夏の大三角

澄み切った夜空の下にいる時は、毎年7月に東の空の彼方に輝く夏の大三角の一部である、美しい青白く光る星を探してみましょう。見つけることができたら、宝石のような輝きをお楽しみください。

見晴らしの良い場所に行って東を見てみましょう。まっすぐ頭上を見ると光り輝く星、ベガがあります。夜空の中で5番目に明るい星で、夕暮れ後に姿を見せる最初の星の1つです。次は、三角形のもう2つの角を探しましょう。アルタイルはベガほど明るくなく、その右下に広げた拳3.5個分ほど(34°)に位置します。3番目の星のデネブはベガの左下で拳2.5個分ほど(24°)にあり、アルタイルよりも高い位置にあります。

4つの暗めの星がベガの真下にあり、小さな平行四辺形になっているのが見えるでしょうか?この形は、こと座を構成するハープの本体の部分を表しています。ベガはハープの首の頂点を表しています。ベガの左上の星は、ダブルダブルスターとも呼ばれるイプシロン星です。

明るい星のデネブは、はくちょう座の尾を表しています。そこから拳2個分ほど右に位置し、夏の大三角の真ん中にあるアルビレオは、はくちょうの頭を表すカラフルな二重星です。暗い場所にいる場合、天の川がはくちょう座を横切っているように見えるでしょう。まるで白鳥が天の川に泳ぎに出ようとしているような光景です!

三角形の角の最も南にあるのがアルタイルで、わし座の頭を表しています。わずか16.8光年の距離に位置するアルタイルは、最も地球に近い明るい星の1つです。また、この星は太陽より100倍速く回転しているようにも見えます。

Star Walk 2で夏の大三角の観察をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App StoreでダウンロードGoogle Playで入手する