2022年の旧正月:旧暦、動物、​​日付

~4 min
2022年の旧正月:旧暦、動物、​​日付

中国で最も大切な祭りである春節が間近に迫っています。この記事では、このお祭りについて知っておく全て必要なことを説明します。最後まで読んだら、特別オファーを見つけます。

内容

2022年の旧正月はいつ?

2022年、旧正月(中国では春節と呼ばれる)は2月1日になります。通常、このお祭りは冬至に続く2番目の新月に祝われますが、今年も例外ではありません。

2022年の旧正月の動物は?

中国で、十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種で、暦や方角などを表すのに使われてきます。中国の十二支によると、2022年の干支は寅年で、動物「虎」に当てはめます。今年生まれた人々は、虎のように、勇敢、自信、競争力になると信じられています

旧正月はいつ?

毎年、旧正月は異なる日付に分類されますが、常に1月21日から2月20日の新月に発生します。

お祭りの日付が年ごとに変わるのはなぜですか?西欧諸国では、太陽暦(グレゴリオ暦)が伝統的な祝日を示すために使用されますが、中国の人々は独自の太陰太陽暦を使用し、時折余分な月があります。

中国暦の働き方は?

伝統的な中国暦はしばしば旧暦と呼ばれますが、実際には旧暦と太陽暦のハイブリッドです。これは、地球の周りの月の軌道と太陽の周りの地球の軌道の両方を考慮に入れていることを意味します。

中国暦では、朔望月が使用されます。これは、月が太陽に対して一度地球の周りを回転するのにかかる期間です。朔望月は新月から次の新月まで続き、29.53日に相当します。この数値に12か月を掛けると、年間354日になります。これは、地球が太陽の周りを回るのにかかる日数よりも11日少ない時間です。

中国人は、この矛盾を修正し、カレンダーを太陽の周りの地球の動きと同期させたいと考えていました。したがって、3年に1回、13ヶ月目が中国の暦に追加されます。この「うるう月」が、旧正月がグレゴリオ暦で毎年異なる日付になる理由です。

2022年の旧正月の期間

2022年、中国の旧正月のお祝いは16日間続きます。1月31日の祭竈から始まり、満月(西洋文化では「スノームーン」と呼ばれる)の直前、2月15日の元宵節で終わります。インフォグラフィックから伝統的な満月の名前につ満月(西洋文化では「スノームーン」と呼ばれる)の直前ですいてもっと学ぶことができます。旧正月は2週間以上祝われますが、最初の7日間(1月31日から2月6日まで)のみが祝日と見なされます。

2022年に次の満月はいつですか?日付と時刻、名前、スーパームーンなどを含む2022年の満月カレンダーからわかります。
インフォグラフィックを見る

中国の旧正月の2022〜2023年の日付

これは、次の12年周期の旧正月の日付が記載されたカレンダー(次の寅の年まで)です。括弧内は、毎年の干支です。

  • 2022年:2月1日(寅)
  • 2023年:1月22日(卯)
  • 2024年:2月10日(辰)
  • 2025年:1月29日(巳)
  • 2026年:2月17日(午)
  • 2027年:2月6日(未)
  • 2028年:1月26日(申)
  • 2029年:2月13日(酉)
  • 2030年:2月3日(戌)
  • 2031年:1月23日(亥)
  • 2032年:2月11日(子)
  • 2033年:1月31日(丑)

旧正月セール!

お祝いに参加して、特別なオファーを発表したいと思います。1月31日から2月6日まで、星空アプリSky Tonightに最大70%オフで生涯アクセスできます! 間もなく、ユーザーはサブスクリプションを介してのみアプリへのプレミアムアクセスを取得できるようになるから、チャンスを逃さないでください!もちろん、Sky Tonightへの生涯アクセスを購入した場合、アプリがサブスクリプションモデルに切り替わったときにそれを失うことはありません。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot