1月の空で月と水星のデュオ

~3 min
The Bright Duo of the Moon and Mercury

先週、オブザーバーは水星、木星、土星が夕方の空を照らす珍しい三重合体を楽しむ機会がありました。今週は、淡くて薄い三日月と太陽に最も近い惑星である水星の美しいデュオを見られます。

月と水星の合

三日月と水星は、次の数日で空の近くで輝きます。2021年1月14日、日本時間の17:14に、1日齢の月がスピーディーな小さな惑星の南に2°19'を通過します。私たちの衛星は-8.3等級になり、水星は-0.9等級で輝きます。山羊座の星の間で踊っているのがわかります。

この壮大な天文デュオを目撃するには、晴天と遮るもののない地平線が必要です。しかし、見るのはかなり難しいでしょう。細い月の三日月ととらえどころのない惑星は、日没後の夕暮れ時に見えてきて、日が暮れる前に地平線の下で太陽を追いかけます。肉眼で両方の空のオブジェクトを見ることができます。また、1月14日にデュオを見逃しても心配しないでください。次の日にもう一度試できます。明るい月の三日月が、地平線の上に長く留まります。

三日月の照らされた側はガイドになります。このスピーディーな惑星を指しているので、水星を見つけるのに役立ちます。または、天文アプリStar Walk 2を使用して、月と水星を見つけます。拡大鏡アイコンをタップし、「月」または「水星」と入力して、対応する検索を選択します。結果、Star Walk 2はあなたに彼らの正確な位置を示します。

とらえどころのない水星を探索

最近、水星は夜空の2番目に明るい「星」です。輝かしい星のシリウスだけが小さな惑星を凌駕しています。ただし、日没の残光は、日没後に地平線の近くで輝くため、水星の観測を妨げる可能性があります。この小さな惑星を肉眼で見ることができない場合は、双眼鏡を使用すると、よりよく見えるようになります。

カナダの天文学者ChrisVaughanによると、水星は今週、特に現地時間の17:30から18:00の間に、毎晩より見やすくなります。スピーディーな惑星は、日ごとに夕日から遠ざかり、2021年1月24日に最大の東の離角に達します。次の数週間で、夕方の夕暮れに水星の好ましい出現を楽しむことができます。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する