ぎょしゃ座流星群

~4 min
ぎょしゃ座流星群

8月の最終日は、最もまれな流星群の1つで私たちを楽しませます。ぎょしゃ座流星群、この特別な天文学的なイベントのために開始されたプロゼクト、そしてそれを空で見る方法について学ぶためにこの記事をご覧ください。

流星群は、地球の軌道が、宇宙物体(通常は彗星)によって残されたダストトレイルを通過するときに発生します。彗星の周囲には、放出された一群の流星物質が細い帯状に伸びており、これをダストトレイルと呼びます。ダストトレイルは高速で軌道に入り、大気中で急速に燃え尽きます。流星群は地球からの観測者に壮観な眺めを提供し、天文学者に特定の彗星に関する情報を収集する絶好の機会を与えます。

ぎょしゃ座流星群について何を知っていますか?

ぎょしゃ座流星群(206 AUR)は、1935年8月31日の夜に Hoffmeisterと Teichgraeberの天文学者によって発見されました。流星群の母天体はC/1911 N1 Kiess彗星です。206 AURの活動期間は8月28日から9月5日めで、最大活動日は8月31日です。

北半球では、流星群は北東方向に夜遅く午後11時頃に見えます。南半球では、地平線近くの午前3時頃からぎょしゃ座流星群星が見えます。「流れ星」を隠す太陽が昇るので、良い見える時間は約2時間にすぎません。Star Walk 2で、現在地の太陽の上昇時間を確認できます。

最もまれな流星群の1つ

流星の流れは、簡単に予測できる毎年のイベントです。この場合、なぜぎょしゃ座流星群を「珍しい流星群」の1つと呼びますか。通常、流星群の活動期間は変動し、いくつかの要因に依存します。1つのは、太陽の周りの親体の軌道周期です。206 AURは、約2000年前に地球を通過した長周期彗星に由来します。対照的に、有名なペルセウス座流星群の母天体の軌道周期は133年です。

1935年に、この流星群は、その活動が活発で、空に明るいしぶきが発生したために発見されました。72年後の2007年のぎょしゃ座流星群の最高速度は、1時間あたり100個を超える流星でした。欧州宇宙機関によれば、Kiess彗星のダストトレイルは、この方法で70年間再び横断されることはありません。今日、私たちはこの流星群が活動のピークで1時間あたり約6個の流星のみを生成すると予想できます。実際に見られる流星の数がほとんど常に低く、放射点が地平線に近づくほど減少します。

観察プロゼクト

1935年のほかに、1986年と1994年にぎょしゃ座流星群の予期しない活動の短い爆発が見られました。定期的な観測がなかったため、他の活動があった可能性があります。2007年、NASAのエイムズ研究センターとSETI協会は、ぎょしゃ座流星群の空中の観測のプロゼクト(Aurigids MACと呼ばれる)を組織しました。このプロゼクトは、さまざまな国から24人の科学者のコラボレーションで、8月30日から9月2日まで続きました。

このプロゼクトでは、視覚、三角測量、および分光観測方法が使用されました。ピークはハワイ上空に現れませんでしたが、空中プロゼクトは1時間あたり40個程度の流星のを記録しました。北米とスカンジナビアで数百の流星体に関する報告が得られました。

流星群についての情報はお楽しみになりましたか?「宇宙の岩」クイズに参加して、天文学の知識をチェックし、流星や天体に関するさらに興味深い事実を学ぶことができます!

注目に値するさらに多くの天文学的なイベントのためにソーシャルメディアでフォローしてください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する