今日の空:惑星と冴えないNEOWISE彗星

~5 min
今日の空:惑星と冴えないNEOWISE彗星

7月の最終週は、最新の天文アップデートから始めましょう。読み続けると、今夜の天文学イベントや夜空に見える惑星について学ぶことができます。もちろん、有名なNEOWISE彗星を見逃すことはありません

水星が下がっている

明るい彗星は、先週、西方最大離角にありましたが、今後から太陽に近づくと、少しずつしたがっています。Chris Vaughanによると、惑星は午前5時から5時30分頃(地方時)の東北東の空の非常に低い位置にある可能性があります。

金星は 赤色超巨星に会う

7月中、早起きる人たちは非常に明るい金星に驚かれています。眩しい惑星は今週午前3時頃(地方時)に上り、日の出まで見え続けます。7月31日金曜日、金星は赤色超巨星(巨大な赤く輝くおうし座CE星)に会い、空が明るくなり始めるまで、二つものが双眼鏡で見ることができます。

天王星を見つける方法

天王星は暗い空に肉眼で見え、今週の真夜中の直後に上昇しています。氷の巨大惑星は5.8等星で南おひつじ座にあります。

火星探査ミッション

火星は、この夏、地球から見る人に大きく明るくなります。今年、火星は科学的研究の主な関心事の1つです。

  • 7月19日、アラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」を日本で打ち上げられました。
  • 7月23日、中国はオービターと火星探査機「Tianwen-1」を打ち上げました。
  • 7月30日、NASAはローバー(探査車)「Perseverance」火星に打ち上げる予定があります

夜明け前の海王星

海王星は、火星の西側に、東のみずがめ座にあります。惑星は午後10時30分頃(地方時)に上昇し、夜明け直前まで上がります。しかし、プロの望遠鏡なしでは海王星を見つけるのは難しいことを覚えておいてください。

土星と木星が7月に眩しい

今週の夕方に見やすい惑星は土星と木星です! 薄暗い黄色の土星が明るく白い木星を夜空に追いかけています。先週、地球は土星と太陽の間を通過し、2020年の間に、私たちを巨大惑星に最も近くに載せました。それでも、今まで、普通の望遠鏡では壮観な光景が見えます。

小さい望遠鏡でさえ、土星の環といくつかの明るい衛星、特にその最大の衛星であるタイタンを表示します。今週の夕方に、タイタンは土星の周りを反時計回りに移動し、夜夜、土星の右上から左下に移動します。

木星は夕暮れ時に東の空に明るく輝いています。良い双眼鏡は、惑星の周りを踊る木星の4つの大きなガリレオ衛星を見せることができます。普通の望遠鏡で、木星の有名な大赤斑が表示されます。木星の10時間のローテーションのおかげで、大赤斑は2番目か3番目の夜に見えます。

そんなに明るくないNEOWISE彗星

C/2020 F3は数週間のすごく美しいイベントでしたが、現在、NEOWISE彗星は地球を通過して、太陽系から出かけます。彗星は約6000年で戻る可能性があります。彗星の地球と太陽からの距離の増加により、NEOWISEは時間の経過とともに明るさを弱めています。双眼鏡と望遠鏡でさらに数週間表示され、8月中旬頃には望遠鏡だけで見えるになります。

今週、NEOWISE彗星は、暗い空だけに見える測可能になります。その後、地球が回転するにつれ、それは数時間の間、ますます低く運ばれます。彗星は、北斗七星の端にあるベネトナシュ星と、非常に明るいアークトゥルス星との間の空にあります。Star Walk 2を使用すると、彗星の正確な位置と詳細情報を見つけることができます。NEOWISE」を検索し、天空図の下部にある彗星の名前をタップしてから、「図」セクションをタップして、上昇時間と設定時間、地球からの距離などを確認します。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する