2022年1月満月はウルフムーン!

~3 min
2022年1月満月はウルフムーン!

ウルフムーンとして知られる2022年の最初の満月の日は、1月18日です。この記事では、それを観察するのに最適な日時と、月と野生の犬のようなハンターとの関係について説明します。また、他の1月の満月の名前とその意味についても学びます。始めましょう!

ウルフムーンとは?

人々は、満月に、発生する月の特徴を表す名前を付けました。例えば、1月の寒い夜には、ヨーロッパとアメリカの両方の村でオオカミの遠吠えが聞こえたため、1月の満月は「ウルフムーン」(オオカミの月、Wolf Moon)として広く知られるようになりました。

人々は、オオカミが冬の空腹のために遠吠えすると信じていましたが、今日では、オオカミは一般的に、コミュニケーション、社会的絆の強化、狩猟の調整に声を使用していることがわかっています。

1月満月の他の名前

満月は他の文化では異なって呼ばれます。一部の人々はオオカミではなくて、月の他の特徴を強調しました。ここではいくつかの例を示します。

  • 中国人:休日の月
  • セルティック:静かな月
  • 北米人:古い月
  • チェロキー:寒い月
  • 南半球:ヘイムーン、バックムーン、サンダームーン、ミードムーン

1月満月はいつ?

1月満月の時刻は、日本標準時2022年1月18日8:48(GMT時1月17日23:48)です。この時点で、月はピークの明るさに達し、-12.35の等級で輝いています。月は夜空で最も明るい天体であり、特別な装置がなくても非常に簡単に観測できます。月の円盤は、1月17日頃から、数夜間、肉眼のために完全に点灯されるように見えます。

月面の詳細を見るには、双眼鏡を利用します。月を見るには倍率12倍の双眼鏡が最適ですが、月の円盤が完全に照らされている場合は、どのオプションでも適しています。発見の簡単なターゲットは、著名なクレーターであるティコです。月面ですばやく見つけるには、Star Walk 2アプリを使用します。そこで月を見つけて、「アトラス」タブを選択します。

次の満月はいつ?

スノームーンとして知られている次の満月は、2022年2月16日に発生します。詳細については、日付に近い記事で説明します。

2022年のすべての満月の日とその名前については、新しいインフォグラフィック(スーパームーンと皆既月食が含まれています)をご覧ください。必要に応じて、ソーシャルメディアでインフォグラフィックを共有してください。

2022年には満月がいくつ?

今年のすべての満月と言えば、毎月1つずつ、合計12の満月があります。ある年には、1暦年で13の満月を楽しむことができます。それが最後に起こったのは2020年でした。

1つの月の周期(8つの月の満ち欠け)には約29.5日かかり、12回の完全な周期で合計354日かかります。これは、1暦年の365日または366日よりもやや短いため、およそ2〜3年ごとに、13番目の満月があります。

これで、2022年の最初の満月をいつ見るか、そしてそれがオオカミと何の関係があるかがわかります。ご不明な点がございましたら、SNSでお気軽にお問い合わせください。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot