2022年の一番強い流星群:ヘルクレス座τ流星雨

~8 min
2022年の一番強い流星群:ヘルクレス座τ流星雨

最も強い流星群は流星嵐か流星雨(英語:meteor storm)と呼ばれます。レアで、珍しいイベントです。非常にレアなので、一生に1回か2回しか表示されない場合があります。そして、流星群は(おそらく)2022年に起こるでしょう。それを見逃さないようにこの記事を読んでください!

目次

流星嵐とは?

流星嵐は、1時間に1,000個以上の流星を提供する流星群です。

流星群の強度を測定するために、天文学者は天頂出現数(英語:Zenith Hourly Rate、ZHR)を使用します。これは、観測者が流星群の活動の極大時に見る可能性のある流星の数です。ZHRを計算するために、条件が理想的であり、流星群の放射点が天頂(頭の真上)にあると想定します。

弱い流星群は1時間あたり約2つの流星を生成し、中程度の流星群は2つから10個までです。主要な流星群は1時間あたり10個の流星を超え、約100個の流星のZHRを持つことさえできます。

しかし、ごくまれに、流星の数が1時間あたり数千に達することがあります。このようなイベントは流星嵐と呼ばれます。

流星嵐は数日間続くわけではないことに注意してください。このような爆発は、短時間(通常は数時間程度)しか見えません。

流星嵐の理由

流星嵐は、地球が彗星からの破片の密な層を通過するときに形成されます。

彗星はその後ろに塵と破片からなるダストトレイルを残し、それを地球の軌道が時々通過します。これが起こると、ダストトレイルが地球の大気中に燃え尽きて、空に明るい痕跡を形成します。つまり、流星です。これが流星群の発生方法です。ダストトレイルの密度に応じて、これは流星群または流星嵐をもたらします。

流星嵐はどのくらいの頻度で発生する?

流星嵐は一貫性がありません。たとえば、しし座流星群は33年ごとに流星嵐になると言われています。しかし、実際には、しし座流星嵐は1833年、1866年、1867年、1966年、1999年、2001年、2002年に発生し、これらの年の活動は1時間あたり1,000個から約50,000個の流星に変化しました。

その結果、流星嵐は予測するのが難しいです。したがって、次の10年間は流星嵐のカレンダーはありません。今後の注目すべき天文現象に遅れないようにしたい場合は、天文学アプリの通知をオンにできます。

ヘルクレス座τ(タウ)流星群:2022年の可能性のある流星嵐

ヘルクレス座τ流星群は2022年の最も有望な流星のイベントです。これは最年少の流星群の1つであり、非常に弱いため、ほとんどの流星群はそれを無視しています。しかし、今年、天文学者は、それが北アメリカ全体に見える空に忘れられないショーを作成すると考えています。

それは、ヘルクレス座τ流星群の母天体であるシュワスマン・ワハマン第3彗星に依存します。その彗星は1995年に最初に分裂し、明らかに分裂を続け、破片の量を増やしています。計算によると、2022年に、地球はこれまでにないほど密集したダストトレイルを横切る可能性があります。そのようなイベントの確率がどれほど高いか見てみましょう。

2022年に流星群が発生する?

ヘルクレス座τ流星嵐が発生するためには、2つの条件が必要です。

  1. 彗星の断片への崩壊;

  2. 粒子の放出速度は27m/sです。

これらの条件の少なくとも1つが満たされない場合、2022年に流星嵐は発生しません。ただし、観測者が1時間あたり少なくとも600個の流星を見る可能性は、90%です。これに対して、有名なペルセウス座流星群は、平均して1時間あたり100個の流星を提供します。

ヘルクレス座τ流星嵐の見る方法

流星を見る時間

流星嵐は5月30日から31日に発生すると予想されています。月は前日に新しい月になるので、その光が観測を妨げることはありません。

天文学者は現在、極大の開始に3つの異なる時間を提供しています。

  • 2022年5月31日、日本標準時13:55(グリニッジ標準時04:55);
  • 2022年5月31日、日本標準時14:04(グリニッジ標準時05:04);
  • 2022年5月31日、日本標準時14:17(グリニッジ標準時05:17)。

流星を見る機会を増やすために、事前に観測を開始することをお勧めします。さらに、流星嵐がどれくらい続くかはわかりません。その活動の極大は15分または数時間続く可能性があります。

流星を見る場所

ヘルクレス座τ流星群の放射点は、北アメリカ北部と中央部の多くで高く上昇します。しかし、米国北西部とカナダの大部分では、流星嵐の極大の可能性があるときに夕暮れがあります。日本では流星嵐が見えません。

流星は、うしかい座の明るい星アークトゥルスの近くにあるタウヘラクリスの放射点から飛んでいるように見えます。天文学アプリSkyTonightを使用して放射を検索します。アプリを起動し、左下隅にある拡大鏡アイコンをタップして、検索フィールドに「ヘルクレス座τ流星群」と入力します。次に、対応する検索結果のターゲットアイコンをタップすると、アプリが地図上に放射点を表示します。 流星の数を最大にするために、放射点から少し離れて見た方がいいです。

ヘルクレス座τ流星群の流星は遅く、したがってあまり明るくありません。過度の光はほとんどの流星を洗い流すので、非常に暗い場所から観察する必要があります。記事でもっと流星群を見るためのヒントを見つることができます。

よくある質問

流星群と流星嵐の違いは何ですか?

流星群は、その極大時に1時間あたり1個から数百個の流星を提供します。流星嵐の間、この数は1,000個以上増加します。つまり、基本的に、流星嵐は最も強い流星群です。流星についてもっと知ります

宇宙の岩石は、流星物質、流星、隕石、彗星、小惑星など、さまざまな名前で呼ぶことができます。それらを区別する方法は?このクイズに答えて、太陽系の小天体についての知識をテストし、スペースロックの専門家になりましょう。
クイズをスタート!

最大の流星群はいつでしたか?

最後に流星嵐が2002年に発生した。その年、1時間あたりしし座流星群の1,000個以上流星が流れました。「流れ星をキャッチ」クイズに答えて、流星イベントを見逃さない方法を知っていることを確認できます。

流星を見るために一番良い月の満ち欠けは何ですか?最も多くの流星を見るためにどこを見るべきですか?このクイズでは、流星群に関する知識をテストし、最も流星を見る方法に関する役立つヒントを得ることができます。
クイズをスタート!

2022年の最大の流星群は何ですか?

ヘルクレス座τ流星嵐についての予測が正しければ、間違いなく、それらはその年の最高の流星群になるでしょう。そうでなければ、いつものように、ペルセウス座流星群は世界中の観測者を喜ばせるでしょう。ペルセウス座流星群を観察する方法について読みます。

次の流星嵐はいつですか?

2022年5月末のヘルクレス座τ流星嵐の後、次の注目すべき流星群は2034年のしし座流星群になると予想されています。予測によると、その年、しし座流星群は400個か500個の流星を提供します。しかし、数千の流星について言えば、ジャコビニ流星が最大1時間あたり20,000個の流星を生成する可能性がある2098年まで待つ必要があります。

結論:流星嵐は、1時間あたり1,000個を超える流星を提供する強い流星群です。流星嵐を正確に予測することはできないので、そのようなイベントを見逃さないように、[最新の星空のニュース]に遅れずについていく必要があります。今年の5月30日から31日の夜、シュワスマン・ワハマン第3彗星からのダストトレイルが地球の大気に侵入し、北米全体に見える流星嵐を作り出すと予想されています。 今年は、シュワスマン・ワハマン第3彗星の爆発により、北米の大部分で5月30〜31日に流星群が発生する可能性があります。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot