秋分点とは?2022年はいつ?

~8 min
秋分点とは?2022年はいつ?

9月の分点がもうすぐです!北半球では夏の終わりを意味しますが、南緯では春の始まりです。この記事では、分点とは何か、分点がどのように季節を変えるか、2022年から2023年に次の春分点・秋分点の日時について説明します。

内容

秋分の意味:秋分点とは

春分点・秋分点とは、地球の軸が黄道の面に垂直になる瞬間であり、世界中で昼と夜がほぼ等しくなります

地球の自転軸は23.5度傾いていますから、北半球と南半球が年のほとんどの時間に等しくない太陽光の量を受け取ります。地球の自転軸傾斜角が季節がある理由です。

北半球では、3月に春分で、9月に秋分です。南半球では、季節が逆になります。分点の正確な日付は、年と時間帯によって、3月19日から21日と9月21日から24日の間で異なります。

春分点・秋分点の時に何が起こるの?

分点の時は、昼と夜の長さはほぼ同じになって、約12時間です。なぜ正確に12時間ではないのですか?理論的には、地球が太陽に対して傾いていない時に、昼と夜の長さは同じになります。しかし、地球には、プリズムのように光を屈折させる大気があります。地平線の近くに日の入を見ているとき、太陽の実際の位置は目に見えるよりも約1.5度低くなっています。大気差は日の入を遅らせ、その結果、分点の日に、夜の長さよりも日の長さが多くなります。温帯の緯度では、この差は約8分に相当します。

分点で発生するもう1つの興味深い現象は、太陽は真東から昇り、真西に沈むことです。これは、東または西がない北極と南極を除いて、地球のすべての場所に当てはまります。これが発生する理由です。

どこにいても、地平線上の真東と真西の点は、天の赤道と地平線の交差点を示しています。分点の日に、太陽は天の赤道の真上にあります。このため、太陽は世界中に、分点の日に真東に昇り、真西に沈みます。したがって、東と西が現在地のどこにあるかを確認したい場合は、分点の日に外に出て、日の出と日の入りを確認します。

日本の春分・秋分がいつ

2022年の秋分の時間

2022年の秋分点は日本時間の9月23日の午前10時4分(グリニッジ標準時01:04)です。その瞬間から、天文学的な秋が始まります。

2023年の春分の時間

次の春分点は、日本時間の2023年3月21日の午前6時25分(グリニッジ標準時3月20日21:25)に発生します。このイベントは、天文学的な春の始まりを示しています。

南半球の春分・秋分がいつ

2022年の春分の時間

9月の分点は、南半球の春の始まりを示します。 2022年には、これが、日本時間の9月23日の午前10時4分(グリニッジ標準時01:04)になります。

2023年の秋分の時間

南半球での次の秋分点は、2023年の3月の分点です。日本時間の2023年3月21日の午前6時25分(グリニッジ標準時3月20日21:25)に発生します。このイベントは、南緯度の秋の始まりを示しています。

ハーベストムーンと秋分

秋分に最も近い満月は、ハーベストムーン(中秋の名月、英語:Harvest Moon)と呼ばれます。北半球でハーベストムーンは通常9月の満月ですが、年によっては10月になることもあります。中秋の名月は農家にとって特に親切です。秋分の前後の数日間、日没後すぐに昇るため、収穫を完了するためにより多くの光を与えます。夜ごとに約50分遅れて昇る普通の満月とは異なり、毎日10~30分遅れて昇ります。その理由は、秋分の頃に月の軌道が地平線に対して最も傾いていないからです。ハーベストムーンについて記事をチェックして、その日付やその他の特徴について学びましょう。

オーロラを見るのに最高の時期

NASAによると、秋分と春分の前後の数週間は、地磁気嵐が最も多く発生します。つまり、北緯から観察者は、オーロラを発見できる可能性があります。歴史的な記録によると、地磁気嵐は春と秋に夏と冬に比べて2倍発生する可能性が高いことが示されています。ですから、オーロラを待つのに最適な時期です!

よくある質問

分点と至点の違いは何ですか?

分点と至点はどちらも季節の変化を示しますが、それ以上は正反対です。

  • 分点は、昼と夜の長さがほぼ同じ時間です。反対に、至点は、季節に応じて、1日が最も短くなったり長くなったりします。
  • 分点は春と秋の最初の日を示し、至点は冬または夏の始まりを示します。
  • 分点では、地球の軸は太陽に向かっても遠ざかっても傾いていないため、両方の半球がほぼ同じ量の光を受け取ります。至点では、地球の半球の1つが太陽に向かって最も傾いています。その結果、一方の半球では日光が最も少なくなり、もう一方の半球では日光が最も多くなります。

至点の詳細については、こちらの記事をご覧ください。2022年の次の至点の正確な日付を確認できます。

秋分の日は秋の最初の日ですか?

秋分の日は北半球の秋の始まりで、年とタイムゾーンに応じて9月21日から24日の間になります。南半球では、秋分は3月19日から21日までの3月の分点で始まります。

分点の日はどこでも同じ日ですか?

どの年でも、分点は世界中で同時に発生します。ただし、異なるタイムゾーンの人々のために、それは異なる日に発生する可能性があります。

分点の日と満月の日はいつも同じですか?

これらの2つのイベントは近いですが、必ずしも完全に一致するとは限りません。秋分点に最も近い満月をハーベストムーンと呼びます。

分点では昼と夜の長さが同じですか?

ほぼ同じですが、分点の日の夜よりも日の長さがわずかに多くなります。その理由は、太陽光の大気差です。

春分の間に卵子のバランスをとることができますか?

そうですが、それは分点とは関係がありません。一般的な神話によると、春分の日には、地球と太陽の重力のバランスにより、卵をその端に立てることができます。実際には、分点の間に卵子のバランスを助けるような重力の変化は起こりません。そして、それは必要ありません。この卵のバランスをとるトリックは、1年のうち任意の日に試すことができます。成功するために必要なのは少しの忍耐です。

春分・秋分について5つ興味深い事実

  • 古代世界の天文学者は、星の動きを測定するためのゼロ点として春分を選択し、すぐに使用されるようになりました。すでにジュリアスシーザーのメモには、分点を考慮して海への進出を計画していたことがわかります。
  • 分点の日の正午に、赤道で太陽は真上にあります。この時に縦棒を地面に置いても影は出ません。
  • 地球は分点がある惑星だけではありません。実際、赤道傾斜角を持つすべての惑星が分点があります。
  • 新しい季節の始まりを示す4つの天文学的日付があります。最初の2つ、つまり9月と3月の分点はすでにわかっています。もう2つは、6月と12月の[至点]https://starwalk.space/news/what-is-a-solstice)です。これは、日光の最大時間数(6月の至点)と日光の最小時間(12月の至点)を経験する瞬間です。
  • 北半球に住んでいるか南半球に住んでいるかに関係なく、最も速い日没は常に分点にあります。それどころか、最も遅い日没と日の出は、至点の頃に起こります。その理由は、分点で太陽が真東に昇り、真西に沈むため、地平線の下に沈む最短経路です。

この記事から分点について何か新しいことを学んだことを願っています。ご不明な点がございましたら、ソーシャルメディアでお気軽にお問い合わせください。天文学の知識をテストしたい場合は、分点と至点に関するクイズに参加できます。

2つの分点と2つの至点は、天文学の季節の始まりを示しています。しかし、分点と至点の違いは何ですか?そして、地球に季節がある理由は何ですか?このクイズに答えて、これらの質問への回答を得て、分点と至点についての楽しい事実を学びましょう。
クイズに答える!
テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot