15の最高の肉眼で見える星団

~12 min
15の最高の肉眼で見える星団

誰でも星団を見ることができます。その点を証明するために、肉眼でも見やすい15個の星団をここにリストしました。そうです、地球から何兆キロも離れた場所にある天体を見るのに、豪華で高価な望遠鏡は必要ありません。星団についてもっと学ぶ準備をして、始めましょう!

目次

星団とは

まず、「星団」と言う言葉の意味を調べましょう。星団は、互いの重力相互作用によって結びついた恒星の大きなグループです。重力によって束縛された恒星のグループでもある銀河と混同しないでください。銀河ははるかに巨大があります。例えば、普通の球状星団には100,000の太陽の質量が含まれていますが、天の川銀河には1兆近くの太陽質量があります。

散開星団と球状星団

星団は主に球状と開放型の2種類に分けられます。それらの違いは重要です。

球状星団は、数千から数百万の星を含んで、球状の形がある恒星の古いグループです。それらの中で最も有名なのはきょしちょう座47とオメガ星団です。

散開星団ははるかに若くて小さいです。それらは数百または数千の星で構成されています。このような星団は、最終的には重力のつながりを失い、「散乱」し始めるため、球状星団のような明確な形状はありません。これは、プレアデス星団、ヒアデス星団、または飼い葉桶星団を観察するときに見ることができます。

星団の見え方

空の天体を見つけるには、主に3つの方法があります。ガイドを読んだり、空の地図を使用したり、天文学アプリを入手します。最初の方法では、星をガイドとして使用して星団を見つける方法の説明が必要になります。空は大脳半球によって異なって見えることを忘れないでください。そのため、包括的なガイドを見つけるのは非常に困難です。2番目の方法には、SkyMapSky-Map.orgなどのウェブサイトが必要です。オフラインでは機能しないため、街の明かりから離れて乗りたい人にとっては最も便利な方法ではありません。3番目の方法では、天文学アプリをダウンロードするだけです。

経験豊富なオブザーバーではないが、星空の魅力を感じたい場合は、Star Walk 2を使用できます。その美しくユニークなグラフィックは、天文学の世界に没頭します。

すでに天文学の知識があり、使いやすいツールが必要な場合は、SkyTonightをダウンロードできます。Star Walk 2とは異なり、すべての天体を無料で表示します。Sky Tonightは、星団、銀河の大規模なデータベースを提供するため、深星の観測者にとって特に便利です。

両方のアプリもインターネットに接続していなくても機能するので、街の明かりから離れた場所にいても使用できます。

星団リスト

このリストでは、星団は最も明るい星団から見かけの等級で並べられています。

平均的な人間の目が識別できる限界の等級は、郊外の空では([ボートル・スケールのクラス5])約5.5であることに注意してください。街の空(クラス8)では、見かけの等級が4.0の天体はほとんど見えません。もっと見るには、双眼鏡を使うか、暗い空を見つけることができます。

1. ヒアデス星団(Collinder 50)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:0.5
  • 星座:おうし座
  • 見える所:北半球
  • 最適な時期:1月〜4月

ヒアデス星団またはCollinder 50は、最も近く、最もよく研究されている散開星団です。約12個の明るいヒアデス星団の星が肉眼で見えます!それらを見つけるには、夕方にV字型の星のグループを探します。真っ赤な星アルデバランが近くにあります。

2. ペルセウス座アルファ星団(Collinder 39)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:1.2
  • 星座:ペルセウス座
  • 見える所:北半球
  • 最適な時期:8月〜10月

Collinder 39を見つける最も簡単な方法は、その最も明るいメンバーであるペルセウス座アルファ星またはミルファクを見つけることです。これは、ペルセウス座の中で最も明るい星でもあります。北半球では、この星団は一年中毎晩地平線上にありますが、春には非常に低いままです。

3. プレアデス星団(Messier 45)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:1.6
  • 星座:おうし座
  • 見える所:どこでも
  • 最適な時期:10月

プレアデス星団、またはMessier 45が、おそらく最も有名な星団です。明るくて美しくて見やすくて世界中から見ることができるからです。M45を見つけるには、真夜中頃に空を見上げて、小さなひしゃくの形をした星のグループを探します。このとき、頭上に配置されます。

4. かみのけ座星団(Melotte 111)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:1.8
  • 星座:かみのけ座
  • 見える所:北半球
  • 最適な時期:4月〜5月

かみのけ座の最も優れた特徴であるかみのけ座星団は、4月の夜の午後9時30分頃に簡単に見つけることができます。かすかな星によって形成される青みがかった白い文字「V」を探します。

5. 南天のプレアデス(IC 2602)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:1.9
  • 星座:りゅうこつ座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:2月〜3月

日没後約1時間待って、有名なプレアデス星団の南の同名の星団を見ます。IC 2602は、北部の対応物より70%暗いですが、それでも肉眼で見やすいです。また、南緯からのみ観測できます。

6. ほ座オミクロン星団(IC 2391)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:2.5
  • 星座:ほ座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:3月

ほ座オミクロン星団は、その星の中で最も明るいことにちなんで名付けられました。これは、リスト内の他の星団よりも人気のない肉眼の天体ですが、IC 2391は確かによく見えます。祖先でさえ、それを観察し、964年に初めて説明しました。

7. 願いの井戸星団(NGC 3532)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:3
  • 星座:りゅうこつ座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:3月

1990年に、願いの井戸星団はハッブル宇宙望遠鏡がこれまでに観測した最初のターゲットになりました。双眼鏡または望遠鏡を通して、NGC 3532は井戸の底にある銀貨に似ています(そのため、そのニックネームが付けられている)。肉眼では、それは空にかすんでいるパッチのように見えます。

8. トレミー星団(Messier 7)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:3.3
  • 星座:さそり座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:6月〜8月

トレミー星団は南半球で見やすく、6月中旬の真夜中頃に空の最高点に到達します。ただし、北緯では低く見えるため、そこから見るには遮るもののない地平線が必要です。

9. プレセペ星団(Messier 44)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:3.7
  • 星座:かに座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:9月〜5月

プレセペ星団を見つけるには、北半球の冬と早春に夕方の空で高くなり、6月から8月に観測できなくなり、9月に朝の天体として再び現れることを覚えておく必要があります。

10. オメガ星団(NGC 5139)

  • タイプ:球状星団
  • 等級:3.9
  • 星座:ケンタウルス座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:4月〜6月

オメガ星団は、天の川銀河で最大かつ最も明るい球状星団であり、肉眼で見える数少ない天の川の球状星団の1つです。それはかすかでぼやけた星のように見え、南緯で最もよく観測できますが、北半球からの夕方の空でも見ることができます。

11. きょしちょう座47(NGC 104)

  • タイプ:球状星団
  • 等級:4.0
  • 星座:きょしちょう座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:9月〜10月

2番目に大きくて明るい球状星団のきょしちょう座47は、双眼鏡で見ることができる非常に密度の高いコアを持っています。肉眼では、尾のない彗星のように、わずかにぼやけた星のように見えます。その発見者でさえ、最初はそれを彗星と間違えました!

12. バタフライ星団(Messier 6)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:4.2
  • 星座:さそり座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:4月〜8月

M7の隣にあるバタフライ星団は、双眼鏡でホタルの群れのように見える小さな星のグループです。肉眼では、この星団は星のない星雲のように見えます。

13. 宝石箱星団(NGC 4755)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:4.2
  • 星座:みなみじゅうじ座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:3月〜5月

美しい宝石箱星団には、青、黄、オレンジのさまざまな色合いの星が約12個あります。肉眼では、ぼやけた星のように見えます。最も明るい4つの星によって形成されたA字型のアステリズムによって、星団を簡単に認識できます。

14. 二重星団(NGC 869とNGC 884)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:4.3
  • 星座:ペルセウス座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:10月〜2月

二重星団には、肉眼では1つの大きなぼんやりとしたパッチとして現れる2つの別々の星団が含まれています。星団が地平線の近くにあると見づらいので、まだ見えない場合は、星団が高くなるまで待ちます。

15. 小プレセペ星団(Messier 41)

  • タイプ:散開星団
  • 等級:4.5
  • 星座:おおいぬ座
  • 見える所:南半球
  • 最適な時期:1月〜2月

M41は、小プレセペ星団と呼ばれることもあり、夜空で最も明るい星であるシリウスの近くにあります。ぼやけて見え、ピンポイントの星とは異なるかすかな天来を探す必要があります。

結論:これで、特別な機器なしで見ることができる少なくとも15個の美しい星団がわかりました。次の雲がない夜に、外に出て、それらのいくつかを見つけてみることができます!また、この記事が役に立った場合は、友達と共有してください。

より良い視覚的表現については、Star WalkのInstagramアカウントのこのリストからいくつかの星団のカラフルな写真を見ることができます。光学系を使用しても、プロの画像のように深天の物体を目で見ることはできません。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot