月の錯視:月がなぜ大きく見えるのか?

~10 min
月の錯視:月がなぜ大きく見えるのか?

地平線の低くにある巨大な月が魅力的です。しかし、その美しさの一部は単なる視覚的なトリックです。人類は、紀元前4世紀以来、月の錯視の謎について熟考してきました。では、月の錯視についてもっと学びましょう。

内容

今夜、月がなぜ大きく見えるの?

月が大きく見えるのには、次の2つの理由があります。

  1. スーパー満月です。これは地球に最接近時またはその近くの満月です。
  2. 月の錯視です。月が地平線上に低いときに月が大きく見える目の錯覚です。

最初の理由の詳細については、スーパームーンのガイドを読むことができます。ここでは、月の錯視についてご説明します。

月の錯視とは?

月の錯視は、月が天頂にあるときよりも地平線に近いときに大きく見える目の錯視です。太陽と星座もこの影響を受けます。この錯視は古代ギリシャの哲学者アリストテレスによって「気象論」(西暦前350年)で最初に言及され、現象を[光の反射]に帰した。しかし、今までも、月の錯視について一貫した説明はありません。

大きい月が錯視であることを証明する方法

月の錯視について確実にわかっていることの1つは、それが実際ではないということです。確認する方法は次のとおりです。

  • 同じカメラ設定で、地平線の近くある大きい月と天頂にある小さい月の写真を撮ります。2枚の写真を見比べてみると、大きさに違いはありません。写真で月を巨大に見せる方法については後で説明します。
  • 地平線の近くある大きい月がサイズに合うように、紙を丸めてテープで留めます。月が空高く昇るのを待ち、紙管を通してもう一度月を見ます。月の円盤が同じ空間を満たしていることがわかります。
  • 月の錯視を証明する最も楽しい方法は、足の間を振り返ってみることです。そのため、脳は月の周囲の物体をなじみのあるものとして認識せず、したがって、錯視を起こしません。

錯視を打ち破るために、低い月と天頂の月を比較する必要さえありません。紙管を通して、または撮影した写真で「巨大な」月を見ると、すぐにがっかりするでしょう。なぜなら、錯視は、月とその周囲をリアルタイムで見た場合にのみ機能するからです。

月の錯視の理論

月は目の錯視で大きく見えますが、問題は、どちらの錯視は理由ですか?確実な答えはまだないため、科学者たちはそれを探し続けています。いくつかの一般的な理論を見てみましょう。

古代から理論:大気の拡大

紀元前4世紀、アリストテレスは天体が地平線の近くで大きく見えることに言及しました。アリストテレスは、地球の大気が水のレンズのように作用し、低く垂れ下がった月、太陽、星の像を拡大していると考えました。ギリシア・エジプトの天文学者プトレマイオスとギリシャの天文学者クレオメデスは、西暦2世紀に同様の理論を考えました。

扁平ドームの理論

11世紀、アラブの学者ハサン・イブン・アル・ハイサムは、空を半球としてではなく平らなドームとして知覚するという理論を提案しました。この考えによれば、空の最高点までの距離は、地平線までの距離よりもはるかに短く見えます。そのため、月の円盤は天頂に近く、より小さく見えますが、低い月は遠くに見えるため、より大きくなっていると推測されます。人間の脳は、月の距離が空の位置からあまり変わらないことを理解できません。

エビングハウス錯視

1890年代にドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスによって発見された錯覚によると、人々は文脈に応じてオブジェクトのサイズを知覚します。典型的な図は2つの円を示しています。1つ目の円は大きな円たちで囲まれ、2つ目の円は小さな円たちで囲まれています。円のサイズは同じですが、最初の円は小さく見えます。月の錯視について言えば、月は広大な天空にある月よりも、木や家、山に囲まれていると大きく見えることがあります。

ポンゾ錯視

イタリアの心理学者マリオ・ポンゾが1911年に示したように、2つの同一のオブジェクトを1対の収束線上に配置すると、上のオブジェクトが下のオブジェクトよりも大きく見えます。この現象は「線路錯視」とも呼ばれます。家屋や樹木などの物体が「線路」となり、月が遠く離れて大きく見える直線的な遠近感を生み出しているのかもしれません。

収束小視症(Convergence micropsia)

収束小視症」と呼ばれる最新の理論の1つが示唆するように、人間の脳は、目の焦点によって物体までの距離と見かけの大きさを評価します。低い月を見るとき、私たちは月を遠くにある大きい物体として認識し、遠くに焦点を合わせます。しかし、空高く月を観察するとき、目には焦点を合わせるものが何もありません。したがって、それらはわずか数メートルの標準的な焦点距離に調整されており、脳は月が小さく、非常に近くにぶら下がっていると信じています。

なぜこれらの理論は説得力がないのか?

これらの理論は興味深いですが、それぞれに反論があります。

  • 低い月と天頂の月の大きさを比較して、それらが同一であることがわかると、「大気の拡大」の古代の理論はすぐに反駁されます。
  • ポンゾとアル・ハイサムの理論では、月は地平線上で遠くに見えるはずだと示唆していますが、ほとんどの人は、反対に、その時点では月の円盤が近くに見えると言っています。
  • エビングハウスの理論は、宇宙飛行士と航空機のパイロットが月の錯視を見る理由を説明していませんが、比較できる小さな物体は周りにありません。
  • 新しい収束小視症の理論でさえ、すべての科学者に適しているわけではありません。月の錯視は、収束性小視症に必要な眼の調節ができない高齢者やレンズが埋め込まれている人にも起こると言います。

大きい月を撮影する方法

写真で月を大きく見せるには、錯覚を作成する必要がありますが、技術的な手段を使用します。簡単なガイドは次のとおりです。

  • ロングズームの望遠レンズを備えたカメラを使用します。ズームインすればするほど、月が大きく見えます。
  • 他のオブジェクト(木、建物、人々)を前景に配置して、月の大きさを何かと比較します。これが、上で書いたエビングハウス錯視の仕組みです。月は、黒い空よりも、家の後ろに昇るほうが印象的です。
  • 露出に注意し、三脚を使用して鮮明なショットを撮影します。
  • 事前に写真を計画します。選んだ風景で月が最もよく見える時期を確認するには、Ephemerisアプリを使用できます。このアプリは、写真に最適な条件を選択するのに役立ちます。

興味深い事実

  • 月が地平線上で黄色またはオレンジ色に変わります。月の光は、地平線近くのより多くの空気を通過します。その結果、光の短い青色の波長は空気によって散乱されますが、長い赤色の波長は依然として目に届きます。それは、地球の大気が低い位置にある月に与える唯一の実際の影響です。
  • **地平の月は、真上の月よりも約1.5%小さいです。**空高くあるときよりも、視点から約6,400キロメートル離れています。しかし、この大きさの違いは目に見えません。
  • プラネタリウムは、地平線に近くある月の画像を実際の月のように見せるために2倍の大きさにします。月の錯視は実際の月に対してのみ機能するため、プラネタリウムはリアリズムのために精度を犠牲にしなければなりません。
  • スーパームーンはその名前が示すほど大きくはありませんが、**月の錯視はスーパームーン**と混同されることがよくあります。スーパームーンは普通の満月よりも約7%大きく見えますが、月の錯視により、月の円盤は約2倍の大きさに見えます。

結論:「月の錯視」により、月は地平線の近くで大きく見えます。この視覚的なトリックにはまだ明確な説明はありませんが、月の美しさを楽しみながら答えを探し続けることができます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot