地球近傍天体2020 SOの謎

~3 min
The Mystery of the Near-Earth Object 2020 SO

2020年12月1日、2020 SOという名前の物体が地球に最も接近します。それは小惑星か他の何かですか?今日の記事ではこの不思議な物体についての詳細と、上空でどのように見えるかを説明していきます。

2020 SOとは?

2020年9月にパンスターズ1望遠鏡は、地球に接近している未知の物体を検出しました。当初は太陽を周回する小惑星であると天文学者は想定し、それを標準的に「2020 SO」と名付けました。しかし、観測を続けるにつれ、科学者たちはこれは小惑星ではないかもしれないと思い始めました。

  • まず、物体の軌道が異常でした。ほとんどの小惑星の軌道は地球の軌道に比べて長くて傾いているのですが、2020 SOの軌道は地球のものと非常に似ていました!
  • 第二に、2020 SOは時速3,025kmで動きましたが、これは小惑星の速度としてはとても遅いものです。平均的な小惑星は時速65,000kmの速度で宇宙を駆け抜けます。
  • 最後に、天文学者たちは太陽の放射が物体の軌道にかなりの影響を及ぼしていることに気づきました。太陽から放出された光子の影響下で、2020 SOは中実の高密度の宇宙岩というよりも、中空の物体のような動きをしました。

これらの証拠を総合的に見た天文学者たちは、この神秘的な「小惑星」の正体は地球から発射された人工物体でだったと考え直しました。科学者たちは現在、2020 SOはアメリカの宇宙船サーベイヤー2号のロケットブースターであると考えています。月を探索するように設計されていましたが、1966年9月に技術的な失敗のために月の表面に墜落しました。サーベイヤー2号を宇宙に運んだアトラス・セントールのロケットは月を過ぎたあとも進み、太陽軌道に入りました。50年以上経った今になって、ロケットの上段が戻ってきたようです!

2020 SOの観測方法は?

11月8日、天体2020 SOは地球の重力によって捕らえられ、一時的に地球のミニムーンになりました。地球中心軌道では、2020年12月と2021年2月の2回に地球に接近してきます。これは2021年3月7日頃に地球のヒル球を離れます。ヒル級とは天体の重力が衛星を最も引き付ける領域という意味です。

2020年12月1日、グリニッジ標準時08:50頃、物体2020 SOは地球にかなり接近します(約50,000 km)。この距離を地球から月までの平均距離である384,000kmと比較してみましょう。しかし、月とは異なり、2020 SOは非常に小さくてかすかにしか見えない物体です。見かけの等級は最大で約14.1に達し、観測するには少なくとも150mmのレンズを備えた望遠鏡が必要です。

望遠鏡を持っていなくても、Star Walk 2アプリを使えば2020 SOの空の位置を簡単に見つけて、拡張現実で物体を観測できます。アプリを起動したら、最初に画面の左上隅にあるコンパスアイコンをタップします。Star Walk 2が現在地とタイムゾーンを検出します。次に、右上隅にあるカメラアイコンをタップして、ARモードをオンにします。次に、左下隅にある拡大鏡アイコンをタップし、2020 SOを見つけて選択し、白い矢印に従って現在地の上空での正確な位置を確認します。

観測をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する