2020年と2021年の最も明るい彗星

~6 min
Comet Neowise

今年は、たくさん問題にもかかわらず、彗星愛好家にとっては素晴らしい年でした。今日の記事では、1年が終わる前に捕まえることができるもう1つの彗星について説明し、2020年の最も壮観な彗星を思い出し、2021年の最も明るい彗星について予測します。

2020年のもう1つの彗星!

2020年はまだ終わっていないので、今年の12月に見える彗星から始めましょう。**エラスムス彗星(C/2020 S3)**は、2020年9月17日に、南アフリカの天文学者ニコラス・エラスムスによって発見されました。公転周期が約1800年の長周期彗星です。前回、2千年前に地球に接近したとき、望遠鏡がまだ発明されていなかったので、それは見過ごされていました。

エラスムス彗星は非常に明るい彗星で、明るさが5等前後と予想されていますが、それを捕まえたいと急いで方がいいです。2020年12月12日、彗星は近日点に到達します。これは太陽に最も近い地点です。その時から、太陽のまぶしさによって隠されるため、観測できなくなります。今のところ、双眼鏡または小さな望遠鏡でエラスムス彗星を見つけることができます。彗星を見つける最も簡単な方法は、Star Walk 2アプリを使用することです。拡大鏡アイコンをタップして、検索フィールドに「エラスムス」と入力するだけです。

クリスマスの時期になると、彗星は空に下がるから、地球の地面からは見えなくなります。しかし、NASA / ESAの太陽ヘリオスフィア天文台宇宙船(SOHO)は、彗星がSOHOのLASCO C2コロナグラフの視野に入るので、エラスムス彗星が私たちの惑星の近くを離れるのを見ることができます。

2020年の最も記憶に残る3つの彗星

2020年の彗星の中で女王はNEOWISE彗星(C / 2020 F3)でした。2020年3月の発見以来、より明るく地球に近づくにつれて、ますます多くの観測者がこの彗星に興味を持つようになりました。3か月の間に、それは17等級から1等級に明るくなり、肉眼ではっきりと見えました。その結果、NEOWISE彗星はおそらく歴史上最も写真に撮られた彗星の1つになりました。NEOWISEは7000年近く戻ってこないので、写真を撮ることができたと、よく頑張りました。

次の明るい彗星はスワン彗星(C / 2020 F8)で、これも2020年3月に発見されました。緑がかったコマと1,000万マイルの長さの尾を持つこの彗星は、特に南半球の観測者に素晴らしいショーを提供しました。4月末には、5等級で空に輝き、肉眼で見ることができるほどの明るさでした。残念ながら、その後まもなく、彗星の明るさが低下し始め、崩壊しているようにさえ見えました。

3番目は長周期彗星レモン彗星(C / 2019 U6)です。2019年10月31日のレモン山サーベイによって発見されました。2020年6月に、彗星は6等級に達し、双眼鏡で、または暗く澄んだ空で肉眼でさえ見えました。NEOWISE彗星ほど明るくはありませんでしたが、なんとか見つけられれば、息を呑むような景色を眺めることができました。

2021年の彗星

これは、来年注目に値するかもしれない今後の彗星の小さなリストです。

2021年6月には、周期やく6年の周期彗星のポンス・ヴィネッケ彗星が訪れます。この彗星は、1819年にフランスの天文学者ジャン・ルイ・ポンスによって発見されていました。ポンス・ヴィネッケ彗星は、6月に地球にかなり接近します(約0.44 AU)が、私たちの空で明るい物体にするのに十分ではありません。それは約10等級に達し、南半球からの望遠鏡を通して最もよく見えるでしょう。

もう1つの短周期彗星のフィンレー彗星は、2021年7月に私たちの惑星を飛行し、10等級まで明るくなります。この彗星は1886年に南アフリカの天文学者ウィリアム・フィンレーによって発見されました。興味深い事実:すべての短周期彗星の中で、フィンレー彗星は、地球の軌道との最小交差距離(MOID)の1つを持っています。2060年には、私たちから約0.04 AUを通過しますが、これはわずか約600万kmです。これは、歴史上、私たちの惑星に最も近い彗星アプローチの1つになります。残念ながら、少し待つ必要があります。

この最後のものについて聞いたことがあるかもしれません。2014年の有名なロゼッタミッション中に、着陸船モジュールのフィラエが初めて彗星に着陸することに成功しました。彗星はチュリュモフゲラシメンコ彗星でした。1969年に発見した2人のソビエト天文学者、クリム・チュリュモフとスヴェトラナ・ゲラシメンコにちなんで名付けられました。この短周期彗星は来年地球を訪れ、11月に私たちに最も近くなります。それは約0.41AU離れているでしょう。9等級、さらには8等級に達すると予測されており、双眼鏡で観測できるようになります。

今のところ、2021年は、すごく明るい彗星に関してはあまり有望ではないようです。しかし、最高のものを期待しましょう。2020年には、NEOWISE彗星がこのような印象的な外観になるとは誰も予想していませんでした。観測をお楽しみください!

2021年1月16日更新:レオナード彗星(C/2021 A1)

新期彗星「C/2021 A1(Leonard)」が2021年末までに私たちを訪れます。地球に最も近くなり、12月12日に最もよく見えるようになります。推定によると、1.5等まで明るくなる可能性があります。北半球の観測者はすでに9月に彗星を探し始めることができますが、南半球の観測者は12月の後半まで待つ必要があります。レオナード彗星は、2021年1月3日に、米国アリゾナ州のマウントレモン天文台でアメリカの天文学者グレゴリー・レオナード(Gregory J. Leonard)によって発見されました。この記事で彗星についてもっと学ぶことができます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Alexander Andrews
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する