2023年1月に見える銀河と星団

~10 min
M47 star cluster

新年の最初の月には、夜空に見るべき多くの美しいターゲットがもたらされます。この記事では、1月に観測するのに適した星団(そして、1つの星団)について説明します。一覧に記載されている日付は、天体が空で最も高くなる夜です。すべての天体は、現地時間の午前0時頃に最高点に到達します。Sky Tonightアプリを使用して、空にあるこれらすべてと他の多くの深空天体を見つけることができます。

内容

小プレセペ星団(M41、NGC 2287)#

  • 日付:2023年1月2日
  • 等級:4.5
  • 星座:おおいぬ座
  • 月の輝面率:89%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯49度までの緯度
  • 見方:小プレセペ星団は、10x50の双眼鏡または小さな望遠鏡で見ることができます。空で最も明るい星であるおおいぬ座のシリウスの近くで見つけることができます。南緯では、上弦の月が真夜中過ぎに地平線の下に沈むため、観測の妨げにはなりません。
  • 説明:M41は、イタリアの天文学者ジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナが1654年より前に発見した散開星団です。この星団は直径約25光年です。空の満月ほどの大きさの領域を占め、約100個の星が含まれています。推定年齢は1億9000万年で、3億年後に崩壊する可能性があります。

M47(NGC 2422)#

  • 日付:2023年1月15日
  • 等級:4.4
  • 星座:とも座
  • 月の輝面率:35%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯55度から南緯84度までの緯度
  • 見方:M47は10x50の双眼鏡または小さな望遠鏡で見ることができます。完全に暗い空の下では、肉眼でも見ることができます。おおいぬ座のシリウス付近で探します。欠けていく三日月は、観測の障害にはなりません。
  • 説明:M44と同様に、散開星団M47は1654年以前のある時期にジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナによって発見されました。この星団は直径約14光年で、見かけの大きさは満月とほぼ同じです。M47は約7800万歳で、約500個の星が含まれています。

NGC 2403(Caldwell 7)#

  • 日付:2023年1月15日
  • 等級:8.9
  • 星座:きりん座
  • 月の輝面率:35%
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見える場所:南緯4度までの緯度
  • 見方:銀河NGC 2403は肉眼では観測できませんが、大きな双眼鏡または小さな望遠鏡で見ることができます。それは、天の北極からそう遠くない位置にある、細長いぼんやりしたパッチのように見えます。欠けていく三日月は、観測に問題を引き起こすことはありません。さらに、真夜中頃になっても、北半球ではまだ地平線の下にあります。
  • 説明:NGC 2403は、1788年にウィリアム・ハーシェルによって発見された中間渦巻銀河で、M81銀河群に属します。 NGC 2403の直径は約5万光年です。

NGC 2451 🌟#

  • 日付:2023年1月17日
  • 等級:2.8
  • 星座:とも座
  • 月の輝面率:16%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯32度までの緯度
  • 見方:星団NGC 2451は肉眼で見えるほど明るいですが、観察には双眼鏡を使用することをお勧めします。2.2等のナオス(ゼータとも座としても知られている)から4度の距離にあります。欠けていく三日月が観察の妨げになることはありません。
  • 説明:NGC 2451は、おそらく1654年以前にジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナによって発見された散開星団です。全天で最も明るい散開星団の1つで、空で満月の2倍の大きさの領域をカバーしています。1996年、天文学者はNGC 2451が実際には同じ視線に沿って位置する2つの散開星団であることを確認しました。

NGC 2516(Caldwell 96)🌟#

  • 日付:2023年1月20日
  • 等級:3.8
  • 星座:りゅうこつ座
  • 月の輝面率:0%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯9度までの緯度
  • 見方:星団NGC 2516は比較的明るいため、肉眼で空のかすんだパッチとして見つけることができます。それでも、双眼鏡や小さな望遠鏡を使って観察する方が良いでしょう。NGC 2516は、偽十字アステリズム(英語:False Cross asterism)の星の1つである等級1.9のりゅうこつ座イプシロン星から3度の距離にあります。空の新月は、観測に理想的な条件を作り出します。
  • 説明:NGC 2516は、1751年から1752年にかけてフランスの天文学者アベ・ラカイユによって発見された散開星団です。M44星団に似ているため、南のプレセペ星団と呼ばれることもあります。NGC 2516の視直径は満月に似ています。その年齢は1億1000万から1億3500万年の間と推定されています。

NGC 2547#

  • 日付:2023年1月23日
  • 等級:4.7
  • 星座:ほ座
  • 月の輝面率:10%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯20度までの緯度
  • 見方:星団NGC 2547は肉眼で見るには薄すぎるため、双眼鏡または小さな望遠鏡を使用して表示します。上弦の三日月は観察の妨げにはなりません。
  • 説明:NGC 2547は、1751年にフランスの天文学者ニコラ=ルイ・ド・ラカーユによって発見された散開星団です。天文学者は、この星団が約2000万から3000万歳であると推定しています。

プレセペ星団(M44、NGC 2632)🌟#

  • 日付:2023年1月31日
  • 等級:3.1
  • 星座:かに座
  • 月の輝面率:84%
  • 見るのに最適な場所:北半球
  • 見える場所:北緯89度から南緯50度までの緯度
  • 見方:プレセペ星団は、暗い空の下で肉眼で確認できるほど明るいです。ぼやけた光のパッチのように見えます。それでも、10x50の双眼鏡または小さな望遠鏡が望ましいです。この天体は簡単に見つけることができます。しし座の明るい星のレグルスと、ふたご座のカストル星とポルックス星の中間に位置しています。ほぼ満月は、プレセペ星団からかなり離れた位置にあるため、大きな問題はありません。
  • 説明:M44は古くから知られている散開星団です。1609年にガリレオ・ガリレイによって望遠鏡で初めて観測されました。この星団の年齢は約6億年です。およそ1,000個の星を含み、空の約3つの満月の領域をカバーしています。

ほ座ο星星団(IC 2391, Caldwell 85)🌟#

  • 日付:2023年1月31日
  • 等級:2.5
  • 星座:ほ座
  • 月の輝面率:84%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯16度までの緯度
  • 見方:ほ座ο星星団は肉眼でも見えますが、双眼鏡で見るのが一番です。偽十字アステリズムをガイドとして使用できます。星団はアスタリズムの西に配置されます。上弦の月は真夜中過ぎに地平線の下に沈むため、観察の妨げにはなりません。
  • 説明:IC 2391は、964年頃にペルシャの天文学者アブドゥル・ラフマーン・スーフィーによって最初に記述された可能性がある散開星団です。約30個の星を含み、年齢は約5000万歳です。この星団は、空の満月のほぼ2倍の大きさの領域を占めています。

IC 2395#

  • 日付:2023年1月31年
  • 等級:4.0
  • 星座:ほ座
  • 月の輝面率:84%
  • 見るのに最適な場所:南半球
  • 見える場所:北緯21度までの緯度
  • 見方:空が完全に暗くないと、IC 2395は肉眼で見ることができません。双眼鏡または小さな望遠鏡を使用して観察します。ほぼ満月でも、真夜中過ぎに地平線の下に沈むので問題ありません。
  • 説明:IC 2395は、フランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカイユによって発見された可能性のある散開星団です。約45個の星を含み、年齢は600万から1800万歳です。

星団と銀河の見つけ方#

Sky Tonightアプリを使用して、あらゆる天体を簡単に見つけることができます。方法は次のとおりです。

  • アプリを起動し、画面下部にある拡大鏡アイコンをタップします。
  • 検索フィールドに、天体の名前または名称を入力します。例えば、「小プレセペ星団」、「M44」、「NGC 2632」などです。
  • 検索結果で天体を見つけ、その名前の横にある青いターゲットのアイコンをタップします (天体が見つからない場合は、検索フィールドの下のボタンをタップして、リモートデータベースで検索を続けます)。
  • アプリは、空で天体の現在の位置を表示します。
  • デバイスを空に向け、白い矢印に従って天体を見つけます。

結論#

1月には、8つの星団と1つの銀河が観測に適した位置に配置されます。それらのいくつかは肉眼で見ることができます。空でできる限り多くのものを見るようにしてください!銀河と星団が好きな方は、「星雲当て」という楽しいクイズに挑戦することもできます。

天文学者は奇妙な人々であり、はしばし、奇妙な考えによって物事に名前を付けます。あなたがどれほど奇妙か見てみましょう。その写真から星雲の名前を推測してみましょう!
クイズをスタート!
テキストクレジット:
画像クレジット:ESO
Trustpilot