月、火星、天王星が夕方の空に集まり

~3 min
The Moon, Mars, and Uranus in January

先週、オブザーバーは薄い三日月ととらえどころのない惑星水星の壮大なデュオを楽しむ機会がありました。今週、私たちを待っている魅力的な天文イベントは、夕方の空に月、火星、天王星が集まるというものです。この美しい天文トリオをいつ、どのように見るのでしょうか? 読みましょう!

月、火星、天王星の接近

月、火星、天王星の接近は、2021年1月21日、日本時間の6時49分に行われます。私たちの衛星である赤い惑星と青緑色の氷の巨人は、それぞれ-11.9、0.2、5.8の大きさで輝く牡羊座の星座に集まります。

今週、1月21日、日本時間の6時2分に半月は空を飾ります。火星は、空で最も輝く星と同じくらい明るく輝いています。赤い惑星は現地時間の19時頃に空の最高点に到達します。月の近くで輝く赤みを帯びた「星」として肉眼で簡単に見ることができます。それどころか、遠方の惑星天王星は肉眼で見ることはほとんど不可能です。天王星型惑星は火星の150倍以上暗いです。双眼鏡または望遠鏡を使用してそれを見つけます。

さらに、1月22日、日本時間の8時34分に、火星は天王星の北に1°43 'を通過します。惑星は、約次の週の間、単一の双眼視野に収まるように互いに十分近くにあります。小さな望遠鏡で簡単に見えるこの天文デュオを目撃する機会をお見逃しなく!

星空ガイドStar Walk 2を利用して、上空の月、火星、天王星を簡単に見つけることができます。今夜の月の様子を調べ、現在地から見える惑星を学び、Star Walk 2で月の満ち欠けに関する詳細情報を入手できます!

東矩の火星と天王星

次の数週間で、天王星、そして火星は、太陽の90°東にある東の直角位相に到達します。「矩」(く)という用語は、外惑星(地球よりも太陽から離れた場所にある)または月の位置に適用されます。月の場合、月相の最初4分の1と最後の4分の1が矩となります。矩では、外惑星の位置は、地球から見たときに太陽の位置と直角になります。

惑星の天体の経度または伸びが太陽のそれと180°異なるとき、外惑星は衝で最もよく見られます。矩では、地球の観測者が、表面の半分以上が照らされているのを見ることができますが、すべてではありません。

天王星は1月26日に東矩にあり、赤い惑星は約1週間後の2月1日に矩に到達します。矩の時、望遠鏡は火星を最小の位相で明らかにします。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する