ブルーオリジンの最初の有人弾道飛行

~6 min
ブルーオリジンの最初の有人弾道飛行

ブルーオリジンのニューシェパードとは?

ニューシェパードは、宇宙飛行士を運び、地球の大気と宇宙空間の間の架空の境界であるカーマンラインを越えて宇宙飛行士を運ぶために開発された、高さ60フィートの再使用型の弾道飛行用の有人宇宙船です。ニューシェパードの二つ主な部分は、6人の乗られるクルーカプセルとブースターロケットです。二つとも再使用型です。

ニューシェパードは自律的に飛行を行って、機内にはパイロットがいません。乗客が緊急時に何をすべきかについて適切に訓練されていると仮定すると、それはパイロットがいるロケットを飛ばすよりも危険ではありません。宇宙旅行船は、故障したロケットから乗客のカプセルを分離できる緊急システムをサポートしています。

ニューシェパードは、ブルーオリジン(Blue Origin)によって、弾道宇宙旅行の商用システムとして開発されました。ブルーオリジンは、ビジネスマンのジェフ・ベゾスが所有する航空宇宙メーカーおよび弾道宇宙飛行サービス会社です。宇宙船の名前は、宇宙飛行士のアランシェパードにちなんで名付けられました。

7月20日の旅行

2015年以来、ニューシェパードは15回のテスト飛行に成功しましたが、乗客が搭乗することはありませんでした。ジェフベゾスの宇宙会社は、7月20日に最初のミッション飛行人間を予定しています。

旅行はわずか11分続きます。離陸後すぐに、ニューシェパードのロケットはカプセルから分離し、地球に戻って垂直に着陸します。カプセルが高度100kmに達すると、乗客は無重力を感じるようになります。無重力で3分間、キャビンの周りを動いて、カプセルの大きな窓から地球の景色を楽しみます。宇宙への旅を終えると、カプセルはテキサス西部の砂漠にパラシュートのセットを使用して柔らかく着陸し、そこで回収クルーがそれを待ちます。

7月20日は、宇宙飛行の歴史におけるもう1つの重要な日付でもあるため、注目に値します。1969年のこの日、最初の有人ミッションであるNASAのアポロ11号が月面着陸し、ニールアームストロングとバズオルドリンが別の天体に足を踏み入れた最初の人間になりました。

ニューシェパードの最初の有人飛行で誰が宇宙に飛びますか?

  • ニューシェパードの最初の有人飛行の乗組員には、4人の宇宙旅行者が含まれています。そのうちの2人は、Amazonの創設者ジェフ・ベゾスと同氏の弟、マーク・ベゾス氏です。「私は5歳の時から、宇宙旅行を夢見ていました。7月20日に、弟と一緒にその旅に出ます。親友との最大の冒険です」とベゾスは6月7日にInstagramに書いています。

  • このフライトの1席は、ブルーオリジンのオークションの落札者に提供されました。しかし、スケジュールの問題により、匿名のままの落札者はベゾスの宇宙旅行に参加しません。7月15日、ブルーオリジンは、18歳のオリバー・デーメンを、ニューシェパードの最初の人間の飛行で宇宙へ旅行する最初の払っている顧客として発表しました。

  • 7月1日、ジェフ・ベゾスは、ニューシェパードに乗った4人目の乗客を明らかにしました。82歳のアメリカ人女性と飛行士であるウォーリー・ファンクが、この宇宙旅行でお客さんになりました。ファンクはオクラホマシティでパイロットインストラクターとしてキャリアをスタートさせました。1961年、ファンクはマーキュリー計画に参加しました。これは、性別のために宇宙飛行士の候補者になったことがない13人の女性パイロットのグループです。「誰もこれ以上待っていなかった」とベゾスはインスタグラムで書きました。

飛行前に、宇宙旅行者は3日間のトレーニングを受けます。ニューシェパードカプセルのモックアップで作業し、宇宙船に乗り降りするための緊急プロトコルと手順を学びます。

ビリオネアの宇宙開発競争:リチャード・ブランソンの飛行

ジェフ・ベゾスとともに、イーロン・マスクとリチャード・ブランソンが宇宙に行くためのレースに参加します。しかし、億万長者は宇宙旅行のさまざまな分野で競争しています。マスクのSpaceXは、軌道観光に特に関心がある:低軌道で民間の乗客を打ち上げます。同社は、2021年9月に、世界初の全市民宇宙ミッションであるInspiration4を地球の軌道に打ち上げる予定です。一方、ベゾスのブルーオリジンは、軌道下の観光でブランソンのバージンギャラクティックに匹敵し、宇宙との国境へ短い飛行を手配します。

現在では、ブランソンはライバルよりも進んでいます。ヴァージン・ギャラクティックの創設者は、7月11日にVSSユニティロケット飛行機の乗客として弾道飛行を行いました。乗組員は、2人のパイロット、3人の宇宙飛行士、および民間の宇宙飛行士として旅行したブランソン自身で構成されていました。伝えられるところによると、イーロンマスクは、ヴァージンギャラクティックの将来のフライトの1つのチケットを購入しました。一方、ブランソンは、いつの日かスペースXのクルードラゴンで宇宙に行くことができると言った。

しかし、ブランソンはベゾスほど高くは飛行しませんでした。VSS Unityが高度86kmルに到達した一方で、ニューシェパードは100kmを超えて飛行します。さらに、ブランソンは実際には宇宙にいなかったと主張する人さえいるかもしれません!問題は、地球の大気と宇宙の境界について宇宙コミュニティで論争があるということです。航空および宇宙記録の国際統治機関である国際航空連盟(FAI)によると、カーマンラインは平均海抜100kmにあります。ただし、NASAや米空軍などの組織はこの定義を認識していません。これら組織によると宇宙の境界が高度80kmにあると信じています。

この記事を読んでくれてありがとうございます。気に入った場合は友達と共有し、ソーシャルメディアでフォローして、注目に値する宇宙関連のイベントに関する興味深い事実を見つけてください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot