【満月いつ】2024年3月25日(月)はワームムーン

~7 min
主題:

2023年の3番目の満月の日付は3月25日です。ワームムーンとして知られ、その独特の名前で多くの疑問を投げかけます。今日の記事では、この満月の名前の意味を説明し、それを観察するのに最適な時期を説明します。

目次

2024年3月満月はいつ?

今月、月は2024年3月25日の日本時間16:00(グリニッジ標準時07:00)に満月になります。おとめ座に位置します。満月は現地時間の真夜中頃に空の最高点に登ります。しかし、月が地平線から完全に昇った直後に観測を開始して方がいいです。現時点では、月は通常より大きく見え、色はオレンジ色に見えます

満月は何日くらい続くのか?

上記の満月の時間は、月と太陽が地球の反対側に位置合わせされ、月が太陽によって100%照らされる時間です。しかし、月がこの瞬間を過ぎた後でも、それは肉眼では空の完全な円のように見えます。したがって、この場合、タイミングはそれほど重要ではありません。3月25日頃の数夜に、月の丸い円盤を見ることができます。

2024年3月の月の位相

さまざまな月の位相は、さまざまな種類の観測に適しています。満月は最も明るく輝きますが、逆に新月は星の視界を妨げず、望遠鏡で月の特徴を観察するには上弦と下弦が最適です。2024年3月の月の位相は、日本時間で次のとおりです。

  • 下弦:3月4日00:24(3月3日15:24 GMT)
  • 新月:3月10日18:00(09:00 GMT)
  • 上弦:3月17日13:11 (04:11 GMT)
  • 満月:3月25日16:00(07:00 GMT)

今夜の月の近くにある明るい点は何?

3月25日、満月はおとめ座の明るい星スピカ(1.0等星)にほど近い位置にあります。その後、月はさそり座の方へ移動し、3月30~31日には明るい星アンタレス(1.1等星)に大接近します。

天文アプリSky Tonightを使用して、月が現在どの星や惑星と出会うかを知ることができます。アプリを起動して、デバイスを空に向けるだけです。次に、大きな青いボタンをタップして拡張現実モードをオンにすると、デバイスのカメラからの画像にスカイマップがオーバーレイされます。空にある天体の名前を知るには、画面上の対応するドットをタップするだけです。視覚的な表現については、短いビデオ チュートリアルをご覧ください。

今月、月の近くを通過する惑星について知りたい場合は、毎月更新される記事をチェックできます。そこにすべての月と惑星の今後の合をリストします。

ワームムーンとは?

満月の名前は、それらが発生する月の特性を教えてくれます。例えば、アメリカとヨーロッパでは、3月の満月は「ワームムーン」(英語:Worm Moon)と呼ばれ、「いも虫の月」を意味します。これは、今月、やく暖まる土に虫が現れ始めます。ちなみに、ワームはロビンや他の鳥を引き付けます。これらは本当に春の兆候です!3月の満月の2週間後に目撃するもう1つの「春の兆候」は、3月の分点です。天文学的に言えば、それは北半球の春の最初の日を示します。

2024年のパシュカル・ムーン

今年の3月の満月は、3月20日の3月分後の最初の満月であるため、パシュカル・ムーン(英語:Paschal Moon)とも呼ばれます。キリスト教の祝日である復活祭は、常に牧神の満月の次の最初の日曜日に行われるが、2024年の復活祭は3月31日に行われます。

3月満月の他の名前

3月の満月には他にどのような名前がありますか?さまざまな文化でどのように呼ばれるかの例を次に示します:

  • 中国人:眠そうな月
  • セルティック:風の月
  • ウィッカ:貞淑な月
  • チェロキー:風の強い月
  • 南半球:ハーベストムーン、コーンムーン

カラフルなインフォグラフィックから他の満月の名前を学びましょう。

満月カレンダー2024年
2024年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

2024年最後のマイクロムーン

マイクロムーンは、満月が遠地点(月が地球から最も遠ざかる点)と重なるときに起こります。この天体現象は、月がいつもより少し小さく見えることを意味します。元NASAの天体物理学者フレッド・エスペナックが作成したカレンダーによると、2024年3月の満月は、今年2番目で最後のマイクロムーンになります。スーパームーンやマイクロムーンと普通の月の視覚的な比較については、スーパームーンとマイクロムーンのインフォグラフィックを参照してください。

Supermoons & Micromoons
スーパームーンとマイクロムーンとは何ですか?最も大きくて明るい満月を観測できるのはいつですか?このインフォグラフィックで説明します!
インフォグラフィックを見る

2024年の半影月食

今年のワームムーンは半影月食と重なります。月食の間、月面の98%が地球の半影に覆われます。月食の最大期は、日本時間3月25日16:13(07:13GMT)に起こります。月食は南北アメリカ、アジア北東部、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアの多くの地域で見ることができる。Eclipse Guide appを使って、現在地で月食が見られるかどうかを調べることができます。

次の満月はいつ?

「ピンクムーン」として知られる次の満月は、2023年4月24日08:49(4月23日23:49 GMT)に開催されます。この名前の背後にあるストーリーを説明し、日付に近い他の有用な情報を提供します。

次のワームムーンはいつ?

ワームムーンは3月の満月の伝統的な名前であるため、2024年3月25日以降の次のワームムーンは2025年3月14日15:55(06:55 GMT)に発生します。

Worm Moon 2024: Key takeaways

2024年3月、満月は3月25日の日本時間16:00(グリニッジ標準時07:00)に起こります。この満月は伝統的に「ワームムーン」と呼ばれるが、今年は3月の彼岸の後に起こるため、「パシュカル・フルムーン」とも呼ばれます。さらに2024年、この満月は半影月食と重なり、今年2番目で最後のマイクロムーンとなります。Sky Tonightアプリを使用して、お住まいの地域で満月がいつ昇るかを確認し、SNSでフォローして、天文学の最新情報を入手してください。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
主題:
Trustpilot