シーズン半ばの星空観察

~4 min
Stargazing in February

2月の第1週は、天文学的なハイライトで始まります。今日の記事では、2021年2月2日から7日までに見る価値のある天文現象について説明します。

グラウンドホッグデー

2月2日はグラウンドホッグデーです!この日は、ケルト歴における、インボルクと呼ばれています。その日付は、至点と分点の中間点であるクロス・クォーター・デイズと呼ばれる4つの日のうちの1つです。他の3つの日は、5月1日のベルテイン、8月1日のルーナサ、11月1日のサムハインです。2月2日は、冬至と春分の中点です。

夕方の黄道光

2月11日の新月まで、地平線から上向きに伸び光の広いくさびを西に探します。それは黄道光です。太陽系の全体に散らばっている無数の小さな粒子から散乱した太陽光です。光害のない場所から黄道光を観察するようにします。明るい天の川と混同しないでください。

今週の月

金週の初めに、乙女座の頭と肩をマークする中明るい星の中で、下弦の月が輝いています。火曜日の深夜から水曜日の朝まで、月はスピカの左側を通過します。スピカは、星座の最も明るい星で、等級0.95で輝いています。

木曜日と金曜日の真夜中から夜明けの間に見える月は、てんびん座の星の間で輝きます。下弦の月は日本時間の金曜日の2時37分になります。どこに住んでいても、半照らされた月は真夜中に昇り、朝中ずっと南の空に見え続けます。下弦の月の後、月のない夕方の空の週は、ディープスカイ天体を観測するのに理想的です。

土曜日に、早起き者は、南東の夜明け前の空で、さそり座の明るい星アンタレスの天体の北に4.5°ある月を見ることができます。

2月6日と7日までに、月は朝中ずっと昼間の空になります。光学系を太陽に向けないように注意して、双眼鏡や望遠鏡で日中に安全に月を見ることができます。

惑星

ほぼすべての惑星は夜明け前の東の空に集まり、太陽に近すぎて簡単に見ることができないためです。金星は4月から西の空に戻りますが、木星土星は6月まで夕方の空に戻りません。

週の半ばまで、水星は日没後の短い期間に表示されますが、雲がない空が必要です。双眼鏡で水星を探す前に、太陽が地平線の下で完全に消えたことを確認してください。

火星は、夕方に見ることができますが、望遠鏡では週を追うごとに暗くなり、小さくなっています。赤い惑星は中程度の明るさで輝き、空が暗くなるまでに途中まで上昇し、現地時間の午前1時30分頃に下がります。火星の右上に座っている牡羊座の2つの最も明るい星を探します。ハマルは等級2.0でより明るく、シェラタンは等級2.6で少し暗いです。

次の日曜日までに、暗い天王星と赤みがかった火星の間のギャップが増加します。天王星が空高くなる夕方の早い時間に天王星を見て方がいいです。望遠鏡では、天王星は周りの星に似ていますが、惑星はそれほどきらめきません。そして、天王星の光は青緑色があります。

これらは、今週の天文学的なハイライトです。澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する