火星への3つのミッションが2月に到着する予定です!

~5 min
Three Missions to Mars

2021年は、火星の探査における新たな発見の年になる可能性があります。アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「Hope」、中国の天問1号、NASAの火星探査機車のパーサヴィアランスの3つの宇宙船が火星に向かっています。それらのすべては今月惑星に到達することが期待されています。今日の記事では、現在の火星ミッション、その特徴と目的について詳しく説明します。

火星を探索する理由と、火星ミッションの歴史について詳しくは、記事をご覧できます。

アラブ首長国連邦の火星探査機「ホープ(Hope)」

アラブ首長国連邦の最初の惑星間ミッションである「ホープ」として知られる無人探査機は、2020年7月19日、火星への遠征の打ち上げウィンドウ中に日本の種子島宇宙センターから打ち上げられました。このような打ち上げウィンドウは、約26か月ごとに発生します。これらの期間中、赤い惑星と地球は太陽の同じ側にあり、通常よりも接近しているため、火星へのより効率的な旅行が可能になります。中国国家航天局(CNSA)とNASAも、2020年7月の火星打ち上げウィンドウを利用しました。

UAE宇宙機関によると、火星探査機の「ホープ」ミッションは、火星の大気の全体像を最初に提供するように設計されています。ホープのミッションの科学的目標は、気候のダイナミクスと世界の天気図、火星の大気中の水素と酸素の構造と変動性、およびこれらのガスの宇宙への流出に対する気象変化の影響を研究することです。

ホープのミッションは、今月火星に到着する3つのミッションの最初のものになります。火星探査機は、日本時間の2月10日12時30分頃に火星の周りを周回します。軌道投入から約75日後、UAEの火星ミッションの科学フェーズが始まります。ホープは赤い惑星を周回し、少なくとも火星の1年間、つまり地球上で687日に相当するデータを収集します。

天問1号、中国の火星探査車とオービターのミッション

天問1号は、火星への中国の最初のミッションです。2020年7月23日に中国海南島の文昌衛星打ち上げセンターから打ち上げられました。「天問1号」という名前は、古代中国の最も偉大な詩人の1人である屈原の詩に由来し、「天への問いかけ」を意味します。ミッションは、オービターと探査車で構成されています。

中国の火星ミッションの主な目標は、オービターの助けを借りて惑星を調査し、詳細な調査のために探査車を特定の場所に送ることです。天問1号は、火星の過去と現在の生命の証拠を探し、火星の表面をマッピングし、赤い惑星の大気、土壌、水氷の分布を研究します。

天問1号探査機は、2月10日に火星の軌道に入る予定です。しかし、5月まで着陸しません。数か月間、オービターは、火星の最大の衝突盆地であるユートピア平原の潜在的な着陸地点を注意深く調査します。火星へのこのミッションにはどれくらい時間がかかりますか?92地球日(または90火星日のゾル)ぐらいです。ミッションは8月末頃に完了する予定です。

火星探査機車のパーサヴィアランス

NASAのマーズ2020は、昨年7月に打ち上げられた火星への3番目のミッションでした。最新の火星探査機車のパーサヴィアランスは、フロリダのケープカナベラル空軍基地から2020年7月30日に離陸しました。探査車には、最良の運転ルートを研究および計画する場所を検索するヘリコプターが伴います。

NASAによると、火星探査車は過去と現在の微生物の生命の兆候を探し、赤い惑星の地質学的プロセスと気候条件を研究します。さらに、火星の天然資源を生命維持に利用するための技術をテストします。パーサヴィアランスは、科学的目標の達成に役立つ最先端の科学機器と放射性同位元素電源システムを搭載しています。また、マイクを搭載します!人類は、火星の表面の音をすぐに初めて聞く可能性があります。

パーサヴィアランスは2月18日に火星に着陸する予定です。科学者たちは火星探査車を古代の川の三角州であると考えられているジェゼロクレーター地域に送りました。パーサヴィアランスは、惑星の表面で少なくとも1火星年間を過ごすでしょう。

これは、火星への3つのミッションのレビューでした。2021年に多くの新しい発見がもたらされ、それらを皆さんと共有できることを嬉しく思います。ソーシャルメディアでフォローして、注目に値する宇宙関連のイベントを見逃さないでください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する