7月の最も明るい惑星:見方と期待すること

~3 min
7月の最も明るい惑星:見方と期待すること

2020年7月には、一連の壮大な天文イベントがスターゲイザーに夢中になります。 夜と夜明けの空の壮大な光景を味わうチャンスをどうぞ! 7月の半ばに天文学的な驚きを待っていることと、それらをどのように見るかを知るために読んでください。

夜の女王は女王の惑星に会います

とまばゆい金星 は、2020年7月16、17、18日の空の東部に並んで輝きます。月と金星は、太陽に次いで2番目と3番目明るい天体ですから、スターゲイザーが裸眼視力で見つけられます。16日から18日まで金星も日の出後に見られるかもしれません。

26日経過したは、2020年7月17日金曜日午後4時27分(JST)に金星に会います。月の等級は-10.3、「モーニングスター」の等級は-4.5です。 二つ惑星はおうし座に接近します。

天体のアプリStar Walk 2を利用して、天体の上昇時間と設定時間、および天空での天体の位置を確認してください。

木星、火星、土星が夜明けの空に輝きます

最近空で明るく輝く他の3つの惑星は、木星、火星、土星です。 太陽の周りを周回する2番目に明るい惑星の木星は、西の低くに夕暮れから夜明けまで空を照らします。 2020年7月14日に衝を通過した木星はまだ非常に明るいです。木星よりそんなに明るくなくて太陽系の最大の惑星土星は、明け方の空でその隣に輝いています。

土星が2020年7月20日に衝に到達します。衝(しょう)の時に、惑星は地球にもっと近くにあるから、それは惑星が見つけるの一番良いチャンスになります。

太陽系の2番目に小さい惑星である火星は、金星と木星の間にギラギラと輝いています。 赤い惑星は、月末までに-1.1になるです。 火星は2年間の軌道で太陽に最も近い点に向かって移動しています。 火星はこの点に2020年8月3日に到達します。太陽に最も近い点に火星は太陽から約30%多い光と熱を受け取りから、7月と8月にそんなに明るくなります。

空に木星、火星、土星がどこにあるかがわかるために、場所に最適な表示時間を決定するには、スターゲイザーガイドStar Walk 2を使用します。

月が水星を訪れる

薄い月の三日月は、2020年7月19日土曜日、午後12時54分(JST)にふたご座で太陽系の最も最小の惑星である水星に出会います。 月は-8.8等級で、水星は0.7等級です。 水星の輝きは月のまぶしさよりもはるかに暗いため、夜明けの光の中で惑星を見つけるために双眼鏡が必要です。

最も壮観な天文イベントを見逃さないために、ニュースに従ってください。

ハッピ星を見つめる時間!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する