スーパームーン:意味、周期と見れる時間

~11 min
スーパームーン:意味、周期と見れる時間

「スーパームーン」という名前は、月がやや珍しいはずだと思わせます。しかし、スーパームーンは通常の月よりも大きいですか?それとも「超能力」を持っているのでしょうか?非科学的な憶測を取り除き、スーパームーンについての本当の事実を学びましょう。

内容

今日の月はなぜいつもより大きいの?

月がいつもより大きく見える理由は2つあります。

1.満月は、地球の周りの軌道上で最も近い地点またはその近くにあります。これは「スーパームーン」と呼ばれるイベントです。 2.月は地平線に近づいています。これは、空が低いときに月が大きく見えるようにする脳のトリックによって引き起こされる、いわゆる「月の錯視」です。

月の錯視はどの満月でも発生するので、それを目撃したい場合は、月の出時または夜明けの直前に満月を観察します。この記事では、スーパームーンについて詳しく見ていきます。

スーパームーンとは?

スーパームーンは公式の天文学用語ではありません。これは、最初に、1979年のDell Horoscope誌でアメリカの占星術師Richard Nolle(リチャード・ノール)によって利用されました。リチャード・ノールによると、スーパームーンとは特定の軌道中で地球に最接近(90%以内)した新月または満月です。この定義は2011年に人気になって、科学記事にも登場し始めました。現在、この定義はNASAによっても認められていますが、それでもさまざまな解釈が可能です。

スーパームーンの学名は「地球、月、太陽のシステムの近地点と直列」(英語:perigee-syzygy of the Earth-Moon-Sun system)です。それほどエキサイティングではないようですね。しかし、もっと理にかなっています:

  • 近地点は、月が地球の周りを完全に回転して到達する最も近い地点です。月の地球から最も遠い地点は遠地点と呼ばれます。近地点と遠地点の理由は、地球の周りの月の軌道が完全な円ではなく、楕円形であるためです。近地点の平均距離は地球から363,300kmであり、遠地点は405,500kmです。
  • 惑星直列は、天文学では、主に地球、太陽、月または惑星と呼ばれる3つ以上の天体の配列です。地球、月、太陽のシステムの直列は、新月と満月を作ります。

しかし、最も一般的に使用されているスーパームーンのノールの定義を明確にしてみましょう。

天文学と占星術のスーパームーン

リチャード・ノールの定義には欠陥があります。「特定の軌道」が何であるかを特定していませんでした。スーパームーンの数が比較的少なく、ノールのリストが非常に短いため、ノールは年間軌道を意味していると推測できます。ノールのスーパームーンの表によると、2022年には次のようになります。

  • 1月2日:スーパームーン(新月);
  • 6月14日:スーパームーン(満月);
  • 7月13日:スーパームーン(満月);
  • 12月23日:スーパームーン(新月)。

リチャード・ノールの表には数字がないので、近地点、遠地点、および月の満ち欠けに関するフレッド・エスペナックのデータを使用します。フレッド・エスペナックはNASAの天体物理学者として30年以上働いており、日食の予測に関する研究でも知られています。

リチャード・ノールが年の軌道を「特定の軌道」と見なしたと仮定して、定義に適合する2022年の月の周回を計算してみましょう。

  • 2022年の月の最も近い近地点は7月13日の357,264kmであり、この年の最も遠い遠地点は6月29日の406,581km
  • 近地点と遠地点の違いは406,581-357,264=49,317
  • 年間の近地点の90%は406,581-49,317 * 0.9=362,195.7
  • したがって、2022年に、近地点の満月または新月が362,195.7 km以下ではスーパームーン

今年の最も近い近地点の90%以内ですべての満月と新月を取得すると、2022年のスーパームーンは次のようになります。

  • 1月2日:スーパームーン(新月、358,676 km);
  • 5月16日:スーパームーン(満月、362,127 km);
  • 6月14日:スーパームーン(満月、357,658 km);
  • 7月13日:スーパームーン(満月、357,418 km);
  • 8月12日:スーパームーン(満月、361,409 km);
  • 12月23日:スーパームーン(新月、359,083 km)。

ただし、[ノールのカレンダーには]5月と8月のスーパームーンがありません。それで、ノールはおそらく月と地球の間の距離の他の推定を使用しました。

天文学の情報源が通常依存しているスーパームーンの表は、フレッド・エスペナックの表です。同じスーパームーンの定義では、エスペナックは月の軌道を「特定の軌道」と見なしています。これにより、定義が近地点と直列用語に近づき、毎年より多くのスーパームーンが得られます。そこで、フレッド・エスペナックの方法を使用して、将来のスーパームーンを定義します。

2022年の次のスーパームーンはいつ?

2022年の次のスーパームーンは6月14日の満月です。今年の他の今後のスーパームーンは次のとおりです。

  • 7月13日:スーパームーン(満月);
  • 8月12日:スーパームーン(満月);
  • 11月23日:スーパームーン(新月)。
  • 12月23日:スーパームーン(新月)。

スーパームーン何が起こる?

月は地球に近づきますが、それは観測者にとって何を意味するのでしょうか? 新月の場合、新月が見えないので、何も変わりません。しかし、スーパーフルムーンは、平均的な満月と比較して、約** 7%大きく**、約16%明るく見えます。また、遠地点の満月(月が最も遠いとき)よりも14%大きく、30%明るいです。

遠地点の満月とスーパームーンを同じ設定で撮影すると、大きさの違いが表示されます。そうでなければ、目でそれを推定することはほとんど不可能です。しかし、空が暗い場合、スーパームーンの大明るさがアマチュアの観察者に目立つ可能性があるため、光害のある都市の外でスーパームーンを楽しんでください。

スーパームーンはどのくらいの頻度で発生する?

スーパーフルムーンは年に約3〜4回発生するので、珍しいイベントではありません。一般に、スーパームーンは、新月または満月が近地点またはその近くにある場合にのみ発生しますが、月の満ち欠けと月の近地点への復帰が常に一致するとは限りません。朔望月 (満月から満月まで、または新月から新月まで)は29.53059日かかりますが、異常な月(近地点から近地点まで)は27.55455日です。サイクルは、14か月ごとと15か月ごとに一致します。

  • 14*29.53059 = 413.428
  • 15*27.55455 = 413.318

これは、スーパームーンの繰り返しサイクルに413日(1年、1か月、18日)かかることを意味します。413日ごとに、同じ列のスーパームーンを取得します。2023年の最初のスーパーフルムーンの日付を計算するために、2022年(5月16日)の最初のスーパーフルムーンから413日後を数えます。これは2023年7月3日です。このようにして、次のスーパームーンを予測できます。または気にせずに、フレッド・エスペナックの表をチェックできます。

スーパームーンの影響は?

非科学的な推測にもかかわらず、スーパームーンは人々の健康に影響を与えず、極端な洪水、地震、火山噴火、または津波を引き起こしません。それらはわずかに大きい潮汐を引き起こすだけです。平均的な満月の潮汐より数インチ高いです。その時の地元の天気が厳しい場合、スーパームーンの満潮が高くてもそれは確かに良くなりませんが、その影響はほとんど無視できます。

スーパームーンを見る方法

スーパームーンの満月は一晩中見ることができます。小さな望遠鏡または双眼鏡を使用して、火口を探索したり、肉眼で景色を楽しんだりできます。また、光害のある都市から離れて、スーパームーンが完全に明るく見えるようにします。

スーパーフルムーンのサイズは他の満月とそれほど変わりませんが、異常に大きな月の円盤を見たい場合は、月の出または夜明けの直前にそれを見て方がいいです。満月は、空で低くあるときに大きく見えます。この効果は「月の錯視」と呼ばれます。

月の美しい写真を確実に撮るには、Ephemerisのアプリを使用します。これは、月が特定の場所に最適に配置された日時を表示するツールです。

よくある質問

スーパーフルムーンとは何ですか?

スーパーフルムーンとは、特定の軌道で地球に最も近いアプローチまたはその近く(90%以内)の満月です。「特定の軌道」として、さまざまな情報源は年または月の軌道を取ります。最も近いアプローチの天文学用語は「近地点」であるため、近地点の満月とも呼ばれます。2022年の満月カレンダーをチェックして、どれがスーパームーンかを確認できます。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

スーパームーンの月食とは何ですか?

月食は、月、太陽、地球が並んで、地球が他の2つの天体の間に入るときに発生します。月がその軌道で地球に最も近いアプローチまたはその近く(90%以内)にある場合、このイベントはスーパームーンの月食と呼ばれます。他の名前はスーパーブラッドムーンです。他の記事で月食についてもっと読むことができます。

スーパームーンの反対は何ですか?

スーパームーンの反対はマイクロムーンです。地球の周りの軌道の最も遠い地点(遠地点)またはその近くにある満月または新月です。スーパームーンとマイクロムーンについてインフォグラフィックから学ぶことができます。

What is a Supermoon and a Micromoon? When to observe our natural satellite at its biggest and brightest? Take a look at this infographic to find it out!
インフォグラフィックを見る

結論:「スーパームーン」は元々、特定の軌道で地球に最も近いアプローチまたはその近く(90%以内)での新月または満月の占星術用語でした。この言葉が通俗科学で使われるようになったのはごく最近のことです。スーパーフルムーンは普通の満月よりも少し大きくて明るいですが、おそらく違いに気付かないでしょう。それでも、夜空を探索し始めるのは良い理由です。たぶん、スーパームーンの本当の超大国は天文学への関心を高めることです。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot