2024年3月の深空天体のおすすめ

~8 min

3月は遠距離天体愛好家にとって特別な月です。まず、それは「銀河シーズン」の始まりを示します — 3月から5月まで、多くの著名な銀河が夜空で観察するのに適した位置にあります。また、3月には有名なメシエマラソンが始まります。世界中の人々が1晩で可能な限り多くのメシエカタログの天体を観察しようとします。この記事では、今月見ることができる明るい遠距離天体の10つについて学びます。我々は、天体を最も暗いものから最も明るいものまで配列しました。すべての天体はSky Tonight天文アプリを使用して空で見つけることができます。

内容

10. ふくろう星雲

Owl Nebula
  • 別名:M97、NGC 3587
  • 見かけのサイズ:3.4′ × 3.3′
  • 見かけの等級:9.9
  • 星座:おおぐま座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:双眼鏡では非常に小さくて薄暗いので、ふくろう星雲を見つけるのは非常に難しいです。観察するには、少なくとも3インチまたは4インチの望遠鏡を使用する必要があります。
  • 説明:M97は1781年にピエール・メシャンによって発見された惑星状星雲です。この星雲は、最も有名な特徴である一対の暗い「目」からふくろう星雲として知られています。これらの「目」は、観察者を見つめているように見えます。

9. NGC 2903

NGC 2903
  • 別名:PGC 27077、UGC 5079
  • 見かけのサイズ:11.48′ × 5.25′
  • 見かけの等級:9.0
  • 星座:しし座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:10倍50の双眼鏡では、NGC 2903は小さなぼんやりとした模様として見えます。4インチから6インチの望遠鏡を使うと、より詳細に見ることができます。
  • 説明:NGC 2903は1784年にウィリアム・ハーシェルによって発見された孤立した棒渦巻銀河です。一部の天文学者はこれを「メシエのリストにない最高の銀河」と考えています。

8. NGC 2403

NGC 2403
  • 別名:Caldwell 7
  • 見かけのサイズ:21.9′ × 12.3′
  • 見かけの等級:8.9
  • 星座:きりん座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:NGC 2403は大口径の双眼鏡で見ることができるほど明るいです。小さな望遠鏡を使うと、銀河の渦巻き構造が見えるでしょう。
  • 説明:NGC 2403は1788年にウィリアム・ハーシェルによって発見された中間渦巻銀河です。外観上、これはさんかく座銀河(M33)に類似しています。

7. 葉巻銀河

Cigar Galaxy
  • 別名:M82、NGC 3034
  • 見かけのサイズ:11.2′ × 4.3′
  • 見かけの等級:8.41
  • 星座:おおぐま座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:M82は双眼鏡で見つけるのが難しいかもしれませんが、それでも可能です。それは(近くに明るいM81銀河がある)微小な光のにじみのように見えるでしょう。葉巻銀河を観察するには、8インチの望遠鏡を使用する方が良いでしょう。
  • 説明:M82は1774年にヨハン・エルート・ボーデによって発見された渦巻銀河です。これはいわゆるスターバースト銀河であり、通常の銀河よりも何十倍もしくは何百倍もの速度で星を生み出します。

6. 回転花火銀河

Pinwheel Galaxy
  • 別名:M101、NGC 5457
  • 見かけのサイズ:28′.8 × 26′.9
  • 見かけの等級:7.9
  • 星座:おおぐま座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:暗い空の下では、10x50の双眼鏡でかんたんにか回転花火銀河を観察できます。一部の天文学者は、この銀河は望遠鏡よりも双眼鏡で見つけやすいとさえ言います。
  • 説明:M101は1781年にピエール・メシャンによって発見された渦巻銀河です。これはかなり大きな銀河であり(ほぼ我々の天の川銀河の2倍の大きさ)、約1兆個の星を含んでいます。

5. ボーデの銀河

Bode’s Galaxy
  • 別名:M81、NGC 3031
  • 見かけのサイズ:26.9′ × 14.1′
  • 見かけの等級:6.9
  • 星座:おおぐま座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:M81は双眼鏡で見るのに十分な明るさがあります。銀河の構造を見るには最低でも8インチの望遠鏡が必要です。
  • 説明:M81は1774年にヨハン・エレルト・ボーデによって発見された渦巻銀河です。その大きなサイズと比較的高い輝度のため、ボーデの銀河はアマチュア天文家の間で人気のある標的となりました。

4. M67

King Cobra Cluster (M67)
  • 別名:M67、NGC 2682
  • 見かけのサイズ:22.8′
  • 見かけの等級:6.1
  • 星座:かに座
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見方:M67は10x50の双眼鏡で見ることができます。それは伸びた光のパッチのように見えます。小さな望遠鏡は、星団の最も明るい星を見るのに役立ちます。
  • 説明:M67は1779年にヨハン・ゴットフリート・ケーラーによって発見された散開星団です。500以上の星を含み、32億から50億歳と推定されています。ミルキーウェイの星団の中でM67より古いものはほとんどありません。

3. M46

M46
  • 別名:NGC 2437
  • 見かけのサイズ:22.8′
  • 見かけの等級:6.0
  • 星座:とも座
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見方:M46星団は双眼鏡で簡単に見ることができます。M46の近くには、別の散開星団であるM47(等級4.4)も見ることができます。これらの2つの星団は双眼鏡の視野によく収まります。また、望遠鏡があれば、M46内の惑星状星雲NGC 2438(等級10.8)を見ることもできます!
  • 説明:M46は1771年にシャルル・メシエによって発見された散開星団です。この星団には約500個の星が含まれており、2億5100万年前に形成されたと考えられています。

2. M48

M48
  • 別名:NGC 2548
  • 見かけのサイズ:30′
  • 見かけの等級:5.8
  • 星座:うみへび座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:良好な大気条件下では、M48星団は肉眼で見ることができます。ほとんどの双眼鏡では、数十個の星が見えます。
  • 説明:M48は1771年にシャルル・メシエによって発見された散開星団です。この星団には約80個の星が含まれており、推定年齢は約5億年です。

1. プレセペ星団

Beehive Cluster (M44)
  • 別名:M44, NGC 2632
  • 見かけのサイズ:95′
  • 見かけの等級:3.1
  • 星座:かに座
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見方:暗い空の下では、プレセペ星団は明るく、肉眼でも観察することができ、ぼんやりとした光のかたまりとして見えます。ただし、星団をよりはっきりと見るには、10倍50倍の双眼鏡や小さな望遠鏡を使用することをお勧めします。
  • 説明:M44は1609年にガリレオ・ガリレイによって望遠鏡で初めて観察された散開星団です。この星団は約6億年前に形成され、約1,000個の星を含んでいます。

3月の遠距離天体: 結論

3月には、ふくろう星雲、ボーデの銀河、そしてプレセペ星団を含む、複数の遠距離天体を観察することができます。これらの多くは双眼鏡で観察でき、一部は肉眼でも見ることができます。天文アプリSky Tonightを使用して、これらの天体を夜空で見つけてください。遠距離天体が好きなら、楽しいクイズに挑戦してみてください。写真から星雲の名前を推測する必要があります!

Guess the Nebula!
天文学者は奇妙な人々であり、はしばし、奇妙な考えによって物事に名前を付けます。あなたがどれほど奇妙か見てみましょう。その写真から星雲の名前を推測してみましょう!
クイズをスタート!
テキストクレジット:
Trustpilot