1957年のスプートニク1号の打ち上げ以来、科学者たちは、宇宙飛行士が絶えず働いている国際宇宙ステーションを含む、無数の探査機と衛星を宇宙に送りました。その結果、人々はたくさんの地球の高画質な画像を受け取りました。これらの写真では、地球が球体であることがはっきりとわかります。

地球平面論者に対して少なくとも7つの議論が用意されました。この記事が気に入ったら、ソーシャルメディアで友達と共有してください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot