「2023年」春分点:春分の日を決まる日

~11 min

春分点について知っておくべきことはすべてここにあります。その定義、日付、季節との関係などです。

目次


  • 春分点とは?

春分点(しゅんぶんてん、英: vernal equinox)は、地球の両方の半球が太陽に向かって傾いていない瞬間です。

7 things about the March equinox
3月の分点とは何ですか?世界中の人々にとってそれは何を意味するのでしょうか?答えはこのインフォグラフィックにあります!
インフォグラフィックを見る
  • 春分点はいつ?

北半球では、2023年の春分点が日本時間の3月21日(火)06時25分(3月20日、21:25 GMT)です。南半球では、2023年の春分点は日本時間の9月23日(土)15時50分(06:50 GMT)です。天文イベントの完全なカレンダーを提供し、アラートを設定できるSky Tonightアプリを使用すると、イベントを見逃すことはありません。

  • 春分点の意味は?

天文学では、春分点が春の最初の日です。そのため、新しい季節の始まりは、さまざまな春の伝統、休日、お祭りで世界中で祝われています。例えば、日本では、「春分点」を含む日のことを「春分の日」と決めています。春分点はまた、太陽の光、気温の上昇、花が咲くなど、誰にとっても目に見える季節の影響が戻ってくることを示しています。


春分点とは?

上で述べたように、春分点は、地球の半球が太陽に向かって傾いていないとき、または太陽から離れていないときに発生します。その結果、太陽は赤道の真上に位置し、両方の半球がほぼ同じの太陽光を受け取ります。春分の後、関連する半球(3月に北半球と9月に南半球)が太陽に近づくように傾くため、日照時間が長くなり、日の出が早くなり、日の入りが遅くなります。

分点の瞬間、黄道と天の赤道が交わります。黄道は太陽が空を横切る道です。天の赤道は、地球の赤道から天球に伸びる架空の線です。黄道と天の赤道は互いに23.5度に傾いています。これらの間に傾きがなければ、四季も至点も存在せず、一年中分点が存在することになります

前述したように、春分点は3月または9月になります。それは緯度に依存します。どうしてですか?それを理解しましょう。

3月の分点と9月の分点とは?

北半球に住んでいる場合は、おそらく「3月の分点」と「春分点」という用語を同じ意味で使用します。この地域では、3月の分点春の始まりを示すためです。

しかし、南半球では季節が逆になります。そのため、3月の分点秋の始まりを象徴し、「秋分点」と呼ばれます。

異なる半球間の混乱を避けるために、天文学者は「3月の分点」と「9月の分点」という用語を使用します。しかし、日常生活では、「春分点」と「秋分点」について耳にする可能性が高くなります。

2023年の春分点はいつ?

北半球では、2023年の春分点は日本時間の3月21日(火)06時25分(3月20日21:25 GMT)です。

南半球では、2023年の春分点は日本時間の9月23日(土)15時50分(06:50 GMT)です。

タイムゾーンの正確な分点時刻を調べるには、Sky Tonightアプリを開きます。検索ウィンドウに移動し、検索フィールドに「分点」と入力します。 対応する検索結果に、現在の場所でのイベントの正確な時間が表示されます。

もう1つの方法は、worldtimebuddy.comなどの時間のコンバーターを使用することです。

春分の時間

北半球では、春分の日付は3月19日から21日の間で異なります。今世紀では、3月20日に78回の分点が発生し、3月21日に発生するのは2回だけです。今世紀の残りの20回の分点は、3月19日に発生します。

南半球では、春分の日付は9月21日から24日の間で異なります。21世紀では、最も一般的な春分点は9月22日で、この日に76回発生します。一方、9月24日の次の分点は2303年にのみ発生します。

上記の日付はグリニッジ標準時(GMT)で指定されており、分点の日付はタイムゾーンによって異なる場合があることに注意してください。

5年間の春分の日付(日本時間で)は次のとおりです。

北半球

  • 2023年:3月21日06時25分 (3月20日21:25 GMT)
  • 2024年:3月20日12時07分(03:07 GMT)
  • 2025年:3月20日18時02分(09:02 GMT)
  • 2026年:3月20日23時46分(14:46 GMT)
  • 2027年:3月21日05時25分(3月20日20:25 GMT)

南半球

  • 2023年:9月23日15時50分(06:50 GMT)
  • 2024年:9月22日21時44分(12:44 GMT)
  • 2025年:9月23日03時20分(9月22日18:20 GMT)
  • 2026年:9月23日09時06分(00:06 GMT)
  • 2027年:9月23日15時02分(06:02 GMT)

2023年の春の始まりはいつ?

2023年に、北半球の春は、日本時間の3月21日(火)06時25分(3月20日21:25 GMT)から始まります。南半球では、春は日本時間の9月23日(土)15時50分(06:50 GMT)に始まります。これは、分点が冬から春へ、夏から秋への移行を示すことを示唆する天文学的手法と一致しています。これらのイベントの日付は、太陽に対する地球の位置に基づいており、年ごとに変わる可能性があります。

気象学的手法によると、春は3月1日(または南緯の場合は9月1日)に始まります。このような手法は、年間の気温サイクルに基づいています。また、グレゴリオ暦に従い、1年を均等な四半期に分割して、月別および季節別の統計を比較しやすくするのに役立つ固定日付があります。

2023年の昼と夜の長さが同じ日

昼と夜の長さがほぼ等しくなる時

よくある誤解にもかかわらず、春分の日の昼と夜の長さはほぼ同じですが、まったく同じではありません。これには2つの理由があります。それは大気差と、日の入り/日の出の定義です。

大気差

地球の大気は太陽光を散乱させ、日照時間に影響を与えます。波(太陽光)が、波が伝搬してきた密度とは異なる密度の媒質(地球の大気)に遭遇すると、波の方向が変わります。それがどのように機能するかを想像するために、水を入れたコップの鉛筆を考えてみてください。鉛筆は特定の角度から見ると曲がって見えます。

太陽が地平線近くにあるときはいつでも、大気が太陽を真の位置から約0.5度持ち上げます。これは、太陽が地平線の近くに見えるとき、実際にはすでに線の下にあることを意味します。しかし、大気は光を上向きに曲げるため、太陽は別の場所に現れます。

大気差により、日照時間の長さは約8「余分な」分に増加します

日の入り/日の出の定義

日の入りと日の出が、太陽の幾何学的な中心が地平線を通過する瞬間として定義された場合、昼と夜の期間は正確に12時間になります。しかし、日の出と日の入りは、太陽の上端が地平線に触れる瞬間です。したがって、太陽が地平線の下に完全に消えるのにかかる数分間は、日照時間が長くなります。

春分の日の昼の長さ

以下は、2023年3月21日の春分におけるさまざまな場所とその場所の昼光の長さのリストです。1日の長さは世界中でほぼ同じです。秋分の日がこの日にあたる南半球でも同じです。

  • 米国、ニューヨーク市:12時間8分
  • アムステルダム、オランダ:12時間9分
  • ロングイェールビーン(最北端の都市の1つ)、ノルウェー:12時間25分
  • ブラジル、リオデジャネイロ:12時間7分
  • オーストラリア、メルボルン:12時間10分
  • アムンゼン・スコット南極点基地:24時間
  • サミット キャンプ、米国北極点基地:24時間※

※春分の日でも秋分の日でも、両極では昼光が24時間続きます。北極では、極夜(24時間の暗闇)が極昼(24時間の昼光)に変わりますが、それは分点の数日前ですが、南極では、極昼は分点の数日後に極夜になります。

Equilux:昼と夜の長さは同じ日

分点の日に昼と夜が完全に等しくなるわけではありませんが、equiluxがあります。この言葉は、昼と夜が等しい日を表すために使用されます。Equiluxは、春分の数日前(および秋分の数日後)に発生します。そのような日の日照時間は、ほぼ12時間(プラスマイナス数十秒)続きます。その正確な日付は、地理的な緯度によって異なります。

よくある質問

春至はいつですか?

「春至」というものはなく、「春分の日」だけです。覚えておいてください:至点は6月と12月に発生します。分点は3月と9月に起こります。これら2つのイベントの違いを確認するには、分点と至点に関するクイズに答えてください。

Equinoxes & solstices quiz intro#2
クイズに答えて知識を確認し、これら2つの天文イベントについて詳しく学べます。
クイズに答える!

2023年の春はいつですか?

北半球の春は、アプローチに応じて、春分の日(2023年3月21日)または3月1日に始まります。天文学者は、分点と至点を季節間の移行点と見なしますが、気象学者は、春分点と至点を含む月の最初の日から季節が始まると見なします。季節の変わり目については別記事をご覧ください。

2023年春分後の最初の満月は何ですか?

北半球では、春分後の最初の満月が2023年4月6日です。これはピンクムーンと呼ばれ、野生のピンクの花であるシバザクラが咲く季節を表します。2023年の満月カレンダーで、今年の他の満月の日付を確認してください。

Full Moons 2023
2023年の次の満月はいつですか?今年のスーパーブルームーンはいつですか?この年のすべての日付、時刻、名前、スーパームーンなどについては、満月カレンダーをご覧ください。
インフォグラフィックを見る

結論

春分点は、北半球では2023年3月20日、南半球では2023年9月23日です。日本では、春分点を含む日を春分の日と定義しています。昼と夜の長さはほぼ同じですが、日光の量はわずかに長くなります。天文学的に言えば、春の最初の日を象徴しています。

テキストクレジット:
Trustpilot