13日ー14日7月、木星が「衝」

~3 min
13日ー14日7月、木星が「衝」

「衝」(しょう)とは何ですか?

普通、太陽系で惑星は内惑星と外惑星の2つのグループに分けられる。 古典的な天文学の理論によれば、内部惑星は金星と水星。 それらの軌道は地球の軌道の内部を通過するため、それらは内部惑星と呼ばれる。 しかし、外惑星(火星、木星、土星、天王星、海王星)は、太陽から遠く離れた、空の反対側の部分に現れることがある。つまり、惑星の黄経は太陽の黄経と180度で違う。外惑星は逆行(ぎゃっこう)の半道に衝となる。衝とは、太陽系の天体が、地球から見て太陽とちょうど反対側になる瞬間のこと。

衝の時に惑星はいつもより地球に近くである。だから、惑星は私たちの空で明るく、大きく見える。衝の頃、太陽系の外惑星を観察する最良の機会を得る。

木星がいつ見えるか?

木星が太陽系には一番大きい惑星ですから、普通、良く見える惑星。夜空の他の星より最も明るく光る。木星は2020年の衝の頃、射手座の前、土星のとなりに輝いてる。土星を木星と間違える方法がない。まばゆい木星がこの1等星を14回も超えているため。太陽と月を除いて、木星より最も明るいのは金星だけ。

木星は14日7月2020年、午後4時に衝になる。15月7月2020年午後7時、地球に一番近くなる。自分の場所のこのユニークで美しい現象の目撃者になるには、Star Walk 2アプリを使用できる。 宇宙を旅する木星を詳しく見ることができる。

木星の衝は普通か?

木星はおよそ13か月ごとに反対する。 これは、地球が木星に比べて太陽の周りを1回移動するのにかかる時間。その結果、木星は毎年1か月後に到着する。 去年の2019年、反対の日付は6月10日だった。今年の反対を逃しても心配はない。 13か月後、2021年には8月19日に、木星の衝が再び起こる。

冥王星は木星とともに衝に到達する

冥王星はちょうど7月中旬頃、7月15日に衝になる。ほとんど、一緒に野党でこれら2つの惑星を目撃することは普通では無い! ただし、実際に空に冥王星を見るには、直径8インチ以上の鏡が付いた望遠鏡が必要。または、簡単な方法として、Star Walk 2を利用して、いつでもお楽しみいただけます。 述べたように、逆行性の途中で、我々が衝と呼ぶものが起こる。 ですが、冥王星は木星よりも太陽から遠いが、冥王星の逆行は、木星の4ヶ月の逆行よりも約6週間長く続く。 簡単に、年月日を比べる。2020年5月14日に木星の逆行が始まって、2020年9月13日に終わる。衝日は2020年7月14日。冥王星の衝日は2020年7月15日ですが、4月25日に逆行が始まる。 2020年、2020年10月4日に終わる。

Social Mediaでフォローして、さらに興味深い更新やニュースを入手してください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する