ローバー「パーサヴィアランス」が火星に向かっています

~6 min
ローバー「パーサヴィアランス」が火星に向かっています

2020年7月30日、NASAは2020年火星ミッションを打ち上げました。このミッションでは、探査車のパーサヴィアランスが惑星を研究するために火星に届けられます。この記事では、人間が火星を探索する理由、パーサヴィアランスが達成することが期待される目標、およびその前身である探査車について学びます。

ローバー(探査車)「パーサヴィアランス」

2020年7月30日、NASAの火星2020ミッションの主要な3つのコンポーネントの1つであるパーサヴィアランス(Perseverance)探査車が開始されました。NASAによると、ローバーは2021年2月18日に赤い惑星に着陸するでしょう。パーサヴィアランスは、科学者が古代の川のデルタであると考えるジェゼロクレーターのところに送られました。探査車は火星で少なくとも1火星年(約687地球日)を使います。

ミッションの科学的な目的は:

  • 過去と現在の微生物生活の兆候を探すこと;
  • 火星の気候条件を研究する;
  • 火星表面を作った地質学的プロセスを明らかにすること;
  • 生命維持のために火星の天然資源を使用するための技術をテストする(火星の大気からの酸素生産など)。

パーサヴィアランスは、目標を達成する役に立つハイテック科学機器とラジオアイソトープ電源システムを備えています。さらに、パーサヴィアランスはマイクを持っている最初のローバーです。初めて、人類は火星の音を聞けます。ローバーと一緒に、もっ一番良いルートと研究の場所を探せる「Ingenuity」のヘリコプター付いています。

Solar Walk 2のソーラーシステムの百科事典を介して、最も興味深い宇宙ミッション、探査車、衛星を知ることができます。このアプリでは、宇宙船、惑星間ステーション、衛星の高品質3Dモデル、宇宙探査の歴史の重要なイベント、天文カレンダーなどを見つけることができます 。

どうして、火星を研究しますか?

科学者によると、火星は太陽系の他の惑星よりも地球に似ています。そして、火星の環境条件は探査に最適です。 赤い惑星の研究のおかげで、火星の氷河に水分子と複数の河床が発見されました。火星の大気が破壊されたため、古代の川から水の部分は宇宙空間に蒸発し、他の部分は火星表面の下で永遠の氷に変わった可能性があります。

そして、衛星や望遠鏡で提供されたデータにより、科学者は火星の大気中のメタンの存在を検出することができました。この天然ガスは、火山活動または特定の生物によってのみ引き起こされます。 火星には活火山ないので、微生物の存在の理論が可能性があります。微生物は火星の土壌と氷河の中にあるかも知れません。薄い大気と大量の放射線による火星の表面に存在可能な条件はないからです。

これと他の要因(軸の傾き、季節の変化、鉱物の多様性など)により、火星の研究は非常に面白いものになります。パーサヴィアランスは火星に送られた最初のローバーではありません。半世紀以上にわたり、人類はこの惑星に関する信頼性な情報を得ようとしてきました。パーサヴィアランスの前身を思い出してみましょう。

マルス2号&マルス3号

マルス2号とマルス3号は、1971年5月19日と28日、打ち上げられたソビエト火星プログラムの探査車でした。マルス2号は着陸に失敗し、火星表面に衝突しました。マルス2号は火星表面が到達した人工物体の最初ものにになりました。マルス3号は、1971年12月2日、赤い惑星に着陸しましたが、着陸から20秒後に失敗しました。

ソジャーナ(Sojourner)

マーズ・パスファインダーのミッションの探査車ソジャーナは、別の惑星を探査した最初のロボット車両でした。それは1997年7月4日に火星の表面に到達しました。ローバーは3か月間惑星の大気、気候、岩と土壌を分析しました。ソジャーナは多くの画像、岩石や土壌の化学分析、火星の気候に関するデータを返しました。

スピリット&オポチュニティ(Spirit & Opportunity)

スピリットとオポチュニティは、2004年1月4日と2月13日に火星に着陸しました。NASAのマーズ・エクスプロレーション・ローバー・ミッションのロ地質学的なローバーは、大気と地質の調査のためにハイテック科学機器を持ち、太陽電池を備えていました。スピリットとオポチュニティは、過去の生命を維持する条件の可能性を発見しました。

二つのローバーも、計画された寿命よりも長く存続しました。2009年、スピリットは火星の砂に行き詰まり、地球への最後の通信は2010年3月22日でした。2018年6月12日に砂嵐により太陽光が太陽電池に到達するのを止めたから、オポチュニティは低電力モードに移行しました。ローバーは通信を停止し、ミッションは2019年2月に完了したと宣言されました。

キュリオシティ

キュリオシティは、2011年11月に打ち上げられたNASAの火星科学研究所ミッションの探査車です。2012年8月6日に火星に着陸しました。科学者は、探査車をゲールクレーターに送りました。ゲールクレーターでは土壌の最も深い層が観察でき、土壌と岩を介して火星の歴史を見せるからです。ローバーにはラジオアイソトープ電源システムが装備されています。ですから、砂嵐の影響を受けず、太陽エネルギーから独立しています。その使命の初期に、キュリオシティの科学ツールは火星の過去の居住可能な環境の化学的および鉱物的証拠を発見しました。2020年、キュリオシティはまだ惑星を探求し続けています。

Solar Walk 2でソジャーナー、スピリット、オポチュニティ、およびキュリオシティの詳細な3Dモデルを観察し、それらによって行われたすごい発見について詳しく調べることができます。

最も面白い天文学的なイベントように、ソーシャルメディアでフォローしてください。

テキストクレジット:
画像クレジット:NASA

Solar Walk 2

Solar Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する