ZTF彗星(C/2022 E3):2023年に明るくなる可能性のある彗星

~6 min
ZTF彗星(C/2022 E3):2023年に明るくなる可能性のある彗星

現在、ZTF彗星(C/2022 E3)はかなり暗いですが、2023年2月までに双眼鏡で見えるほど明るくなる可能性があります。この記事では、ZTF彗星(C/2022 E3)について知られているすべてをまとめました。

内容

新しい彗星:ZTF彗星(C/2022 E3)

2022年3月2日、わし座で、太陽から4天文単位の距離に、新しい彗星が発見されました。当時、それは17等級のぼんやりした点のように見えました。天文学者の3つのチームが新しい天体の画像を撮影し、[コマ](https://en.wikipedia.org/wiki/Coma_(cometary)があること、したがって小惑星ではなく彗星であることを確認しました。

彗星の名前には、最初に見られた場所と時期に関するデータがあります。

  • Cという文字は、彗星が周期的ではないことを意味します。太陽系を一度だけ通過するか、太陽の周りを周回するのに200年以上かかる場合があります;
  • 2022 E3は、(IAUの彗星命名システムによる)この彗星が2022年3月の初めに発見されたこととこの期間に発見された3番目のそのような天体になったことを意味します;
  • ZTFは、Zwicky Transient Facilityの望遠鏡を使用して発見されたことを意味します。

ZTF彗星(C/2022 E3)を見るのに最適な時期

現在、彗星は太陽系の内側に向かっており、徐々に明るくなっています。2023年1月12日に、近日点に到達して、太陽に1.11天文単位の距離で最接近します。2023年2月1日に、きょう座を横切りながら、0.28天文単位の距離で地球を通過します。彗星が最大の明るさに達するこの時期は、彗星を見るのに最適な時期です。さまざまなソースで予想される等級は、5.1から7.35までさまざまです。その時までに、彗星は双眼鏡で、またはいくつかの予測によれば、肉眼でも観察できるようになると推定されています。

彗星の見方

彗星の観察のルールは、通常、銀河や星雲などの場合と同じです。最も暗い空を見つけて、望遠鏡または双眼鏡を持ってより良い写真を撮りましょう。そらし目も役立つかもしれません。

彗星の明るさを予測するのは困難です。非常に明るいと予想されていた彗星が、近日点で突然暗くなったり、バラバラになったりする場合がありました。したがって、最新のデータへのアクセスが必要です。

ZTF彗星(C/2022 E3)の見つけ方

彗星を見つける最も簡単な方法は、Star Walk 2Sky Tonightなどの星空アプリを使用することです。例えば、Sky Tonightを使用している場合は、画面下部の拡大鏡アイコンをタップします。次に、検索バーに「ZTF彗星(C/2022 E3)」と入力し、検索結果に表示される彗星名を見つけます。名前の反対側にあるターゲットアイコンをタップすると、アプリに彗星の現在の位置が表示されます。デバイスを空に向け、白い矢印に従って見つけます。

より古典的な方法は、観察セッションの前に、事前にテーマ別サイトで必要な情報を検索することです。例えば、theskylive.comastro.vanbuitenen.nlはマップを提供し、宇宙での彗星の現在位置と軌道を示します。aerith.netでは、さまざまな半球での天体暦や観測条件など、最も明るい彗星に関する毎週の更新も見つけることができます。

ZTF彗星(C/2022 E3)は今夜見えるのか?

有利な軌道により、ZTF彗星は太陽から十分に離れており、その光で失われることはありません。それは、太陽系内部を移動するほとんどの間、夜空にとどまります。望遠鏡がある観測者は、今すぐこの彗星を見ることができます。現時点では、へび座にあり、等級9ぐらいで輝いています。2023年2月初旬までは、北半球からしか観測できません。

2023年1月中旬までに、彗星はうしかい座に移動し、その後数日間、りゅう座とこぐま座を訪れ、2023年2月1日にきょう座で最も明るくなります。その時までに、南の空に再び姿を現し、双眼鏡で、(あるいはできれば肉眼でも)世界中で見ることができるでしょう。

口径10インチサイズ以上の望遠鏡を持っている幸運な所有者は、今すぐ彗星を見ることができます。現時点では、彗星はかんむり座にあり、等級は12.99です。2023年1月中旬までにうしかい座に移動し、その後、りゅう座とこぐま座を数日間訪れ、2023年2月1日にきょう座で最も明るくなります。その頃には、双眼鏡で、できれば肉眼でも見えるようになるでしょう。

結論:ZTF彗星(C/2022 E3)が地球に向かっています。2023年2月1日までに最大光度に達し、両眼視天体になります。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot