こと座流星群2021年は4月の空に

~4 min
The Lyrids Light Up the Sky

今月の最も面白い天体観測イベントの1つは、間もなく活動の極大となること座流星群です。今日の記事では、この美しい流星群について詳しく説明し、できるだけ多くの流れ星を捕まえるのに役立ついくつかのヒントを紹介します。より良い天体の観測には、Star Walk 2を利用してください。このアプリは、空に流星群の放射点を決定し、それを取り輝く星や星座について詳しく知るのに役立ちます。

こと座流星群とは?

こと座流星群は、最も古い既知の流星群の1つであり、2700年にわたって観測されています。中国人によるこれらの速くて明るい流星の最初の記録された観測は紀元前687年に起こりました!こと座流星群は毎年4月16日から28日まで活動しており、活動の極大は4月22日頃です。通常、スターゲイザーは極大の前後で1時間あたり10個から20個のこの流星群の流星を見る機会があります。毎秒49キロメートルの速度がある座流星群は、明るい火の玉を生成する可能性があります。

こと座流星群は、有名な8月のペルセウス座流星群や12月のふたご座流星群ほど強くはありませんが、1時間に100個もの流星群で観測者を驚かせることができます。このような急増は、1803年、1922年、1945年、1982年に観測されました。予測の困難はこと座流星群が注目に値する理由の1つです。

こと座流星群は、こと座にある放射点から来ているように見えます。放射点は、夜空全体で最も明るい星の1つであるベガのかなり近くにあります。ただし、こと座流星群を楽しむために放射点を探す必要はありません。逆に、流星を放射点から遠ざけるように見て方がいいです。流星は長く表示され、ショーはより息をのむようになります。

こと座流星群の原因は?

こと座はこと座流星群の源ではありません。星座にある放射点は、観測者が特定の夜に何の流星群を見ているかを判断するのに役立つだけです。こと座流星群の母天体は、1861年4月5日にアマチュア天文学者サッチャーによって発見された長周期彗星のサッチャー彗星(C/1861 G1)です。地球が彗星によって残された道を通過するとき、彗星を構成する塵と破片は地球の大気の中で燃え上がり、空にまばゆいばかりの光を生み出します。

2021年のこと座流星群はいつ見羅れる?

場所に関係なく、最適な表示チャンスは、月が沈んだ後、夜明け前の暗い時間帯に発生します。一般に、流星群は、放射点が上昇した後、放射点が空で一番高いときに最もよく見られます。北半球では夜明けに空に放射点が高くなりますから、こと流星群が北半球から最もよく観察できます。南半球からのスターゲイザーは、放射点が夜明けの前に上昇し、夜明けが明けると彼らのために空で低くなるので、より少ないこと座流星群を見るでしょう。

より多くの流星を捕まえるには、光害から遠く離れた場所を見つけてください。毛布、デッキチェア、魔法瓶をホットコーヒーまたは紅茶と一緒に用意して、体を暖かく保ちます。流星を見るのに特別な機器は必要ありません。暗闇の中で約30分後に目が暗闇に順応し、優れた観測ツールになります。

とも座π流星群

南半球にいる人々のために、4月に見るべきもう一つの流星群があります。それはとも座π流星群です。この流星はこと座流星群よりもはるかに弱いですが、それでもスターゲイザーに空の流星を見る機会を提供します。とも座π流星群は4月15日から28日まで活動しており、4月23日頃にピークに達します。この流星群の放射点は、南のとも座にあります。

美しい流星を楽しんだり、写真を撮ったり、ソーシャルメディアで共有することを忘れないでください。観察をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する