1. ホームページ
  2. 天文ニュース

7月下旬に極大を迎える流星群

~4 min
7月下旬に極大を迎える流星群

3つの流星群(みなみのうお座流星群、みずがめ座δ南流星群、やぎ座α流星群)が集まって、7月の暖かい夜に空に珍しいショーを提供します。今夜の流星群を探す所、できるだけ多くの明るい流れ星を捕まえる方法などを見つけるために読み続けてください!

そして、観測に準備するために、流星群を見るためのヒントをもっと得ることできます。

みなみのうお座流星群

月末に極大を迎える流星群のトリオの最初のものは、みなみのうお座流星群(Piscis Austrinids)です。この非常にかすかな流星群は7月15日から8月10日まで活動しており、7月29日に最も多く流星を生み出します。みなみのうお座流星群の母天体は不明です。いくつかの研究によると、それは崩壊した可能性があります。これらの流星は35km/sの速度で地球の大気に入り、南の星座であるみなみのうお座(Piscis Austrinus)の輝くフォーマルハウト付近を放射点として出現します。そのため、この名前が付けられました。

流星群が最もよく観測されるのはいつですか?国際流星機構によると、みなみのうお座流星群を見るのに最適な時間は、地方標準時(LST)の03:00頃で、放射点が空の最高点に達するときです。流星群は南半球から最もよく見えますが、北半球の観測者もこれらの流星を見ることができます。みなみのうお座流星群は、最大1時間あたり10個の流星を生成します。

やぎ座α流星群

やぎ座α流星群は7月3日から8月15日まで出現し、活動の極大は7月30日頃です。これらの流星は、地球がニート彗星によって残された破片の軌跡を通過するときに発生します。23km/sの速度で地球の大気に入ると、それらはかなり遅く、頻度は低いですが、比較的明るいです。

やぎ座α流星群は、やぎ座にある放射点が空で最も高い位置に、01:00LST頃に最もよく見られます。アメリカ流星機構によると、やぎ座α流星群は赤道の両側で等しくよく見ることができます。この流星群が1時間あたり5つ以上の流星を生成することはめったにありません。しかし、活動の極大時には、やぎ座α流星群はカラフルな火の玉を生成する可能性があります。これはどの星や惑星よりも明るく見える流星です。

みずがめ座δ南流星群

7月30日に極大を迎えるもう1つの流星群は、毎年7月12日から8月23日まで活動しているみずがめ座δ南流星群です。この強い流星群は確実にはわかっていません。ほとんどの情報源によると、みずがめ座δ南流星群はマックホルツ彗星から来ている可能性があります。しかし、NASAのジェット推進研究所は、ソーホー彗星が流星群の母天体であると考えています。41km/sの進入速度で、これらの流星は、みずがめ座δとしても知られている明るい星スカットの近くにあるみずがめ座にある点から放射状に広がっているように見えます。

みなみのうお座流星群のように、みずがめ座δ南流星群は南半球の観測者を好みますが、地球の北部にいる観測者もこの流星群を見ることができます。放射点は03:00LSTの近くに配置するのが最適であり、スターゲイザーにさらに「流れ星」を捕まえる機会を提供します。活動の極大時には、観測者は1時間あたり約18個の流星を捕まえることができます。

星空ガイドStar Walk 2は7月下旬の燃えるような珍しいショーを楽しむお手伝いをします。天文アプリを使用して、空での流星群の放射の位置を特定します。流星群が高くなるほど、より多くの流星を捕まえる可能性があります。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する