夕暮れから夜明けまでの月と火星(およびそれ以上)

~3 min
夕暮れから夜明けまでの月と火星(およびそれ以上)

月と火星の接近を見る方法は?

まず、月を見つける必要がある。それができた?後で、近くの輝く「モーニングスター」を探してください。7月11日と12日に火星はその「モーニングスター」になる。赤い惑星は、7月11日に半月が減少し、接近する(7月10日から11日の夜)。 月と火星は一緒に立ち上がり、午後2時15分になるまで一緒に過ごす。自分でこの現象を見るために、Star Walk 2のアプリは一番便利。Star Walk 2を介して、惑星の場所と見える時間がわかることができる。

7月の火星

一般に、火星は7月を費やして、Cetus-Pisces座に沿って急速に東向きに動いてる。火星は7月を赤みがかったマグニチュード-0.5の斑点として開始し、東部の午前8時30分の直前に上昇する。月末までに、火星は-1.1まで明るくなり、午後11時30分に上昇する。地球と火星の間の距離が同じ期間に減少するにつれて、赤い惑星の望遠鏡ビューは、11.48秒から14.6秒に成長する85%の照らされたディスクを示する。 7月11日から12日には、月の満ち欠けが火星を通り過ぎ、中東の経度の観測者は月が火星の南3度未満を通過するのを見ることができる。

この現象のおかげで、火星は7月末まで明け方の空で観測できる。しかし、7月は皆んなさんのためにもっとサプライズがある。

2020年7月、他に何が空に見えるか?

夜明け前の最初には、火星よりもさらに明るく輝く2つの惑星が見える。東部で最も明るい惑星である金星と、南西で2番目に明るい惑星である木星です。金星と木星は太陽と月に次いで3番目と4番目に明るい天体と見なされる。しかし、火星は空で日ごとに明るくなり、4番目に明るい天体として木星に取って代わる。ですが、現在、木星は栄光の瞬間を楽しんでいる。惑星はその年で最も明るい状態で輝いているから。

月は、黄道帯の前を東向きに、1日あたり約13度の速度で移動する。東の方向を調べるために、明け方の空にある月を見てください。衰退する月の照らされた側は常に東を指する(日の出の方向)。ですから、月が干支の火星セクションを離れると、約1週間で金星がこの惑星に出会うことになる。

Instagram、Facebook、またはTwitterでニュースをフォローしてください。天文学の世界で最も面白いイベントを提供する!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する