火星が見頃、火星が衝(12月8日)

~6 min
Mars at opposition 2022

12月の初めに、火星が太陽と衝となり、火星の年間最高の眺めを提供します。この天体イベントが絶対に必見である理由を説明します。

内容

2022年の火星衝

12月の初めに、火星が太陽と衝となります。衝のごろは火星の観測ために一番良いです。理由を説明します。

観察者にとって、これは何を意味しますか?絶対に空に火星を見に行くべきだということです!いくつかの理由があります。

  • 火星は、太陽に完全に照らされ、その年の最も明るく輝いて見られます。-1.9等級で、火星は空のすべての星よりも明るいでしょう!
  • 衝の頃、赤い惑星はほぼ最大のサイズで表示されます。角度サイズは17インチに等しくなり、5月の火星の見かけのサイズのほぼ3倍になります。これは、つい最近の12月1日に、火星が地球に最接近しためです。この写真をチェックして、火星の見かけのサイズが月ごとにどのように変化するかを確認してください。
  • 今年、衝は今後10年間で最も近い近地点のごろで発生します。火星は地球から0.54天文単位(または8000万 km)になります。
  • 観測のための十分な時間があります。火星は日没時に昇り、真夜中頃に最高点に達し、残りの夜は見え続けます。
  • 衝の夜には、北米、西ヨーロッパ、北西アフリカからの観測者も、月による火星の掩蔽を見る機会があります。掩蔽の瞬間に、赤い惑星は満月の円盤の後ろに消えます。素晴らしい光景でしょう!
  • 火星の衝は、2年ごとに起こるまれなイベントです。お見逃しございませんよう!

衝を待たずに、今すぐ火星の観測を開始できます。惑星はすでに空で大きく明るくなり、12月8日まで明るくなり続けるでしょう。インフォグラフィックをチェックして、面白いグラフィック形式での火星衝の詳細を確認してください。

火星を見るのは楽しいですか?それから、2022年12月の衝で火星を見ます。今年の12月は2033年まで赤い惑星を観察するのに最適な時期である理由をご説明します。
インフォグラフィックを見る

火星の見方

火星は、特に衝の瞬間に、他の天体を見つけて区別するのが非常に簡単です。それは、おうし座の「角」の1つを構成する星の間に、おうし座の明るい赤い点として表示されます。火星は、日没時に北東の地平線から昇り、真夜中までに南東の空の最高点に到達します。

2022年の火星衝は、北半球の観測者にとって特によく見えます。そこでは、火星が空のはるかに高い位置に配置されるからです。火星は肉眼でも簡単に見ることができますが、双眼鏡や望遠鏡を使って観察することもできます。今年は、火星が地球に対して傾いているため、中型または大型の望遠鏡で両方の極域が見えるようになります。ただし、両方の極冠は見えません。北極冠は厚い雲の層に覆われていますが、南極冠は夏のシーズン中に大幅に縮小しています。

空で火星を見つける最も簡単な方法は、星空観測アプリを使用することです**。例えば、Star Walk 2Sky Tonight などです。

Sky Tonightで火星の見つけ方

まず、iOSまたはAndroidデバイスにSky Tonightをダウンロードします。

検索を使用

  • 画面の下部の拡大鏡アイコンをタップします。
  • 「トレンド」のセクションで、「火星 衝」というイベントを見つけます。
  • 青いターゲットのアイコンをタップすると、空に衝の瞬間の火星の位置が表示されます。
  • 同じ「トレンド」のセクションで、火星の横にある青いターゲットのアイコンをタップして、火星が現在どこにあるかを知ることができます。

カレンダーを使用

  • 画面の下部のカレンダーアイコンをタップし、「天文イベント」タブで12月8日を選択します。
  • カレンダーの下にあるイベントのリストを下にスクロールして、火星衝というイベントを見つけます。
  • 青いターゲットのアイコンをタップすると、衝の瞬間の空の火星の位置が表示されます。

Star Walk 2で火星の見つけ方

まず、iOSまたはAndroidデバイスにStar Walk 2をダウンロードします。

検索を使用

  • 画面の左下隅にある拡大鏡アイコンをタップします。
  • 検索フィールドに「火星」と入力し、対応する検索結果をタップします。
  • アプリは、空の火星の現在位置を表示します。

カレンダーを使用

  • 画面の右下隅にあるメニューのアイコンをタップします。
  • 天文カレンダーを開きます。
  • 12月8日の火星衝というイベントを見つけて、タップします。
  • アプリは、衝の瞬間に空の火星の位置を示します。

2022年12月8日、満月と火星が接近

火星衝の夜には、別の天体イベント、月と火星の合を見ることができます。満月は、おうし座で赤い惑星から0°32'を通過します。

北アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカからの観測者は、同じ夜に月による火星の掩蔽を見るチャンスがあるため、特に幸運です。掩蔽の時、月は火星の前を通過し、火星を完全に覆います!

次の火星衝はいつ?

次の火星衝は、2025年1月16日に起こります。2025年の衝は今年の対立よりも壮観ではありません。2025年に赤い惑星は地球から遠く離れているため、空では少し暗く(等級-1.4)、小さく(角度サイズが14.6インチ)表示されます。2022年の火星衝を見逃すわけにはいきません!

結論:2022年12月8日に、火星が衝になります。この時点で、火星は1年間で最大かつ最も明るくなります。火星の次の衝は2025年にのみ起こります。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot