2024年のしぶんぎ座流星群:いつ流星が見られる

~5 min

2024年へようこそ!新年の抱負と今年の天文暦の計画は立てましたか?まだの方は、2024年の天文イベントをご覧ください。そして、今年最初の星空イベントは、壮大なしぶんぎ座流星群です!しぶんぎ座流星群の観測に備えましょう。

内容

2024年のしぶんぎ座流星群の見方

しぶんぎ座流星群は、1年で最も強い流星群のひとつです。しぶんぎ座流星群の活動は12月28日から1月12日まで続きます。1月4日にピークを迎えるしぶんぎ座流星群は、1時間に約80個の流星を発生させます。国際流星機構によると、一時的に200個に達することもあります。

2024年、しぶんぎ座流星群の観測条件は良好です。しぶんぎ座流星群のピークは、夜半頃に昇る下弦の月と重なり、数時間の暗い空が観測できます。

2024年のしぶんぎ座流星群はいつ?

他の流星群と違い、しぶんぎ座流星群では時間通りに観測する必要があります。すべての流星群にはピークがあるります。地球の軌道が出入りする宇宙空間の塵や破片の流れで、流れの中で最も密度の高い部分にあるとき、流れ星活動のピークが起こるのです。しぶんぎ座流星群は密度が高いが幅が狭いため、ピークは約6時間と短いです。2024年のピークは1月4日、日本時間22時頃(13:00 GMT)と予想されているが、実際の時間は前後する可能性があるります。ピークをすべて観測するには、この時刻の前後少なくとも3時間は流星を探します。

ピークを逃しても心配はありません。1月4日前後の数日間は、1時間に最大25個の流星を見ることができます。また、しぶんぎ座流星群で有名な明るい火球を見つけることができるかもしれません。

しぶんぎ座流星群の方角

しぶんぎ座流星群は北半球から最もよく観測できます。しぶんぎ座にある放射点が南の空では低いため、南半球から観測しても数個の流星しか見えません。

星空アプリSky Tonightを使えば、現在地でしぶんぎ座流星群の放射が最も高くなる時刻を知ることができます。検索バーに「しぶんぎ座流星群」と入力し、流星群の放射をタップして「イベント」タブを開くだけ。可視通過」の真ん中の時刻が、流星が最も高くなる時刻です。

カラフルなインフォグラフィックで、流星群の観測や写真撮影に役立つヒントをご覧ください。

Meteor Showers: All You Need to Know
このインフォグラフィックをチェックして、流星群に関する楽しい事実と、流星を見方と写真を撮るためのヒントを確認してください。
インフォグラフィックを見る

しぶんぎ座流星群とは?

よく知られていないしぶんぎ座流星群は、実際には地球上の3つの主な流星群の1つ流星群です。皆さんがおそらく知っている他の2つです。それはペルセウス座流星群ふたご座流星群です。比較すると、ペルセウス座流星群から流星の出現数は1時間に200個で、しぶんぎ座流星群のが120個です。では、なぜ他の2つが人気があり、しぶんぎ座流星群はそうではないのでしょうか?

そのため、流星群がよく観測される北半球では、天候が寒いです。外で流れ星を観測ためにそんなに良くないです。南半球では、夜の時、放射点の最大高度が地平線より20度下にあるため、しぶんぎ座流星群は単純に見づらいです。

この流星も、ペルセウス座流星群やふたご座流星群より微かです。そのため、流星の出現数が高いにもかかわらず、しぶんぎ座流星群はそれほど印象的ではありません。

しぶんぎ座流星群の母天体

しぶんぎ座流星群の母天体は不明です。2003年、天文学者のピーター・ジェニスケンスは、この流星群の母体は小惑星2003EH1であるという結論に達しました。一方、小惑星2003EH1は、500年前に中国、日本、韓国の天文学者によって観測されたC/1490Y1彗星と同じ物体である可能性があります。小惑星が実際にしぶんぎ座流星群の親体である場合、この流れはふたご座流星と並んで2番目に大きな流れであり、岩体から来ますが、氷の彗星ではありません。

しぶんぎ座流星群の星座

流星群の名前は、放射点が配置された星座にちなんで付けられています。しかし、しぶんぎ座流星群は、うしかい座にあるため、例外のようです。では、この名前はどこから来たのですか?

この1月の主要な流星群は、しぶんぎ座と呼ばれる現在は使用されていない星座にちなんで名付けられました。これは、1795年にフランスの天文学者ジェローム・ラランドによって作成された星座でした。他のいくつかの星座とともに、しぶんぎ座は1922年に現代の星座のリストから削除されました。しぶんぎ座のほとんどはうしかい座になりましたが、しぶんぎ座流星群はその名前を維持しました。おそらく、1月中にうしかい座から弱い流星群が出ているためです。

2024年のしぶんぎ座流星群: 結論

今年最初の大流星群のしぶんぎ座流星群が1月4日にピークを迎えます。1時間に約80個の流星が出現します。ピークは下弦の月の近くなので、自然の衛星が邪魔をすることはありません。眺めを楽しみ、2024年のさらに大きなイベントに備えよう。

観測をお楽しみください!

テキストクレジット:
Trustpilot