2024年2月24日はスノームーンの満月

~8 min
主題:

2024年2番目の満月(スノームーン)は2月24日(土)に起こります。月はしし座の最も明るい星のレグルスの近くにあります。Sky Tonightアプリを使って、しし座の他の星を見つけます。そして、2月の満月は、スーパームーンとは正反対のマイクロムーンになります。それでは詳細をご覧ください!

内容

2月満月はいつ?

今月、月は 土曜日、2月24日、日本時間午後9時30分(12:30 GMT) に満月になります。月は しし座 に位置します。このイベントの正確な時刻を知る必要はありませんが、2月24日前後の夜に満月が見られることを覚えておいてください。Sky Tonightアプリカレンダーの「月」タブで、月盤の照度が日ごとにどのように変化するかを正確に見ることができます。

しし座の2月の満月

2月の満月は、黄道星座しし座とかに座、およびしし座に隣接する小さいろくぶんぎ座のいずれかになります。

2024年など、ほとんどの年には2月の満月はしし座にあります。次にかに座になるのは2026年であり、ろくぶんぎ座になるのは2029年です。

まれに、2月に満月がないことがあります。これは19年に1度起こります:最後にそれが起こったのは2018年で、次にそれが起こるのは2037年です。人々はこれを「ブラックムーン」(黒い月)と呼ぶことがありますが、これはこの用語が持つ唯一の意味ではありません。詳細は専用の記事で確認してください。

2024年の最初のマイクロムーン

マイクロムーンは、満月が遠地点(月が地球から最も遠くなる瞬間)と一致するときに発生します。元NASAの天体物理学者フレッド・エスペナックが作成したカレンダーによると、2024年2月の満月は、今年の最初のマイクロムーンになります。観測者にとっては、月が通常よりわずかに小さく見えるかもしれないことを意味します。スーパームーンとマイクロムーンのインフォグラフィックをチェックして、スーパームーンとマイクロムーンを通常の月と視覚的に比較してください。

Supermoons & Micromoons
スーパームーンとマイクロムーンとは何ですか?最も大きくて明るい満月を観測できるのはいつですか?このインフォグラフィックで説明します!
インフォグラフィックを見る

満月の出る時間

月の出の時間は場所によって異なります。現在いる場所の正確な時刻を知るには、Sky Tonightを使用します。アプリを開き、拡大鏡アイコンをタップし、検索フィールドに「月」と入力して、対応する検索結果をタップします。物理的性質のタブには、月の現在の位相、視等級、および照明に関する情報が表示されます。「天文イベント」タブで、月に関連する今後の天文イベントのリストを表示できます。

スノームーンとは?

伝統的に、2月の満月は北アメリカとヨーロッパではスノームーン(Snow Moon、雪の月)と呼ばれています。他の満月の名前(ワームムーンやピンクムーンなど)とは異なり、この名前はそれ自体を物語っていて、多くの説明を必要としません。2月は北米で最も雪が降る月であるため、ネイティブアメリカンはこの月をスノームーンと呼びました。一部の部族は、過酷な気象条件の下で狩りが困難だったため、それをハンガームーン(飢餓の月)と呼んでいました。

2月満月の他の名前

満月は他の文化では異なって呼ばれます。例えば:

  • 中国人:咲く月
  • セルティック:氷の月
  • クリー:鷲の月
  • チェロキー:骨の月
  • 南半球:穀物の月、大麦の月、赤い月、犬の月

2024年2月の月の満ち欠け

  • 下弦の月:2月3日08:18(2月2日23:18 GMT)
  • 新月:2月10日07:59(2月9日22:59 GMT)
  • 上弦の月:2月17日00:01(2月16日15:01 GMT)
  • 満月: 2月24日21:30(12:30 GMT)

月の満ち欠けは、当サイトの月の満ち欠けカレンダーで知ることができます。また、アプリSky Tonightにも同様のカレンダーがあります。

2月の新月

2月10日土曜日、日本時間午前07時59分(2月9日22:59 GMT)に、新月が発生します。月はやぎ座に位置し、太陽とともに昇り、沈みます。

新月では、月は地球と太陽の間に位置し、空に暗く見える円盤として現れますが、肉眼では見えません。新月の周りの時間は、特に銀河や星団などのかすかな天体を観察するのに最適です。明るい月光が邪魔にならないからです。

新月が空で簡単に見えるのは、太陽食のときだけです。これは、月が太陽と地球の間を通過し、観測者の視点から太陽の光を遮るときに発生します。次のこのようなイベントは、2024年4月8日に発生する皆既日食です。稀な天文現象を見逃さないようにしましょう!

5 Upcoming Eclipses Infographics preview
5つの今後の月食と日食、それらの日付、タイムライン、および視程マップのリストです。自分の場所から月食か日食を見るかどうかをチェックできます!
インフォグラフィックを見る

2月の満月の近くに見える星

Sky Tonightの天文カレンダーによると、月は満月になる前に2つの天体に出会います。

  • 2024年2月21日09:54(00:54 GMT)に、月はふたご座で最も明るい恒星ポルックス(1.2等星)から1°48'遠ざかります;
  • 2024年2月22日11:13(02:13 GMT)、月はプレセペ星団(3.1等星)から3°42'の距離にあります。暗い空の下、プレセペ星団は肉眼で見えるかもしれないが、明るい月がそれを凌駕します。
  • 2024年2月23日午前07:45 (22:45 GMT)、月はしし座で最も明るい星であるレグルス(等級1.4)から3°36'離れます。レグルスは光害がなければ満月でも見えるほど明るいです。

Sky Tonightも、月の近くにある明るい天体を特定するのに役立ちます。アプリを開き、メイン画面の右下隅にあるコンパスのアイコンをタップします。次に、デバイスを月に向けると、アプリは星、惑星、および月を取り巻くその他の天体の名前を表示します。

次の満月はいつ?

次の満月は**日本時間3月25日16:00(07:00 GMT)**に発生します。それは伝統的にワームムーンと呼ばれています。3月の満月とその名前の由来について詳しく知りたい場合は、記事をお読みください。Sky Tonightアプリを使って、3月の満月の近くにどんな明るい星が見えるか調べることができます。

今後の満月とその名前の由来について詳しく知りたい場合は、カラフルな2024年の満月カレンダーを見ることができます。

満月カレンダー2024年
2024年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

次のスノームーンはいつ?

スノームーンは2月の満月の伝統的な呼び名なので、2024年2月24日の次のスノームーンは、2025年2月12日22:53(13:53 GMT)に起こります。

2024年のスノームーン:結論

2024年2月、満月は日本時間2月24日21:30(12:30 GMT)に起こります。伝統的に「雪の月」と呼ばれます。2月の満月は、2024年最初のマイクロムーンでもあり、空に見える月の大きさは少し小さくなります。Sky Tonightアプリのカレンダーにある「月」タブで、どの日の月も現在地からどのように見えるかを見ることができます。今年起こるすべての満月の日付と名前を知りたい方は、2024年の満月カレンダーをご覧ください。

テキストクレジット:
主題:
Trustpilot