2021年1月の水星の見方

~3 min
Mercury visible in the evening sky

1月24日、水星は東方最大離角に迎え、夕方の空で明るく輝きます。今日の記事では、このイベントについて詳しく説明し、自分の目で惑星を見つける方法を教えます。

水星が見えにくいの理由は?

水星はしばしば「とらえどころのない惑星」と呼ばれます。天文学に興味がない人でも、金星、火星、木星が空に輝いているのを偶然見つけることができますが、水星は決して見つかりません。水星は小さいですが、かなり明るいだから、肉眼で見えます。それから、なぜ見えないのでしょうか?

答えは簡単です。水星は太陽に最も近い惑星であり、ほとんどの場合、太陽のまぶしさによって隠されています。そのため、多くの人が水星を見たことがありません。しかし、特定の期間に、とらえどころのない惑星が私たちに見えるようになります。

水星はいつ見える?

水星の観測に最も適した時期は、地球から見たときに、惑星が太陽から最大の距離に達したときです。天文学者はこのイベントを「最大離角」と呼んでいます。最大離角は40〜70日ごとに発生し、天文学愛好家を喜びます。

最大離角には、東と西の2種類があります。水星が太陽の東に位置するとき、それは東方離角であり、それが太陽の西側にあるとき、それは西方離角です。水星の最大離角は、太陽の東または西で18°から28°の間です。水星の軌道はわずかに傾いており、完全に円形ではないため、数は違っています。

惑星が夕方の時間帯に最もよく観察されるので、東方離角は夕方の離角とも呼ばれます。対照的に、西方離角は朝のものと呼ばれます。

水星はどこ見える?

1月24日、日本時間の10時59分に、水星は東方(夕方)最大離角に迎えます。日没の周りの西の空で惑星を探し始めることができます。ただし、水星は地平線のかなり低い位置に下がっていて、日没後1〜2時間後に沈む場所もあるため、あまり長く待たないでください。惑星は明るい「夕方の星」のように見え、山羊座で-0.7等級で輝いています。水星は肉眼または双眼鏡で観察できます。望遠鏡を使えば、月に似た水星の位相を捉えることができるかもしれません。

とらえどころのない惑星を見つける最も簡単な方法は、Star Walk 2アプリを使用することです。拡大鏡アイコンをタップし、検索フィールドに「水星」と入力して、検索結果をタップします。次に、デバイスを空に向け、白い矢印に従って水星を見つけます。

今月は水星を見る機会をお見逃しなく!ただし、見逃した場合は、3月の西方最大離角の間に惑星を捕まえるチャンスがあります。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する