天文現象カレンダー2023年:半影月食、流星群、満月など

Astronomy calendar 2023

2023年には、日食・月食、流星群明るい彗星が地球を通過するなど、多くの重要な天文イベントが用意されています。この天文現象カレンダーがあれば、見逃すことはありません!

内容

今日の空に何があるかわかる方法#

この記事では、すべての注目すべき天文イベントを日付別にリストしました。ブックマークして、星空を見に行くたびにチェックできます。さらにSky Tonightアプリでも便利な天文カレンダーがあります。アプリは、現在の場所で見える天体の出来事を、詳細な情報と観測条件とともに表示します。特定のイベントを見逃さないように、リマインダーを設定できます。

2023年の主な天文現象#

このリストには、2023年に観測可能な天文イベントと、タイミング、場所、観測条件が含まれています。月の近くの惑星、または惑星の合の日時を説明します。[満月]と新月の満ち欠け、最高の流れ星の夜、ユニークな日食と月食などです。長い記事を読む時間がありませんか?心配しないでください。2023年最大の10つの天文現象は、インフォグラフィック形式で確認できます。

2023年に見るべき天体現象は何ですか?このカレンダーは、その年の最も壮観な天文イベントをいつ、どこで見ることができるかを教えてくれます!
インフォグラフィックを見る

1月の天文現象:流星群、合、月による掩蔽#

1月4日:しぶんぎ座流星群の極大 🌟#

しぶんぎ座流星群は12月12日から1月12日にかけて発生し、1月4日頃にピークに達します。うしかい座でその放射点を探します。理想的な条件下では、1時間に最大110個の流星を見ることができますが、今年は流星群が満月の近くでピークに達します。したがって、満月の光が視界を遮ります。なので、月が沈んだ後から日の出まで流星群を観察するのが良いでしょう。流星群は北半球から見るのが一番良いでしょう。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

1月7日:満月#

ウルフムーンは日本時間1月7日8:08(1月6日23:08 GMT)です。月はふたご座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

1月22日:新月#

新月は日本時間1月22日05:53(1月21日20:53 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

1月23日:金星と土星が合#

日本時間1月23日06:53(1月22日21:53 GMT)に、金星(等級-3.9)は土星(等級0.7)の南を0°21'通過します。金星と土星はやぎ座で出会うでしょう。2つの惑星は望遠鏡の視野に収まりますが、双眼鏡や肉眼でも見ることができます。

1月23日:月と土星・月と金星が合#

日本時間1月23日16:22(07:22 GMT)に、土星(等級0.7)が、やぎ座で2日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°49'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

その日の後半、17:22(08:20 GMT)に、月は金星(等級-3.9)の近くを通過します。2つの天体の間の距離は3°27'で、望遠鏡の視野に収まりきらない距離です。幸いなことに、それらは肉眼で見つけられるほど明るくなります。

1月31日:月による火星の掩蔽#

日本時間1月31日13:27(04:27 GMT)に、火星(等級-0.3)はおうし座で月(等級-12.3)の後ろに隠れます。月による掩蔽はアメリカ大陸の一部から見えます。天体は肉眼でもよく見えますが、望遠鏡や双眼鏡を使ってもっとよく見ることができます。お住まいの地域で月による掩蔽が見られるかどうか、Sky Tonightアプリで確認できます。

2月の天文現象:明るい彗星、合、掩蔽#

2月1日:ZTF彗星(C/2022 E3)が最大の明るさに達す 🌟#

明るいZTF彗星が太陽系の内側に向かっています。2月1日に最大光度に達し、地球から0.28天文単位の距離できょう座に接近します。さまざまな推定によると、彗星は5.1~7.35等級に達する可能性があります。双眼鏡で、あるいは肉眼でもよく見えるでしょう。

2月6日:満月#

スノームーンは日本時間2月6日3:29(2月5日18:29 GMT)です。月はかに座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

2月15日:金星と海王星が合#

日本時間2月15日21:19(12:19 GMT)に、金星(等級-4.0)は海王星(等級8.0)の南を45”通過します。金星と海王星はみずがめ座で出会うでしょう。2つの惑星は望遠鏡の視野に収まりますが、双眼鏡でも見ることができます。

2月20日:新月#

新月は日本時間2月20日16:06(07:06 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

2月22日:月と金星が合#

日本時間2月22日16:57(07:57 GMT)に、金星(等級-4.0)が、うお座で2日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°05'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

2月23日:月による木星の掩蔽#

日本時間2月23日07:57(2月22日22:57 GMT)に、木星(等級-2.1)はうお座で月(等級-10.3)の後ろに隠れます。月による掩蔽は南アメリカと南極の一部から見えます。天体は肉眼でもよく見えますが、望遠鏡や双眼鏡を使ってもっとよく見ることができます。お住まいの地域で月による掩蔽が見られるかどうか、Sky Tonightアプリで確認できます。

3月の天文現象:春分点、惑星の合、月による掩蔽#

3月2日:金星と木星が合#

日本時間3月2日13:15(04:15 GMT)に、金星(等級-4.0)は木星(等級-2.1)の北を0°32'通過します。金星と木星はうお座で出会うでしょう。2つの惑星は望遠鏡の視野にかろうじて収まりますが、双眼鏡や肉眼でも見ることができます。

3月7日:満月#

ワームムーンは日本時間3月7日21:40(12:40 GMT)です。月はしし座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

3月21日:春分点 🌟#

春分点は、北半球では春の始まり、南半球では秋の最初の日です。2023年の春分点は、日本時間3月21日06:25(3月20日21:25 GMT)です。楽しく教育的な分点と至点についてクイズを作りました。これら2つの天文イベントの違いがわかるかどうか確認できます。

クイズに答えて知識を確認し、これら2つの天文イベントについて詳しく学べます。
クイズに答える!

3月22日:新月#

新月は日本時間3月22日02:23(3月21日17:23 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

3月24日:月による金星の掩蔽#

日本時間3月24日19:32(10:32 GMT)に、金星(等級-4.0)はおひつじ座で月(等級-10.1)の後ろに隠れます。月による掩蔽はアフリカとアジアの一部から見えます。天体は肉眼でもよく見えますが、望遠鏡や双眼鏡を使ってもっとよく見ることができます。お住まいの地域で月による掩蔽が見られるかどうか、Sky Tonightアプリで確認できます。

3月28日:月と火星が合#

日本時間3月28日22:16(13:16 GMT)に、火星(等級0.9)が、ふたご座で7日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°17'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

4月の天文現象:金環皆既日食、流星群、合#

4月6日:満月#

ピンクムーンは日本時間4月6日13:34(04:34 GMT)です。月はおとめ座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

4月16日:月と土星が合#

日本時間4月16日12:47(03:47 GMT)に、土星(等級0.8)が、みずがめ座で26日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°29'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

4月20日:新月#

新月は日本時間4月20日13:12(04:12 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

4月20日:金環皆既日食 🌟#

金環皆既日食(金環皆既食)は、日本時間4月20日10:36から15:59(01:36から06:59 GMT)まで発生します。東ティモール、インドネシア、オーストラリアから見えます。ほとんどの場合、金環皆既日食は金環で始まり、皆既日食になり、月の影が地球の表面を移動するにつれて金環に戻ります。これは非常にまれな天体イベントです。今世紀、この種の日食は7回しか見られません。日食と月食についての知識をクイズでテストできます。しかし、質問は思ったより難しいです!

月から日食を見ることができますか?日食が最初にビデオに記録されたのはいつですか?このクイズで日食と月食の知識をテストします。
クイズをスタート!

4月21日:月と水星が合#

日本時間4月21日16:05(07:05 GMT)に、水星(等級2.1)が、おひつじ座で1日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は1°53'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、双眼鏡で合を確認できます。

4月23日:こと座流星群の極大#

こと座流星群は4月16日から25日にかけて発生し、4月23日頃にピークに達します。現地時間の午前0時頃からヘラクレス座の放射点を探します。理想的な条件下では、1時間に最大18個の流星を見ることができます。9%照らされた三日月は、視界を妨げません。こと座流星群は北半球から見るのが一番良いでしょう。南半球でも見えますが、流星の数は少なくなります。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

4月23日:月と金星が合#

日本時間4月23日22:03(13:03 GMT)に、金星(等級-4.1)が、おうし座で3日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は1°18'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

4月26日:月と火星が合#

日本時間4月26日11:18(02:18 GMT)に、火星(等級1.3)が、ふたご座で6日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°13'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

5月の天文現象:半影月食、合、月による掩蔽、水星が最大離角#

5月6日:満月#

フラワームーンは日本時間5月6日02:34(5月5日17:34 GMT)です。月はてんびん座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

5月6日:半影月食#

日本時間00:15から04:32まで(15:15から19:32 GMT)、アフリカ、オセアニア、アジア、東ヨーロッパ、ギリシャからの観測者は、半影月食を経験します。この月食の種類は肉眼では見えないため、経験豊富な天文学者のみが注目に値します。日食と月食についての知識をクイズでテストできます。しかし、質問は思ったより難しいです!

月から日食を見ることができますか?日食が最初にビデオに記録されたのはいつですか?このクイズで日食と月食の知識をテストします。
クイズをスタート!

5月13日:月と土星が合#

日本時間5月13日22:04(13:04 GMT)に、金星(等級0.8)が、みずがめ座で23日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°17'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

5月17日:月による木星の掩蔽#

日本時間21:40(12:40 GMT)に、木星(等級-2.1)はうお座で月(等級-9.4)の後ろに隠れます。月による掩蔽はアメリカ大陸とヨーロッパの一部から見えます。天体は肉眼でもよく見えますが、望遠鏡や双眼鏡を使ってもっとよく見ることができます。お住まいの地域で月による掩蔽が見られるかどうか、Sky Tonightアプリで確認できます。

5月20日:新月#

新月は日本時間5月20日00:53(5月19日15:53 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

5月23日:月と金星が合#

日本時間5月23日21:08(12:08 GMT)に、金星(等級-4.2)が、ふたご座で4日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°12'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

5月29日:水星が西方最大離角#

日本時間の5月29日13:59(04:59 GMT)に、水星(等級0.4)は空の太陽から西に最も遠い点に到達します。2つの天体の間の距離は24.9°になります。水星は、太陽から24.9°離れたいて座で輝きます。このイベントは最大離角と呼ばれます。水星の観測に最適な時期ですので、この機会をお見逃しなく!

6月の天文現象:夏至、合#

6月4日:満月#

ストロベリームーンは日本時間6月4日12:42(03:42 GMT)です。月はさそり座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

6月14日:月と木星が合#

日本時間6月14日15:33(06:33 GMT)に、木星(等級-2.2)が、おひつじ座で26日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は1°30'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

6月17日:月と水星が合#

日本時間6月17日05:40(6月16日20:40 GMT)に、水星(等級-0.8)が、おうし座で28日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は4°18'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

6月18日:新月#

新月は日本時間6月18日13:37(04:37 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

6月21日:夏至 🌟#

6月の至点は、北半球では天文の夏の最初の日であり、南半球では冬の最初の日です。2023年の夏至は、日本時間6月21日23:58(14:58 GMT)です。北半球で一番長い日となります。逆に、南半球からの観測者は、1年で一番少ない量の日光と最も短い日を経験します。楽しく教育的な分点と至点についてクイズを作りました。これら2つの天文イベントの違いがわかるかどうか確認できます。

クイズに答えて知識を確認し、これら2つの天文イベントについて詳しく学べます。
クイズに答える!

6月22日:月と金星が合#

日本時間6月22日09:47(00:47 GMT)に、金星(等級-4.4)が、かに座で4日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°41'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

7月の天文現象:スーパームーン、流星群、合#

7月3日:満月#

スーパーバックムーンは日本時間7月3日20:39(11:39 GMT)です。月はいて座にあります。「スーパー」というは、満月が地球への月の近地点とほぼ一致することを意味します。スーパームーンは通常よりも大きく明るく見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

7月12日:月と木星が合#

日本時間7月12日06:18(7月11日21:18 GMT)に、木星(等級-2.3)が、おひつじ座で23日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°13'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

7月18日:新月#

新月は日本時間7月18日03:32(7月17日18:32 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

7月20日:月と金星が合#

日本時間7月20日17:38(08:38 GMT)に、金星(等級-4.4)が、しし座で3日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は7°51'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

7月27日:金星と水星が合#

日本時間7月27日20:00(11:00 GMT)に、金星(等級-4.3)は水星(等級-0.1)の南を5°17'通過します。金星と海水星はしし座で出会うでしょう。2つの惑星は望遠鏡の視野に収まりますが、双眼鏡や肉眼でも見ることができます。

7月30日:みずがめ座δ南流星群の極大#

みずがめ座δ南流星群は、7月12日から8月23日まで続き、7月30日頃にピークに達します。みずがめ座にある放射点を探してください。理想的な条件下では、1時間に最大25個の流星を見ることができますが、今年は89%照らされた月の近くで流星群が発生し、その光が視界を遮ります。したがって、月の入り後から日の出まで、みずがめ座δ南流星群を観察することをお勧めします。流星群は南半球からよりよく見えますが、北半球の南緯からも見ることができます。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

8月の天文現象:スーパームーン、流星群、土星衝、スーパーブルームーン#

8月2日:スーパームーン(満月)#

スーパースタージョンムーンは日本時間8月2日03:31(8月1日18:31 GMT)です。月はやぎ座にあります。「スーパー」というは、満月が地球への月の近地点とほぼ一致することを意味します。スーパームーンは通常よりも大きく明るく見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

8月13日:ペルセウス座流星群の極大 🌟#

ペルセウス座流星群は7月17日から8月24日にかけて発生し、8月13日頃にピークに達します現地時間の午前0時頃から、ペルセウス座でその放射点を探します。理想的な条件下では、1時間に最大100個の流星を見ることができます。10%照らされた月は、三日月が欠けていく段階にあり、視界を遮ることはありません。流星群は北半球から見るのが一番良いでしょう。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

8月16日:新月#

新月は日本時間8月16日18:38(09:38 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

8月27日:土星が衝 🌟#

日本時間8月27日23:52(14:52 GMT)に、[土星が衝]になり、0.4等級で最も明るく輝きます。土星はみずがめ座に位置し、肉眼では黄色がかった点のように見えます。双眼鏡で土星の楕円形を見ることができますが、環を見るには少なくとも4インチの小さな望遠鏡が必要です。

8月31日:月と土星が合#

日本時間8月31日03:03(8月30日18:03 GMT)に、土星(等級0.4)が、みずがめ座で14日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°29'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

8月31日:スーパーブルームーン(満月) 🌟#

スーパーブルームーンは日本時間8月31日10:35(01:35 GMT)です。月はみずがめ座にあります。「ブルームーン」という名前は、暦月に起こる2回目の満月に使用されます。月は本当に青くなるのでしょうか?月の色についての楽しいクイズで確認してください。さらに、2023年の最大のスーパームーンになります!スーパームーンと通常の満月の違いについては、別の記事をご覧ください。

いつブラッドムーンを見ることができますか?月が時々白く、時にはオレンジ色に見えるのはなぜですか? このクイズで月についてもっと学びましょう!
クイズをスタート!
2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

9月の天文現象:秋分点、合、スーパームーン、海王星衝#

9月5日:月と木星が合#

日本時間9月5日04:44(9月4日19:44 GMT)に、木星(等級-2.7)が、おひつじ座で19日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°18'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

9月5日:新月#

新月は日本時間9月5日10:40(01:40 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

9月20日:海王星が衝#

日本時間9月20日01:54(9月19日16:54 GMT)に、海王星がになります。海王星はうお座で7.8等で輝きます。日没直後に太陽と反対の方向に昇り、現地時間の真夜中頃に最高点に達し、夜明けまで空にとどまります。海王星は最も明るい状態でも夜空では見分けがつきにくいので、望遠鏡を持って惑星の眺めを楽しみましょう。

9月23日:秋分点 🌟#

秋分点は、北半球では秋の始まり、南半球では春の最初の日です。2023年の秋分点は、9月23日15:50(06:50 GMT)です。楽しく教育的な分点と至点についてクイズを作りました。これら2つの天文イベントの違いがわかるかどうか確認できます。

クイズに答えて知識を確認し、これら2つの天文イベントについて詳しく学べます。
クイズに答える!

9月27日:月と土星が合#

日本時間9月27日10:25(01:25 GMT)に、土星(等級0.4)が、みずがめ座で12日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°38'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

9月29日:スーパームーン(満月)#

スーパーハーベストムーンは日本時間9月29日18:57(09:57 GMT)です。月はうお座にあります。「スーパー」というは、満月が地球への月の近地点とほぼ一致することを意味します。スーパームーンは通常よりも大きく明るく見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

10月の天文現象:金環日食、流星群、合、部分月食、新月#

10月2日:月と木星が合#

日本時間10月2日12:16(03:16 GMT)に、木星(等級-2.8)が、おひつじ座で17日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は3°23'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

10月9日:りゅう座流星群の極大#

りゅう座流星群は10月6日から10日にかけて発生し、10月9日頃にピークに達します。日没後すぐに、りゅう座で放射点を探します。理想的な条件下では、1時間に最大10個の流星を見ることができます。25%照らされた下弦の月は視界を遮りません。りゅう座流星群は北半球から見るのが一番良いでしょう。

10月15日:新月#

新月は日本時間10月15日02:55(10月14日17:55 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

10月15日:金環日食 🌟#

日本時間10月15日00:05から05:55まで(10月14日15:05から20:55 GMT)、米国、メキシコ、ベリーズ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ、コロンビア、ブラジルからの観測者が金環日食を見るでしょう。月は太陽の中心を覆い、観測者はその周りに「火の輪」を見ることができます。日食と月食についての知識をクイズでテストできます。しかし、質問は思ったより難しいです!

月から日食を見ることができますか?日食が最初にビデオに記録されたのはいつですか?このクイズで日食と月食の知識をテストします。
クイズをスタート!

10月22日:オリオン座流星群の極大#

オリオン座流星群は10月2日から11月7日にかけて発生し、10月22日頃にピークに達します。現地時間の午前0時頃から、オリオン座で放射点を探します。理想的な条件下では、1時間に最大20個の流星を見ることができます。49%照らされた月は真夜中過ぎに沈むので、視界を妨げることはありません。オリオン座流星群は両方の半球からよく見えます。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

10月24日:月と土星が合#

日本時間10月24日16:52(07:52 GMT)に、土星(等級0.5)が、みずがめ座で10日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°46'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

10月29日:満月#

ハンターズムーンは日本時間10月29日05:24(10月28日20:24 GMT)です。月はてんびん座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

10月29日:部分月食#

日本時間10月29日04:36から05:53(10月28日19:36から20:53 GMT)まで、観測者は部分月食を見られます。この月食の間、月の円盤の一部が暗く見えます。これは、地球の影に覆われているためです。月食は、アフリカ、オセアニア、南北アメリカ、アジア、ヨーロッパなど、地球の夜側のいたるところで見られます。月食の最大段階は日本時間05:15(10月28日20:15 GMT)です。その時点で、月の円盤の12%が影になります。

11月の天文現象:惑星が合、流星群、月による掩蔽#

11月3日:木星が衝 🌟#

日本時間11月3日19:44(10:44 GMT)に、木星が[衝]になります。おひつじ座に明るい点を探します。木星は-2.9等で輝きます。「明けの明星」金星だけがそれよりも明るくなります。

11月9日:月による金星の掩蔽#

日本時間11月9日19:34(10:34 GMT)に、金星(等級-4.3)はおとめ座で月(等級-10.5)の後ろに隠れます。月による掩蔽はアフリカ、ヨーロッパ、グリーンランドの一部から見えます。天体は肉眼でもよく見えますが、望遠鏡や双眼鏡を使ってもっとよく見ることができます。お住まいの地域で月による掩蔽が見られるかどうか、Sky Tonightアプリで確認できます。

11月13日:新月#

新月は日本時間11月13日18:27(09:27 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

11月14日:天王星が衝#

日本時間11月14日09:32(00:32 GMT)に、天王星がになります。惑星はおひつじ座で5.6等で輝きます。天王星が最も明るくて大きくときでも、見つけるのは難しいため、少なくとも小さな望遠鏡で検索することをお勧めします。天王星は、現地時間の真夜中頃に観察するのに最適な位置になります。

11月18日:しし座流星群の極大#

しし座流星群は11月6日から30日にかけて発生し、11月18日頃にピークに達します。現地時間の真夜中の少し前に、しし座で放射点を探し始めます。理想的な条件下では、1時間に最大10個の流星を見ることができます。25%照らされた上弦の三日月は視界を妨げません。しし座流星群は両方の半球からよく見えます。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

11月27日:満月#

ビーバームーンは日本時間11月27日18:16(09:16 GMT)です。月はおうし座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

12月の天文現象:流星群、冬至、合#

12月13日:新月#

新月は日本時間12月13日08:32(12月12日23:32 GMT)です。この時点で、月は地球と太陽の間にとどまるため、その明るい面は地球から離れた方向を向いています。月の光が視界を遮らないので、星空観察に最適な時期です。

12月14日:ふたご座流星群の極大 🌟#

ふたご座流星群は12月4日から17日にかけて発生し、12月14日頃にピークを迎えます。現地時間の22:00頃からふたご座に放射点を探します。理想的な条件下では、1時間に最大150個の流星を見ることができます。ふたご座流星群は新月の直後にピークに達するので、視界を遮ることはありません。ふたご座流星群は両方の半球からよく見えます。クイズに答えて、流れ星を見る準備ができているか確認できます

このクイズに答えて、流星の狩りの準備ができているかどうかを確認し、多く流星を捕まえるための役立つヒントを入手します。
クイズをスタート!

12月22日:冬至 🌟#

12月の至点は、北半球では天文の冬の最初の日であり、南半球では夏の最初の日です。2023 年には、日本時間12月22日12:28(03:28 GMT)に開催されます。北半球で一番短い日になります。反対に、南半球では、1年間で最も多くの日光と最も長い日を経験します。楽しく教育的な分点と至点についてクイズを作りました。これら2つの天文イベントの違いがわかるかどうか確認できます。

クイズに答えて知識を確認し、これら2つの天文イベントについて詳しく学べます。
クイズに答える!

12月22日:月と木星が合#

日本時間12月22日23:20(14:20 GMT)に、木星(等級-2.7)が、おひつじ座で10日目の月と出会います。2つの天体の間の見かけの距離は2°36'になります。望遠鏡で一度に見るには遠すぎますが、肉眼や双眼鏡で合を見ることができます。

12月23日:こぐま座流星群#

こぐま座流星群は12月17日から26日にかけて発生し、12月23日頃にピークに達します。こぐま座の放射点を探してください。理想的な条件下では、1時間に最大10個の流星を見ることができます。ただし、今年は流星群が満月の3日前にピークに達するため、84%の照度を持つ月が視界を遮ります。月の入り後から日の出までの間、流星群の観察を開始します。こぐま座流星群は、北半球から見るのが最適です。

12月27日:満月#

コールドムーンは日本時間12月27日12:33(00:33 GMT)です。月はぎょしゃ座にあります。技術的には、満月は月が太陽から地球の反対側にある瞬間だけ続きますが、月の円盤はその前後の1日間満月に見えます。

2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

結論:これで、2023年の主要な天体イベントがすべてです。これらの最高の天体イベントは、2023年の10つの主な天文現象に関する別の記事に記載されています。Sky Tonightアプリでさらに完全なカレンダーを入手し、SNSでフォローして、最新の天文学ニュースを入手してください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot