黄道光を見る時

~2 min
黄道光を見る時

日没後、地平線の上にかすんだピラミッドのような形を見たことがありますか?それが黄道光です。今こそ、この希少で神秘的な天体現象を実際に見るのに最適な時期です。その方法と見る場所は次のとおりです。

黄道光とは?

黄道光は、地平線から黄道を中心に伸びる三角形のかすかな白い光です。この現象は、内部の太陽系に集中した惑星間の塵粒子に反射した日光によって引き起こされます。黄道帯の光は暗い空の下、肉眼で見ることができます。観測者の目には地平線から昇る輝くピラミッドのように見え、その明るさは太陽からの距離とともに減少します。この珍しい天体イベントは、春の日没後、秋の日の出前に観測できます。

黄道光を見るにはどうすればよいですか?どこで、いつ見えますか?

北半球に住んでいる場合は西の地平線の上を見ると、日没から約80〜120分後に黄道光を垣間見ることができます。それから2週間にわたる夕暮れ後、3月24日の新月までその輝きが現れます。金星は輝点の真下にあるため、黄道光を見つけるための基準点として使用できます。もう1つの基準点はおうし座です。黄道光は地平線からおうし座に向かって上方に伸びます。空の金星とおうし座を見つけるには、Star Walk 2アプリを使用してください。

黄道帯の素晴らしい輝きを本来の姿で観察するには、澄んだ暗い空の下、または光害のない場所が必要です。この輝きと天の川を混同しないようにしてください。この時期の天の川は、北西の夕方の地平線から上向きに見ることができます。

南半球では

南半球から観測する場合は、春の季節の明け方に黄道光を見ることができます。三角形の光は夜明け前の東の空に現れます。しかし、南半球から観測する場合に最もよく見えるのは、3月23日以降の月のない明け方の空です。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する
App Storeでダウンロード