2023年流星群カレンダー:主な流星群の一覧

~12 min
Meteor Showers 2023

2023年には、壮観なショーを行うことができる有望な流星群がいくつかあります。その中には、こと座流星群、ペルセウス座流星群、オリオン座流星群、およびふたご座流星群があります。このガイドには、ピークの日付、見るのに最適な時間、放射点の場所、1時間あたりの流れ星の数など、これらおよびその他の今後の流星群について知っておく必要があるすべてが含まれています。また、空の流星を見るためのヒントを提供し、流れ星に関する最も一般的な質問に答えます。流星群の詳細については、インフォグラフィックをご覧ください

このインフォグラフィックをチェックして、流星群に関する楽しい事実と、流星を見方と写真を撮るためのヒントを確認してください。
インフォグラフィックを見る

内容

2023年の流星群

以下の一覧には、2023年に起こる注目すべき流星群が含まれています。それらすべての天頂出現数(ZHR)は、1時間あたり少なくとも10個の流星です。観測条件が良く、特に有望な流星群に🌟の絵文字を追加しました。

しぶんぎ座流星群:1月4日

  • 流星/1時間:110個
  • 月の輝面率:95%
  • 期間:12月28日〜1月12日
  • 星座:しぶんぎ座
  • 母天体:小惑星2003 EH1
  • 見られる場所:北半球

今年の最初の流星群 (強いしぶんぎ座流星群)は素晴らしい光景だったかもしれません。適切な条件では、この流星群は1時間に数十個の流れ星を提供できます。残念なことに、2023年に しぶんぎ座流星群のピークはほぼ満月と一致し、その明るい光がほとんどの流星を洗い流してしまいます。

こと座流星群::4月23日 🌟

  • 流星/1時間:18個
  • 月の輝面率:9%
  • 期間:4月14日〜30日
  • 星座:こと座
  • 母天体:サッチャー彗星
  • 見られる場所:どこでも

国際流星機構によると、こと座流星群は中程度の強度の流星群で、ときどき明るい火玉を生成することがあります。月が観察の妨げになることはありません。流星群のピーク時には薄い三日月になるからです。

こと座流星群を北半球から見た方がよいでしょう。そこでは、放射点が空高く上昇します。南半球からも流星を見つけることができますが、流星の数は低くなります。こと座流星群は、真夜中から夜明けの間に最もよく観察されます。

みずがめ座η流星群:5月6日

  • 流星/1時間:50個
  • 月の輝面率:100%
  • 期間:4月19日〜5月28日
  • 星座:みずがめ座
  • 母天体:ハレー彗星
  • 見られる場所:どこでも

晴れた暗い夜に、南緯から見ると、みずがめ座η流星群は1時間あたり最大50個の流星を生成できます。赤道の北側では、1時間に10~30個の流れ星を見ることができます。しかし、今年はみずがめ座η流星群を楽しむことができません。空に輝く満月がショーを台無しにします

みずがめ座δ南流星群:7月30日

  • 流星/1時間:25個
  • 月の輝面率:89%
  • 期間:7月12日〜8月23日
  • 星座:みずがめ座
  • 母天体:マッハホルツ彗星
  • 見られる場所:どこでも

みずがめ座δ南流星群は、南半球から最もよく観測されるもう1つの流星群です。その流星は非常にかすかで、不完全な観測条件下では見つけるのが困難です。残念ながら、2023年の条件は完璧とはほど遠いでしょう。ほぼ満月になると、ほとんどの流れ星が見えなくなります

NASAによると8月のペルセウス座流星群のピーク時にみずがめ座δ南流星群を見るチャンスがもう1つあります。空の南部(みずがめ座がある場所)から流星が来ているのを見たら、それがみずがめ座δ南流星群です。ペルセウス座流星群の放射点は空の北部にあります。

ペルセウス座流星群:8月13日 🌟

  • 流星/1時間:100個
  • 月の輝面率:10%
  • 期間:7月17日〜8月24日
  • 星座:ペルセウス座
  • 母天体:スイフト・タットル彗星
  • 見られる場所:北半球

ペルセウス座流星群は、当然のことながら、赤道以北では年間で最高の流星群と見なされています。それらは、8月の暖かい夜にピークに達し、多くの速くて明るい流星を生み出します。2023年には、月はペルセウス座流星群のピーク時に三日月になり、問題は発生しません。つまり、天気が良ければ、1時間に最大100個の流星を見ることができるということです!ペルセウス座流星群は、真夜中から日の出まで、その輝きが空高く見えるときに最もよく見えます。

りゅう座流星群(ジャコビニ流星群):10月9日 🌟

  • 流星/1時間:10個
  • 月の輝面率:25%
  • 期間:10月6日〜10日
  • 星座:りゅう座
  • 母天体:ジャコビニ・ツィナー彗星
  • 見られる場所:北半球

りゅう座流星群は、最も多強い流星群ではありませんが、それでも一見の価値があります。特に今年は、欠けていく三日月が観測の妨げにならないためです。他の多くの流星群とは異なり、りゅう座流星群は夕方にピークに達するため、星が見えるほど暗くなったらすぐに探し始めます。

オリオン座流星群:10月22日 🌟

  • 流星/1時間:20個
  • 月の輝面率:49%
  • 期間:10月2日〜11月7日
  • 星座:オリオン座
  • 母天体:ハレー彗星
  • 見られる場所:どこでも

オリオン座流星群は中程度の強度の流星群で、時々、活動を示すことができます。例えば、アメリカ流星協会によると、2006年から2009年にかけて、1時間あたり、50個から75個のオリオン座流星群の流星を見ることができました。今年は間違いなくオリオン座流星群にチャンスを与える必要がありま。月は流星群のピーク時に半分照らされますが、真夜中過ぎにすぐに沈み、夜遅くに干渉することはありません。オリオン座流星群は、真夜中から明け方まで見るのに最適です。

しし座流星群:11月18日 🌟

  • 流星/1時間:10個
  • 月の輝面率:25%
  • 期間:11月6日〜30日
  • 星座:しし座
  • 母天体:テンペル・タットル彗星
  • 見られる場所:どこでも

しし座は壮観な流星雨を生み出すことで最も有名です。例えば、1966年に、米国の観測者は、毎秒40~50個の流星を見たと報告しました!2023年にはそのような予報はないので、暗い空の下では、1時間に最大10個の流星を見ることができるかもしれません。三日月は、流星群のピーク時に最小の影響を与えます。しし座の輝きは真夜中の直前に上昇し、夜明けに最高点に達します。

ふたご座流星群:12月14日 🌟

  • 流星/1時間:150個
  • 月の輝面率:2%
  • 期間:12月4日〜20日
  • 星座:ふたご座
  • 母天体:ファエトン (小惑星)
  • 見られる場所:どこでも

ふたご座流星群は、今年最も壮観な流星群の1つです。その流星は明るく、数が多く、色が濃く、動きが遅いです。2023年は、観測条件が特に良好です。新月の直後に流星群がピークに達するため、月の輝きが視界を遮ることはありません。ふたご座流星は、現地時間の22時頃に探し始める必要があります。その頃には放射点が空にうまく配置されるからです。

こぐま座流星群:12月23日

  • 流星/1時間:10個
  • 月の輝面率:84%
  • 期間:12月17日〜26日
  • 星座:こぐま座
  • 母天体:タットル彗星
  • 見られる場所:北半球

こぐま座流星群は強くない流星群で、常に12月至付近にピークを迎え、1時間に5~10個の流れ星を生成します。この流星群は、強いふたご座がそのちょうど1週間前に発生するため、無視されることがよくあります。残念なことに、今年は、こぐま座流星群を無視するより多くの理由があります。月は、流星群のピークで満月からわずか3日後に、ほとんどの流星を洗い流します。

これは、2023年の最も注目すべき流星群の一覧でした。今年のすべての流星群とそのピーク日について知りたい場合は、Sky Tonightのカレンダーを参照します。下部にあるカレンダーのアイコンをタップして、流星のタブを開きます。

流星群の見方

ここでは、流星観測体験を向上させるのに役立ついくつかの基本的なヒントを紹介します。流星についての知識をテストしたい場合は、流れ星をキャッチする方法についてクイズに答えてください

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!
  • 天気予報をチェックします。 流星の数を最大限に見るには、澄んだ空が必要です。雲、雨、雪は観測を簡単に台無しにしてしまいます。星空アプリSky Tonightの「今夜観測できるもの」というセクションで、最も近い日付の天気予報を確認できます。

  • 暖かい服装が必要です。流星が現れるのを待っている間、あなたはかなり寒くなるかもしれません。夏でも着替えを持っていきましょう。温かい飲み物も体を温めるのに役立ちます。

  • ブランケットまたはデッキチェアを持って方がいいです。流星探しは上を見上げることが多いので、立っているよりも、毛布に寝そべったり、リクライニングチェアに座ったりするのがベターです。

  • 天頂を見ます。流星は流星群の放射点に由来するように見えますが、実際には空のどこにでも現れる可能性があります。そのため、空が広く見えるほど、流れ星を見つけられる可能性が高くなります。ここでの良い方法は、仰向けに寝て、まっすぐ上を見ることです。

  • 赤色の懐中電灯を使用します。通常の懐中電灯とは異なり、赤色の懐中電灯は夜間視力を維持します。赤色の懐中電灯を作るには、通常の懐中電灯に赤いセロファンを巻き付けるだけです。

  • スマートフォンを見ないようにして方がいいです。スマートフォンの明るい画面は暗視に悪影響を与えるため、使用を避ける必要があります。星空観察アプリを利用する必要がある場合は、ナイト・モードをオンにすると、目が少し楽になります。

このトピックに関する別の記事から、流星群の観察と撮影に関するヒントをさらに得ることができます。

よくある質問

流星とは何ですか?

流星、または「流れ星」は、空の明るい光の筋です。彗星や小惑星のちりの小さな粒子が地球の大気中で燃え尽きるときに作られます。流星、流星体、隕石の違いについて詳しく知りたい場合は、クイズに参加します

流れ星と隕石の違いが知りますか?彗星と小惑星はどうですか?天文学の知識をクイズで確認しましょう!
クイズをスタート!

流星の速度は何ですか?

アメリカ流星協会によると、宇宙塵(将来の流星)の粒子は、11 km/sから72 km/sの範囲の速度で地球の大気に突入します。しし座流星群はすべて流星群の中で最も速い流星を生み出すと考えられています。

流星の色は何ですか?

流星は、流星体の化学組成と、その原子と大気中の分子との相互作用に応じて、さまざまな色をとることができます。主な流星の色は次のとおりです(対応する化学元素は括弧内にあります):

  • 橙黄色(ナトリウム)
  • 黄色(鉄)
  • 青緑(マグネシウム)
  • 紫色(カルシウム)
  • 赤(大気中の窒素と酸素)

流星雨とは何ですか?

流星雨は、1時間あたり千個以上の流星を生成する流星群です。それらは、地球が彗星の破片の軌跡の非常に密集した部分を通過するときに発生します。最近の歴史の中で最も壮観な流星嵐は、1966年のしし座流星群の爆発でした。

結論:2023年には、こと座流星群、ペルセウス座流星群、オリオン座流星群、およびふたご座流星群を含む、いくつかの流星群が注目に値します。この記事では、それらを観察する方法について必要なすべての情報を提供します。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot