9月の流星群の観察方法:2021年のガイド

~4 min
9月の流星群の観察方法:2021年のガイド

3つの流星群(ぎょしゃ座流星群、9月ペルセウス座ε流星群、およびろくぶんぎ座昼間流星群)は、9月に極大を迎えます。今夜の「流れ星」を見る方法は何ですか?この記事を読んで、9月の流星群に関するすべてを学びます!

流星を見るためのヒントをもっと入手して、流星狩りの準備ができているかどうかを確認するために流星群についてのクイズを答えます!

9月1日:ぎょしゃ座流星群

ぎょしゃ座流星群のピークは、9月の初めと合わせます。9月1日に、この流星群は極大を迎えます。ぎょしゃ座流星群は、毎年8月28日から9月5日まで活動しています。1935年に、ホフマイスター(Hoffmeister)とテイクグレイバー(Teichgraeber)はこの希世の流星群を先に観察しました。母天体は長周期Kiess彗星(C/1911 N1)です。

ぎょしゃ座流星群は、明るいぎょしゃ座α星(カペラとしても知られている)の近くにある放射点から発生しているように見えます。それらは66km/sの速度で大気圏に入ります。この流星群は、1935年、1986年、1994年、および2019年に観測された高い活動を見せる可能性がありますが、通常、1時間あたり6つの流星の極大出現数を示します。

北半球の観測者は午後11時(現地時間)まで待って方がいいです。南半球では、流星は現地時間の午前3時から4時頃から見えます。観測時間は約1時間になることに注意してください。

9月9日:9月ペルセウス座ε流星群

9月ペルセウス座ε流星群は9月5日から21日まで活動しており、活動のピークは9月9日頃に発生します。8月のペルセウス座流星群とは異なり、9月ペルセウス座ε流星群はスイフトタットル彗星によって引き起こされたものではありません。おそらく、ペルセウス座ε流星群の母天体は未知の長周期彗星です

9月ペルセウス座ε流星群の放射点はペルセウス座の真ん中にあるペルセウス座ε星にあります。これら流星は64km/sの速度で地球の大気圏に入ります。国際流星機構(IMO)によると、9月ペルセウス座ε流星群は最大で1時間あたり約5つの流星を生成します

南半球からペルセウス座ε流星群を見るのに最適な時間は、現地時間の午前1時から午前6時です。北半球の観測者は、現地時間の午後8時から9時頃に観測を開始する機会があります。

9月27日:ろくぶんぎ座昼間流星群

9月に極大を迎えるもう1つの流星群は、ろくぶんぎ座昼間流星群です。それらは9月9日から10月9日まで活動しており、9月27日頃にピークに達します。これらの流星は中程度の速度で、32km/sの速度で地球の大気圏に入ります。この弱い流星群の母天体はアポロ小惑星2005UDです。

この流星群の放射点は、太陽に近いろくぶんぎ座にあります。ろくぶんぎ座昼間流星群は、夜明けの少し前にのみ表示されます。一般に、観測者は、活動のピーク時間に1時間あたり約5つの流星を捕まえることができます。ただし、今年は流星の数がさらにすかなくなる可能性があるため、これらの流星の1つを見つけることは達成です!

日の出前にろくぶんぎ座昼間流星群を見るには、現地時間の午前4時から5時頃に観測を開始します。このとき、太陽が視界を遮らないため、最もよく見えます。

私たちの天体観測アプリは、空での流星群の放射点の位置をすばやく特定し、月の満ち欠けを確認し、流星群を探すのに役立つ情報を取得するのに役立ちます。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.