夜空に昇る春の大三角形

今年の春最も明るい星群の一つが、既に夜空に見えます!興味深いことに、これほど大きな星のパターンですが、実はあまりよく知られていません。この巨大な幾何学模様は、春に一晩中北半球のどこからでも見るることができます。春の大三角形は、牛飼い座のアルクトゥルス、乙女座のスピカ、獅子座のレグルスの 3 つの異なる星座の星でできています。3 月の初めまでには、この 3 つの星が午前零時前に現れるようになります。

春の大三角形で初めに現えるのは、黄色っぽいレグルスです。南東の空に昇り、獅子座の心臓の部分になります。他の 2 つの星は、北斗七星の星から簡単に見つけることができます。一年のこの時期、夕暮れ後に南東に昇ります。現地時刻の午後 9 時頃、柄杓の取っ手の曲線を、お椀と逆の方向にたどります。柄杓の取っ手の星のラインをたどると、まず初めにとても明るいオレンジ色で、北の空で最も明るいアルクトゥルス、そして次に青白いスピカが見つかります。

レグルスの代わりにデネボラが春の大三角形の一部とされることもあります。その場合、より正三角形に近くなります。獅子座で 2 番目に明るいデネボラは、獅子のしっぽの部分になります。レグルスよりも若干暗いものの、裸眼で簡単に見つけられる星です。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する