7月の満月は2022年の最も大きくて明るいスーパームーン

~8 min
7月の満月は2022年の最も大きくて明るいスーパームーン

**日本時間の7月14日、午前3時37分(7月13日18:37GMT)**に、月は満月になります。数時間前に、地球に最も近い地点にも到着します。これにより、7月の満月は通常の満月よりも7%大きく見え、16%明るく輝きます。

内容

7月の満月の特徴

2022年7月の満月はスーパームーンです。そして、元NASAの天体物理学者フレッド・エスペナックの計算によると、これは3番目のスーパームーンの連続です。すでに5月16日と6月14日にスーパームーンが開催され、8月12日にもう1つお楽しみいただけます。ついに、7月の満月は2022年で最大のスーパームーンになります!満月は地球から357,264kmになります。これは、その年で最も近い近地点です。比較として、2022年1月17日の最も遠い満月は地球から401,023kmを通過しました。月が地球に近づくほど、空に大きく明るく見えます。

スーパームーンとは?

スーパームーンとは、特定の軌道で地球に最も近いアプローチ(90%以内)にある満月または新月のことです。空には新月が見えないので、誇大宣伝は主に満月のスーパームーンについてです。年間のスーパームーンの数は、それらを数えるために選択した方法によって異なる場合があります。このトピックの詳細については、新しい記事をご覧ください。

7月のスーパームーンは非常に大きく見えるの?

7月のスーパームーンは、平均的な満月よりも約7%大きく、16%明るくになります。同じカメラ設定で、地球から最も近い地点と最も遠い地点で満月の写真を2枚撮ると、サイズの違いが表示されます。しかし、実際には、空には比較する2番目の月がないため、月が通常よりも大きいことに気付くのは困難です。とにかく、観察は楽しいですが、とても巨い月の円盤を見ることに期待を抱かないでください。

地より大きな満月を見る別の方法があります。「月の錯視」と呼ばれる脳のトリックのために、月の円盤は地平線に近づくと大きく見えます。夏の間は月が空に低く垂れ下がっているため、7月の北半球では月の円盤が大きく見えます。また、日没直後または夜明け前に、満月が昇ったり沈んだりするときに、大きな満月をお楽しむことができます。

7月のスーパームーンの色

7月のスーパームーンは北半球の地平線に近づくため、大きく見えるだけでなく、色が変わる可能性があります。月が低いとき、その光はより多くの空気を通過するので、オレンジ、ピンク、または赤に見える可能性があります。同じ効果が美しい夕日を引き起こします。濃い色を見るには、月の出や月の入りの景色をお楽しみください。

次のスーパームーンはいつ?

上で述べたように、スーパームーンを計算するさまざまな方法があります。スーパームーンの用語の作成者であるアメリカの占星術師リチャード・ノールのテーブルを使用すると、次のスーパーニュームーン(スーパームーンの新月)は2022年12月23日になります。次のスーパーフルムーン(スーパームーンの満月)は、2023年8月1日になります。

月の近地点の90%以内にすべての満月と新月を数えた元NASAの天体物理学者フレッド・エスペナックは、より別のスケジュールを提案しました。この定義により、次のスーパーフルムーンはすでに2022年8月12日になります。インフォグラフィックでスーパームーンについてもっと学ぶことができ、SNSでお友人とそれを共有することができます。

スーパームーンとマイクロムーンとは何ですか?最も大きくて明るい満月を観測できるのはいつですか?このインフォグラフィックで説明します!
インフォグラフィックを見る

7月の満月の名前

異なる文化では、満月はしばしば特定の季節の特性を反映する名前を受け取ります。例えば、7月の満月は、北半球の夏の真ん中に昇るので、半月の夏の月と呼ばれることもあります。他の一般名は、7月に頻繁に雷雨が発生するため、雷雨の月です。

バックムーン

Old Farmer's Almanacによると、7月の満月の人気のあるネイティブアメリカンの名前は**バックムーン(Buck Moon)**です。この時期、若いオスの鹿(英語:bucks)が新しい枝角を発芽させています。7月末までに、ほとんどのオスの鹿の角が完全に形成され、硬化プロセスが始まります。

7月満月の他の名前

さまざまな文化によって造られた他の7月の満月の名前は次のとおりです。

  • 中国:空腹の幽霊の月;
  • ケルト:主張の月;
  • ウィッカ:ミードムーン(ミード月);
  • チェロキー:熟したトウモロコシの月;
  • 南半球:ウルフムーン(狼の月)、オールドムーン(古い月)、アイスムーン(冷たい月)。

スーパームーンの見る方法

天気が良く、視界を妨げるものがなければ、スーパーフルムーンは一晩中見られます。肉眼で簡単に観察したり、双眼鏡や小さな望遠鏡でクレーターを探索したりできます。光学系を使用する場合は、月がかなり明るくなるため、フィルターを使用することをお勧めします。目に害を及ぼすことはありませんが、月面の影は薄くなります。また、Sky Tonightのアプリを使用して、現在地の満月の正確な時刻を確認できます。今月のスーパームーンの見事な写真を撮りたい場合は、Ephemerisのアプリを使用すると、選択した場所で月の円盤がどのように見えるかを表示して、構図を設定できます。

満月の出

満月は、月が太陽と地球の反対側にあるときに発生します。そのため、日没の前後に出て、夜明けの直前に入りので、一般的に、満月の正確な瞬間は、その時の夜である地球のその部分でのみ観察できます。7月14日、月は午前3時37分に満月になります。お住まいの地域でその時間までに地平線より上にあるかどうかをSkyTonightに確認します。ただし、満月が太陽と一緒に見える場合もあります。この効果は、屈折と月の軌道の傾きによって引き起こされます。

満月は何日くらい続くの?

天文学的に言えば、満月の正確な瞬間は短いです。月が太陽に完全に照らされたときに起こります。しかし、この瞬間の前日または翌日、月は観測者には満月のように見えます。月の円盤は98%以上照らされます。ですから、満月の正確な瞬間を逃しても心配しないでくださいそれでも、空で満月を楽しむことができます。

次の満月はいつ?

次の満月は2022年8月12日です。インフォグラフィックで2022年の満月とその伝統的な名前の全リストを見つけてください。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

今年の最も明るくて大きいスーパームーンを楽しんで、夜空を探索してください。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot